<関連する記事>



<ツイッターの反応>


Gon1号
@Gontaro100

『五十年後のアルバート・アイラー』を片手に、アイラーのアルバムを色々聴いてると1番とがってるのがspiritual unityではないかと思う。 もし、違うのであれば気軽に教えて下さい!ジャズに関しては初心者なので

(出典 @Gontaro100)

BATHING RECORDS
@Bathing_Records

そして本日もCDを色々追加‼︎ロックやソウルの良いところ、更にはDVDやアルバート・アイラーのBOX等も出してます‼︎是非に‼︎ 本日も20時までお待ちしておりマスターズ・オブ・ウォー‼︎ pic.twitter.com/FhNxucXRHq

(出典 @Bathing_Records)

Chin-gσ川゚Д川m
@halfromhell

このアルバート・アイラーのライヴ音源、ドラムのサニー・マレイによる初期のブラスト・ビートが聴けると有名なんですが、それ以外にも聴きどころありすぎて卒倒しそうになりますよ。途中のバイオリン・ソロなんてこれ、プログレ・ファンの大好物でしょうな。 youtu.be/xAA_vQTIHgI

(出典 @halfromhell)

ワタ
@watareru_mcn

ソニー・シャーロックってスターリンFISH INNやウェイン・ショーターSUPER NOVAジャック・ジョンソン等でしか聴いた事なく、どういう出自なのか全く知らなかったが1st聴いて納得。一言でいうとアルバート・アイラーのギター版。なぜかウェイン・ヘンダーソンとの2 in 1は謎。 pic.twitter.com/heTsr6oyMx

(出典 @watareru_mcn)

りんてん舎|詩 短歌 俳句の古本屋
@rintensha

細田成嗣・編『AA 五十年後のアルバート・アイラー』など。 pic.twitter.com/bzdCkQuKpq

(出典 @rintensha)

MARUZEN&ジュンク堂書店 梅田店 洋書【茶屋町】
@MJU_yousho

【洋書】それまでのジャズからの解放・それからのジャズの探求、1960年代に起こるフリー・ジャズにサックス奏者アルバート・アイラー。その音楽人生と演奏の詳細な記録『Holy Ghost: The Life And Death Of Free Jazz Pioneer Albert Ayler』。聞く者の魂を代弁するかのような絶叫にも似たその音色。 pic.twitter.com/Hvh0q0izag

(出典 @MJU_yousho)

中国女
@Wrk4ZiPYOK1JW5o

ハービーハンコックとドン・チェリー &アルバート・アイラーなうれぴー

(出典 @Wrk4ZiPYOK1JW5o)

中国女
@Wrk4ZiPYOK1JW5o

アルバート・アイラー違いまするね

(出典 @Wrk4ZiPYOK1JW5o)

あさひなりゅうせい
@ryuseiasahina

東京大学のアルバート・アイラー? で、モダンジャズになってから、ペアダンスがなくなった、 それはいいのかな、みたいなニュアンスで書いてあったような気が。うろ覚え。 なんで思い出したんだっけ? 型があるから一緒にいれるのかも、とか、 スペノは節があるよな、って感じがしたから?

(出典 @ryuseiasahina)

D S C H
@DSCH5812

Universal Indians  アルバート・アイラー・カルテット:ドナルド・アイラー(トランペット)、アルバート・アイラー(ヴォーカル、テナーサックス)、ミルフォード・グレイヴス(ドラム)、アラン・シルヴァ(ベース) 1968年 #2月13日 ニューヨークで録音 youtu.be/lA87T58h7kM

(出典 @DSCH5812)