『エバレット・G・マーシャル』


EGマーシャル(E. G. Marshall、1914年6月18日 - 1998年8月24日)は、アメリカ合衆国の俳優。 シドニー・ルメット監督の『十二人の怒れる男』(1957年)やウディ・アレン監督『インテリア』(1978年)をはじめとする数々の映画の名脇役として知られる他、日本でも放送され
11キロバイト (424 語) - 2018年8月30日 (木) 04:51



(出典 media2.nekropole.info)


ヘンリー・フォンダ主演の「十二人の怒れる男」で、唯一冷静沈着な男を好演。政治家志望だったこともあり、正義感の強い役柄が多い。映画よりテレビでの活躍が多い。「弁護士プレストン」は2度のエミー賞受賞。他、CIA長官・トールマン大統領等、渋い政治家役を好演した。「ケイン号の氾濫」「ニクソン」「目撃」等。