『リチャード・ウィドマーク』についてTwitterの反応


リチャードウィドマーク(Richard Widmark、1914年12月26日 - 2008年3月24日)は、アメリカ合衆国の映画俳優。 1914年12月26日、ミネソタ州に生まれる。父親はスウェーデン系、母親はイングランドおよびスコットランド系。レイク・フォレスト大学で法律を学ぶ傍ら、演劇に
13キロバイト (645 語) - 2018年3月22日 (木) 03:28



(出典 imgc.allpostersimages.com)



高寺 彰彦 akihiko takadera
@Ace_Number1

って云うか忘れてたw『アラモ』でジム・ボウイを演じたリチャード・ウィドマークのこの銃は、カッコ良いよね! #銃を構えるかっこいい男性が出る映画

(出典 高寺 彰彦 akihiko takadera on Twitter)

2018-06-10 13:10:37

(出典 @Ace_Number1)

かべっち
@shijuroh98

" GIF画像で 映画を " ~ 再びの フィルム・ノワール 篇 ~ #4「*接吻」(47)監督=ヘンリー・ハサウェイ観客を震撼させた リチャード・ウィドマークの この凶悪

(出典 )

2018-06-07 19:24:26

(出典 @shijuroh98)

ロトの光
@Ncm3E4a9SljlQlC

#気儘気楽に映画紹介『六番目の男』(1955)ジョン・スタージェス監督の少し風変わりな西部劇🔫リチャード・ウィドマークというと、爬虫類の様な不気味な悪党という印象が私の中では強いのですが、本作のような苦悩しケリをつける… https://t.co/G2AsEcMzqW

2018-06-02 21:29:04

(出典 @Ncm3E4a9SljlQlC)