『ベティ・カンプスン』



(出典 livedoor.blogimg.jp)


(1897~1974)ボードビル舞台からスカウトされ、喜劇映画に溌剌とした美しさを表現。サイレント末の大作「ミラクルマン」に出演以来、20年代を代表するパラマウントのスター。トーキー後も助演・脇役で長く活躍した。「駅馬車(25)」「煩悩」「紐育の波止場」等。