『カルメン・ミランダ』


カルメンミランダ(GCIH (ポルトガル語版)、Carmen Miranda、1909年2月9日 - 1955年8月5日)は、ポルトガル生まれのブラジル人サンバ歌手、ダンサー、ブロードウェイ女優、映画スターであり、1940年代、1950年代に人気を博した。
38キロバイト (4,798 語) - 2018年2月1日 (木) 14:18



(出典 i.pinimg.com)


ナイトクラブで歌いレコード歌手から、ブロードウェイに進出。歯切れのいい歌と派手な踊りで大成功を収めた。ミュージカルスターのベティ・グレイブルと共演で映画デビュー。「そこのけ珍道中」「スィングの女王」等。独特な衣装と、フルーツをあしらった帽子が特徴の女優さんでした。