『マックス・ランデール』


、映画監督、脚本家、映画プロデューサーである。チャールズ・チャップリン登場前のサイレント映画初期の喜劇王である。日本では、マックス・ランデ、マックスランデール等とも表記された。 1883年(明治16年)12月16日、ジロンド県サン=ルーベに生まれる。 1905年(明治38年)、パテ・フレール(
10キロバイト (936 語) - 2017年9月16日 (土) 02:24



(出典 moviechronicle.c.blog.so-net.ne.jp)


脚本・監督も手掛けたフランスのコメディー俳優。スペイン・オーストリア・ロシアで映画を製作、ヨーロッパでも広く活躍。アメリカでもランデ―ルプロを設立。幅広く活躍するスターだっただけに、早世が惜しまれます。「マックスの爪医者」「マックスと姑」等。