『アンジェラ・ランズベリーとシャルル・ボワイエ「ガス燈』




(出典:)



(出典 livedoor.blogimg.jp)


当時19歳の若きアンジェラが、ちょっと生意気で奥様(イングリット・バーグマン)をバカにしてるメイドを好演。




女性の名言
@elise_goodw

男に裏切られたとき、フランス女なら、男を奪った女を*。イタリア女なら、騙した情夫を*。イギリス女なら、ただ関係を絶っておしまい。ただし、どの国の女にせよ、結局は別の男を見つけて、わが身を慰めることになる。シャルル・ボワイエ

2019-09-08 23:28:22

(出典 @elise_goodw)

英語ゼミ
@witticism2212

男に裏切られたとき、フランス女なら、男を奪った女を*。イタリア女なら、騙した情夫を*。イギリス女なら、ただ関係を絶っておしまい。ただし、どの国の女にせよ、結局は別の男を見つけて、わが身を慰めることになる。( シャルル・ボワイエ

2019-09-06 12:23:59

(出典 @witticism2212)

JAWPに記事が出来て怒るウィキペたん
@notwiki_bot2

『リリオム』(Liliom)…ハンガリーの劇作家モルナール・フェレンツの戯曲。ブダペストのならず者で女性に愛情を抱くリリオムが主人公。川端康成はこれに影響を受け『星を盗んだ父』を著した。1934年にはフリッツ・ラングによって映画化され、シャルル・ボワイエの主演でも有名になった。

2019-09-04 18:54:08

(出典 @notwiki_bot2)

女性の名言
@elise_goodw

男に裏切られたとき、フランス女なら、男を奪った女を*。イタリア女なら、騙した情夫を*。イギリス女なら、ただ関係を絶っておしまい。ただし、どの国の女にせよ、結局は別の男を見つけて、わが身を慰めることになる。シャルル・ボワイエ

2019-09-04 13:28:21

(出典 @elise_goodw)

東京堂書店@神保町
@books_tokyodo

三才ブックス刊「戦後のあだ花カストリ雑誌」入荷致しました!1階入り口付近他にて大展開中です!!とそれはさておき余談なのですが、この表紙の男性がどうしてもシャルル・ボワイエ(「ガス燈」「歴史は夜作られる」)に見えてしまうのですよね。… https://t.co/TftVJGUkPC

2019-09-03 18:15:08

(出典 @books_tokyodo)