『十三の眼』


片岡千恵蔵主演により、大映、東映で製作された映画『多羅尾伴内』シリーズの内、第1作『七つの顔』、第2作『十三の眼』、第3作『二十一の指紋』などのストーリーを元に、高城丈二主演でテレビシリーズ化した作品。オリジナルの脚本を担当した比佐芳武は原作となっている。高
5キロバイト (273 語) - 2016年3月7日 (月) 07:12



(出典 upload.wikimedia.org)


時代劇の大御所、片岡千恵蔵の探偵物「七つの顔の」の続編。クライマックスで決めセリフと共に変装を解き、スーツ姿に変身するシーンが最大の見せ場で、後の天知茂主演のTV「明智小五郎」シリーズでも使われるほどヒットを飛ばした。