Rapid LED CORONA 設定編

どーも!

まだまだ本調子でない。。。

海苔です。

三連装で組んだ


Rapid LED CORONAは

携帯アプリでコントロールするのですが。

今回はお待ちかねの、設定編です!

まずは、Apple StoreやGoogleストアで

Fishbitと検索してアプリをインストールする。

この時重要なのが位置情報へのアクセス許可をするのが大事です。
後々、CORONAとの接続時に必要になるようです!
これで私はドハマりしました( ;∀;)

そして、アプリを開いて
image

SIGN UPをクリックしてアカウントを作ります。

メールアドレス、パスワードや簡単な詳細でアカウントを作ります。
一つのアドレスにつき1アカウントしか作れないようです。

そして、ログインします。

Fishbitアプリのトップ画面です
image

EQUIPMENTをクリックすると
image

の画面へ写り、CORONA by Rapid LEDを選択する。

この時CORONAは電源を繋ぎ、背面の電源ランプが緑色に点滅しています。
image

爪楊枝などを使ってリセットボタンを押して、青色の点滅で接続モードにします。
image

image


で、先ほど重要視したスマホの位置情報をオンにしWi-Fiもオンにします。
ここから先はAndroidとiOSで若干違ってきますが難しくはなさそうなので、ここは私の使ってるAndroidで進めます。

アプリでCORONA by Rapid LEDをクリックすると
image

になるので、READYを選択すると
image

RapidLED-Corona-個別認識番号を選択する。
複数機あって、複数ともに青色点滅の接続モードにしてあるとその数だけ選択が出てくるのでどのCORONAなのか知っておく必要がありますね。
また、私がドハマりした位置情報をオンにしてなかったらここでNO CORONAと出ます(笑)

スマホのWi-Fi管理画面にはCORONAのWi-Fiが表示されるのに、アプリではNO CORONAになるので3日3晩悩みましたm(_ _)m
位置情報をオンにするとすんなり出るもんだから…笑うしかなかったです(^_^;)

接続したいCORONAの

RapidLED-Corona-個別認識番号を選択すると
image

CORONAとWi-Fi接続できると
お使いの無線などを選択して
image

パスワードなどを打ち込みます。
image


打ち込むと、5つの認証を行います。
ここで上から2段目まではCORONAとWi-Fiでの認証で。
それ以降は、お使いのネットワークに切り替わると認証が続くようです。
image

認証が成功すると。
image

の画面になるので、ココまで来るとひと安心ですね。
DONEをクリック!
CORONAに名前をつけます。
image

私は三連装なのでLeft Center Rightとしました。
image

コンセントマークを選択して、NEXTを選択
image

ここで、複数接続の場合は
ADD ANOTHER
ここで終わりの場合は
CONTINUE SETUP
を選択。

複数接続なので、3度同じ動作を繰り返します。
ただ、途中でエラーになるとゼロから接続しないとグループ化出来なかったです。
やり方がわからないだけかもしれませんが。

単独だと先ほどつけた名前になりますが、二つ以上の複数だとグループネームがつけれます。
image


すべて作業が終わったので。
CONTINUE SETUPを選択
image

この画面になると、CORONAの電源ランプが水色のゆっくりグラデーションになってたら接続できてます!

接続できてるか確認のテスト画面になり。
Ch-1 ムーンライトチャンネル(CREE 450nm ロイヤルブルー×2)を100%に
image

CORONA側
image

全景
image


次に
Ch-2 ブルーチャンネル(CREE 435nm ディープブルー×8 CREE 465nmブルー×8)を100%に
image

CORONA側
image

全景
image


次に
Ch-3 ホワイトチャンネル(CREE XP-G2×10)を100%に
image

CORONA側
image

全景
image


次に
Ch-4 UVチャンネル(Semi Violet UV×4 Semi Hyper Violet×4)を100%に
image

CORONA側
image

全景
image


次に
Ch-5 レッドチャンネル(CREE XP-E Photo Red×2)を100%に
image

CORONA側
image

全景
image


次に
Ch-6 グリーンチャンネル(CREE 520nm Green×2)を100%に
image

CORONA側
image

全景
image


さーなかなかとんでもないライトだこと!
でもこれからのWest Japan MAX Reeferへ合うのか合わないのかは素人なのでわかりません(笑)

でも、使っていきますけどね!

そして、テストが終わるとマニュアルモードかスタンダードモードを選びます。

マニュアルは大変そうなので。

標準設定で、種類が凄い❗
image


もちろんオージーでしょ!

オージー!

選択するとマックスの時間帯などを簡単に設定でき
image


その中での各チャンネルの出力調整をして。
image


完了です❗
マニュアルモードなどは使ってないのでまだ未知数ですが。
細かな設定などの説明がないので、中々てんやわんやしながらここまで出来ました!
一つ一つゆっくり慎重に設定する必要がありますね。
焦るとエラーになります(^_^;)
接続に関しては、まぁまあシビアですかね!

ここまで説明したのでモニターと言えどもJUNさんに説明書料頂かないと行けませんねー!Σ( ̄□ ̄;)

Pixieの朗報御待ちしております!( ̄- ̄)ゞ

長々とお疲れ様でした❗

よかったらランキング協力お願いします🙇⤵

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海水魚

にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ

立ち上げ開始2週間 West Japan MAX Reefer withべっぴん珊瑚

どーも!

岡山県は倉敷市!

美観区があり

瀬戸内海の恵みを受けてる街から!

海苔です。

今週の日曜日に、胃腸炎で40℃の高熱に殺られ倒れてしまい!
病院に担ぎ込まれました!
病み上がりで頑張っていきます!

West Japan MAX Reefer withべっぴん珊瑚

立ち上げ後2週間が経過しました!

えーっと。

今巷で有名なべっぴんサンド待ってました❗

白のからの贈り物!

まさに!山崎純一様からの贈り物!

べっぴんサンド!

しっかり米研ぎのごとく洗浄して

出来るだけ水が白くならないまで頑張りました!

とりあえず20kg敷き詰めてみました。

image


濁りました(笑)

image


次の日には濁り解消して!

先人たちを投入しましたよー(^.^)

土壌バクテリアとべっぴんサンドの恩恵なのか

全く問題ありませんでした。

実は、シコシコ水槽の時のミドリイシは白化したり立ち上げの間耐えれないだろうから里子に出したりしました。

さて2週間が経過したので栄養塩でてるでしょーって事で!

4月26日測定
水温25.0℃
塩分濃度29ppt
比重1.022
亜硝酸0.9ppm
image

硝酸8ppm
image

リン酸0.36ppm
image

測定後に添加!
土壌バクテリア4ml
スッピン3ml


出てました❗
なので、土壌バクテリアとスッピンの添加を始めました!

魚も居るので当たり前かなー(>_<)

そして、丁度2週間の今日は

スッピンを添加し始めたからか

昨日にはなかったガラス面に水垢がうっすらとのってきました!

バクテリアフィルムだそうです。

4月2日測定
水温24.8℃
塩分濃度29ppt
比重1.022
亜硝酸0.85ppm
image

硝酸14ppm
image

リン酸0.1ppm
image

測定一時間前に添加!
土壌バクテリア5ml
スッピン3ml

機能に比べて亜硝酸が少しだけ減って、

硝酸塩が少しだけ増えてるので。

誤差と言えば誤差ですが。

サイクルは出来てきてるようですね!

ただ、嫌気層での脱窒はまだまだですね。

頑張って熟成してもらいたいですねー(^_^;)

サービスショット
image


よかったらランキング協力お願いします🙇⤵

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海水魚

にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ

2017年4月13日立ち上げ開始  West Japan MAX Reefer    withべっぴん珊瑚

どーも!
花粉症があまりにも酷くて、耳鼻科にいったら。
花粉症もあるけど、あんた風邪もひいとるよ!!と言われた。
海苔です。

機材説明ばかりつまらない投稿ばかりでスミマセンm(_ _)m
まだ紹介できてない機材もありますが、徐々に行きまーす!

なので、準備が揃ったので立ち上げました(笑)

配管も組み上がり
image

スキマーも設置し、外部式Zeni-naiyoで使ってた
スポンジもサンプに移動し
image

ポンプも設置し
image

コントローラー関係も纏め
image

一度RO/DI水を貯めて、配管の接着など毒抜きをしましたので。

やっとですが、2017年4月13日

Zeni-naiyo systemが組み上がった

West Japan MAX Reefer XL425を立ち上げます!

まずZeni-naiyoスポンジにこれでもかと

土壌バクテリアF1を染み込ませます!
image

image


http://bepin-sago.boo.jp/bextupinnho-mu.htm

そして、Zeni-naiyo systemが浸かる程度海水を注ぎひたすらスポンジをエア抜きします!

この時エア抜きをしたスポンジを出来るだけ空気に触れさせないようにします。

空気に触れると、スポンジにエア噛みするので浮きやすくなります。

エア抜きが終わると、僕はライブロックを重石がわりにしてZeni-naiyo systemが浮き上がらないようにしました!

同じ岡山県は倉敷でZeni-naiyoとpixieでされてるまぁくんさんにコメントで頂きました。

『うちの家ではzeni-naiyoの配管とスポンジが一緒に浮いてきてしまい、底砂も入れた後なので大変でした。沈めるのに大変でした。』

底砂を同時に入れると、Zeni-naiyoが浮いてきて大変だったそうですので。

底砂の種類や量にもよると思いますが、底砂は重石になりにくいようなので。

僕のようにライブロックや何かで重石をのせることをおすすめします。

ある程度すると、落ち着いて浮き上がらなくなるので!

ただ、完全に蓋をしてしまうと硫化水素の恐れがあるので気を付けた方が良いとおもいます。



出来たら、海水をフルに注ぎ入れて回しました!

image

image


土壌バクテリアを大量に入れたのでかなり濁ってますね!

昨日で一週間経過しましたが、大型スキマーの恩恵もありますがある程度透明になりました!

この間Zeni-naiyoのポンプは常時運転です。

濁りが濃いくても、一週間程度様子を見ると落ち着いてくるように思います!

先週は出来なかったので、今日RedSeaの試薬で硝酸とリン酸を測りました!

アクアリウムノートというアプリを使ってますが、いつの間に日本語対応になってました!

硝酸はもちろん0で
image

リン酸は0.05付近でしょうか。
image


亜硝酸を測ればよかったです(笑)
リン酸はこの数値を維持したいですね!

さて、GEXサイクルとアサリを開いて投入させます!

栄養塩でるかなー!



よかったらランキング協力お願いします🙇⤵

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海水魚

にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ
ギャラリー
  • Rapid LED CORONA 設定編
  • Rapid LED CORONA 設定編
  • Rapid LED CORONA 設定編
  • Rapid LED CORONA 設定編
  • Rapid LED CORONA 設定編
  • Rapid LED CORONA 設定編
  • Rapid LED CORONA 設定編
  • Rapid LED CORONA 設定編
  • Rapid LED CORONA 設定編
カテゴリー
  • ライブドアブログ