『クリスチャン・マルカン』


クリスチャンマルカン(Christian Marquand、1927年3月15日 - 2000年11月27日)は、フランスの俳優、映画監督である。 マルセイユ生まれ。父はアラブ人、母はスペイン人。17歳の頃、俳優を志しパリへ出てヴィユ・コロンビエ座で演技を学ぶ。その後、ジャン・コクトーの知
3キロバイト (242 語) - 2018年6月18日 (月) 02:26



(出典 pbs.twimg.com)


舞台で演技を学んでいる時に、ジャン・コクトーと知り合い「美女と野獣」に端役でデビュー。フランス映画界のユニークな存在として、主役級の役もこなすようになり、「太陽は傷だらけ」では監督業にも進出。「ボルジア家の毒薬」「素直な悪女」「エンテべの勝利」等

リリアンギッシュ
@tremollo

ボリス・ヴィアンの「日々の泡」は読んだことが。斬新で奇妙な表現に驚いた。こういう本は原書で読めたら幸せなのに。「墓に唾をかけろ」というヴィアン原作の映画がずっと気になっているが、どこかで放送しないかな(無理か)。主演のアントネラ・… https://t.co/QyjjMR3mNp

2018-10-02 22:15:09

(出典 @tremollo)