フリーダム ルーム

普段の生活の中で、興味のあるものを中心に載せていきます、ジャンルにはこだわらない内容になると思います。特に動物(猫に関する記事)は多くなると思います。

    カテゴリ:スポーツ > 駅伝


    『第53回 全日本大学駅伝』







    <ツイッターの反応>


    くーねる
    @ku_neru_run

    【第53回全日本大学駅伝対校選手権大会(全日本大学駅伝)】結果・速報と感想についてまとめました。よかったら見てください#伊勢で決まる日本一#全日本大学駅伝 #大学駅伝#駒沢大学#青山学院大学#東京国際大学… https://t.co/a6QQnV3wz2

    2021-11-07 08:28:51

    (出典 @ku_neru_run)

    箱根みのりん🍀
    @hakonerin39

    〈箱根みのりん🍀が選ぶ‼️第53回全日本大学駅伝MVP〉駒澤大学 安原太陽 6区区間2位彼が5区以前の悪い流れを断ち切る5人抜きの激走で順位を5位に押し上げ、7区の田澤の首位交代をアシストした。 https://t.co/29vRdfGp60

    2021-11-07 08:28:40

    (出典 @hakonerin39)

    COCO
    @2814Coco

    素晴らしいコースだよね。テレビ放送はあったの?テレビないからわからん第53回全日本大学駅伝対校選手権大会 - スポーツナビ https://t.co/9tXSAPe9yq

    2021-11-07 08:25:01

    (出典 @2814Coco)

    箱根みのりん🍀
    @hakonerin39

    〈第53回全日本大学駅伝総括#2〉駒澤は選手層の厚さと終盤の粘り強い走りが2連覇を齎した。一方、青学は7区の近藤が奮闘するも他区間では些細なブレーキが相次ぎ、惜しくも2位に終わった。東京国際は3区のヴィンセントが世界レベルの… https://t.co/APJ4vk5KDJ

    2021-11-07 08:17:43

    (出典 @hakonerin39)

    箱根みのりん🍀
    @hakonerin39

    〈第53回全日本大学駅伝総括〉今大会は有力選手の欠場が相次ぎ、新戦力を試す区間配置が多かった。そんな中、駒澤が1区の佐藤が首位通過も2区以降はシード権外に落とされ苦戦したが、6区から意地の走りで7区の田澤でトップに立った。ア… https://t.co/kTAcYQQGsm

    2021-11-07 08:10:10

    (出典 @hakonerin39)

    青学大陸上競技部(長距離ブロック)
    @aogaku_rikujyou

    【第53回全日本大学駅伝対抗選手権大会】準優勝🥈 5時間13分06秒男前大作戦大成功!とはいきませんでしたが、皆さんの応援のおかげで準優勝することが出来ました!箱根駅伝は優勝できるようにチーム一丸となって今一度取り組… https://t.co/s7McBwTmAy

    2021-11-07 08:09:11

    (出典 @aogaku_rikujyou)




    (出典 www3.nhk.or.jp)



    1 電気うなぎ ★ :2021/01/02(土) 15:59:13.36 ID:hGq1cpXm9.net

     第97回東京箱根間往復大学駅伝第1日は2日、東京・大手町から神奈川県箱根町までの5区間、107・5キロに関東の20校とオープン参加の関東学生連合を加えた21チームが参加して行われ、*大が初の往路優勝を飾った。

     出場4度目の*大は4区でトップに立ち、2位の東洋大に2分以上の差をつけた。駒大が3位、帝京大が4位、東海大が5位で続き、前回総合優勝の青学大は12位と振るわなかった。

     新型コロナウイルス禍が続く中での開催となり、感染対策として選手には円陣や声かけなどを禁止。沿道での応援も自粛を求めた。

    ソース↓
    https://www.sankei.com/smp/sports/news/210102/spo2101020008-s1.html


    【【勝利栄光】××大が往路初優勝 箱根駅伝、東洋大2位】の続きを読む



    (出典 www.nikkansports.com)



    1 征夷大将軍 ★ :2021/01/01(金) 16:52:42.47 ID:CAP_USER9.net

    毎日新聞2021年1月1日 14時04分(最終更新 1月1日 15時08分)
    https://mainichi.jp/articles/20210101/k00/00m/050/117000c

     「ニューイヤー駅伝inぐんま 第65回全日本実業団対抗駅伝競走大会」(日本実業団陸上競技連合主催、毎日新聞社・TBSテレビ・群馬県共催)は1日、前橋市の群馬県庁を発着点とする7区間100キロのコースで行われ、富士通が12年ぶり3回目の優勝を果たした。1区・松枝博輝の区間賞で流れに乗ると、2、3区で上位をキープ。4区終盤で中村匠吾がスパートを決めてトップに立ち、そのまま逃げ切った。

     「なぜ、この場にいないのか」。1年前、屈辱の思いを抱えて自宅のテレビでニューイヤー駅伝を見ていた富士通の選手たち。「団結」を掲げて日本一をつかみ取った。

     多くの日本代表候補選手を抱えながら、昨季は予選の東日本大会で敗退した。同大会の約1カ月半前にあった東京オリンピックマラソン代表選考会で1位になった中村を、疲れを考慮してメンバーから外したほか、故障者が多く万全のチーム状態で臨めなかった。序盤から流れに乗れず、6区の選手が左ふくらはぎの肉離れで失速して万事休す。ニューイヤー駅伝の連続出場は29年で途切れた。

     その後、監督らスタッフは深夜に及ぶミーティングを重ね、課題を見つめ直した。東京五輪を目指すため、選手が別々に遠征や練習をせざるをえなかったことがチームの一体感の欠如につながったと分析した。「できるだけまとまってやっていく」と方針を改め、選手も「会社にとって駅伝が一番大事」と再確認した。

     東京五輪が1年延期されたこともあり、今季は春先から各選手が一緒に練習を続けられた。選手とスタッフ間のコミュニケーションも意識的に増やし、チーム全体で駅伝へピークを合わせることができた。

     エースの中村は「悔しさを持って1年やってきた」。その思いを2021年の訪れを告げる駅伝で見事に晴らした。【小林悠太】


    【【ニューイヤー駅伝】 富士通12年ぶり日本一 前回の××で「団結」】の続きを読む



    (出典 image.space.rakuten.co.jp)



    1 名無しステーション :2020/11/01(日) 13:16:23.41 ID:nTwljgoj0.net

    第52回全日本大学駅伝★15
    https://himawari.5ch.net/test/read.cgi/liveanb/1604203631/


    【第52回全日本大学駅伝】の続きを読む

    このページのトップヘ