『アンリ・ヴィダル』




(出典:)


特筆以外はすべて監督作である。 『太陽と砂漠』 Le Paradis des pilotes perdus : 監督ジョルジュ・ランパン、主演アンリヴィダル、1949年 - 出演 『オルフェ』 Orphée : 監督ジャン・コクトー、主演ジャン・マレー、1950年 - 出演 I vinti :
9キロバイト (704 語) - 2017年9月16日 (土) 02:24



(出典 auctions.c.yimg.jp)


(1919~59)17歳から舞台に立ち、41年ジョルジュ・ラコンプ監督の「セーヌにのぞんだモンマルトル」で映画デビュー。ベルトミュー監督の「泣きぬれた天使」で初主役。代表作は、ルネ・クレマン監督の「海の牙」。主役級で活躍するも若くして急逝が惜しまれます。「「侵略者」「ナポレオン」「気分を出してもう1度」等。