『ルートヴィヒ~神々の黄昏』


『ルートヴィヒ』(ドイツ語: Ludwig)は、1972年公開のイタリア・フランス・西ドイツ合作映画である。監督はルキノ・ヴィスコンティ。カラー、シネスコ。最初に日本公開された際の邦題は『ルードウィヒ/神々の黄昏』で上映時間184分。後に237分の復元版も製作された。 『地獄に堕ちた勇者ども』『
9キロバイト (782 語) - 2018年2月9日 (金) 07:33



(出典 www.k-scalaza.com)


ヴィスコンティに「最も美しい俳優」と重用されたヘルムート・バーガーが美貌の国王を気品ある演技で好演。彼が敬愛したオーストリア皇妃エリザベートをロミーシュナイダーが美しく演じました。個人的に、ヴィスコンティ映画で1番好きな映画です。

山田あーる
@R_gurei47

ゲッテルデメルングって神々の黄昏って意味らしいからワーグナー実装なんじゃないかって(サリエリきたからその流れで)思うしそしたらルートヴィヒ2世とかニーチェとかヒトラーとかもゴロゴロ実装されるかもしれないと思うとやっぱりワーグナー実装するべきだよfgo公式

2018-07-09 22:04:59

(出典 @R_gurei47)