小淵沢の冷蔵庫

はんでめためたごっちょでごいす! このブログは、IE(Internet Explorer)で閲覧しないことをお勧めします。 "Google Chrome" "Firefox"で最適化するよう編集しておりますので、 IEでは表示が乱れます。「小淵沢の冷蔵庫」というタイトルをクリックすると最新50件の日記が表示されます。              

img_ikeno09
DSCF1561


友人夫婦からの電話で、リゾナーレ八ヶ岳へ。 「すこし早いけど、誕生日プレゼント」と彼らが言って渡されたのは、小淵沢の小さな新しいドメーヌ 「ドメーヌ・ミエ・イケノ」のシャルドネです。
僕の猫好きを知っていて、これは本当に嬉しい贈り物。 畑を開墾する際、猫の足跡がたくさんあったので、会社名が「猫の足跡」

このワイン 美味しいのは知っているのですが、おいちゃんワインで悪酔いするので、飲むタイミングは、慎重に・・・・

b0063958_22522141
76764792


実は、日曜美術館の再放送を見る為に午前中の仕事を休ませていただきました。録画機能が無いもんで。 オディロン・ルドンというフランスの画家を武満徹が語った1980年の放送の再放送。これは見逃せません。 武満は、色彩の無い世界と華やかに着色された世界、音のない世界と騒音がこだまする世界を対立させて考えない不思議な能力の持ち主でした。ルドンという鬼才を武満に語らせるというNHKのプロデューサーの企画は秀逸でした。  彼は「西欧的、合理的」なものを否定はしなかったものの、 西欧的秩序を持たない異界へ足を踏み入れる事が出来た稀有の才能でした。

※かつて読んだ武満の著書「音、沈黙と測りあえるほどに」からの一節

 1948年のある日のこと、ぼくは混雑した地下鉄の狭い車内で、調律された楽音のなかにちょっとした騒音をもちこむことを思いつきました。それとともに、作曲するということはきっとぼくをとりまく世界を貫いている「音の河」にどんな意味を与えるかということだろうと確信できた。
 そのころ、しばらく前から音楽は孤立していました。人々は音楽を聴くことに苦しんでいた。いつからこんなことになったのだろうかと思いますが、それがわからない。とくに日本人としてそれがわかりにくくなっています。
 たしかに音楽は数理的な秩序のうえに成り立っているものでしょう。けれどもそれはヨーロッパの音楽ということであって、その規則とはべつにぼくは音のなかで生活し、太陽を見てくしゃみをし、地下鉄の振動をみんなとともに感じつつ、作曲の着想を得てきたのです。もともと音楽は持続であって、瞬間の提出です。ですから、便宜的な小節構造に縛られているのはあまりにむなしいのです。
 ぼくは地下鉄を降りて広場に出て、そこに犬の彫刻が置いてあったのを見て、どうして吠えない犬を置いているのだろうと思いました。これではその広場はいったい何をもたらしいのか、わからない。

 それから15年ほどたったころ、ぼくは北海道の原野を歩いていたのですが、自分が都会の舗道の敷石にとどまっていることをふいに知らされます。
 都会は末梢神経こそ肥大させたかもしれないのですが、四〇キロも見渡せる原野の知覚のようなものをもたらさない。このときぼくは、音は沈黙と測りあえるほどに深いものでなければならないと知ったのです。
 その数日後、ぼくは宮内庁で雅楽を聴くことになりました。驚きました。ふつう、音の振幅は横に流されやすいのですが、ここではそれが垂直に動いている。雅楽はいっさいの可測的な時間を阻み、定量的な試みのいっさいを拒んでいたのです。
 これは何だろうか、これが日本なのだろうかと思いましたが、問題はヨーロッパの音楽からすればそれが雑音であるということです。雑音でなければ異質な主張です。そうだとすると、ぼくという日本人がつくる音楽は、これを異質な雑音からちょっとだけ解き放って、もっと異様であるはずの今日の世界性のなかに、ちょっとした音の生け花のように組み上げられるかどうかということなのです。
 このとき、日本という文化があまり人称にこだわらないということがヒントになりました。そう、人称なんていらないのです。音が鳴るたびに「私は」「僕は」と言わないように音を並べたい。
 そうなのです、ぼくは発音する音楽をつくりたいのです。吃りだったからそんなことを言っていると思われるかもしれませんが、それもありますが、それよりも、どんな石にも樹にも、波にも草にも発音させたいのです。ぼくはそれを耳を澄まして聴きたいだけなのです。ぼくの音楽があるのではなく、音楽のようなぼくがそこにいれば、それでいいのです。
では‥‥、さようなら。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

武満徹は、世界的に認められた数少ない日本の作曲家です。 彼は音楽の専門教育を受けたことがありません。 商業的、コマーシャルな仕事も数多く、独特のオーケストレーションを見せる現代音楽は当初、理解されませんでした。 

1996年、かれの訃報は世界を駆け巡りました。 武満作品に出会うまでは現代(前衛)音楽などほとんど演奏しなかったウィーンフィルをはじめ、世界の名だたるオーケストラが武満作品の追悼演奏会を行いました。 このことは、実は日本ではあまり報道されませんでした。

011

1985年8月12日前後のことは、とてもよく覚えています。僕は9日に愛車サファリ(型式160)を層雲峡の駐車場へ止めてロープウェイで大雪山黒岳を目指しました。200センチの小賀坂ユニティーを担いでいました。 ところが、稜線に出ると人生で初めて経験する強風。爆風とでもいうのでしょうか。スキーなど持っている場合ではありません。漬物石くらいの石が風で転がっているのです。スキーを登山道の脇に置いて、大きな石で埋めて翌日取りに来ることにしました。 避難用の石室まで這ってたどり着くと、テントを飛ばされた登山者で石室はごった返していました。 翌日、風がやんだので、スキーを取りに引き返し、石室から2時間ほど歩いた雪渓の上部にオンボロの一人用テントを設営。そこで3泊。 登山、散策ルートから外れた場所なので、人間には一度も会いませんでした。 すこしだけ雪渓でスキーをし、ほとんどの時間は本を読んだり、ラジオを聞いたり、流れ星を数えたり、ただゴロゴロしていました。 13日は旭川のビジネスホテルを予約していたので、12日が雪渓最終日。 50メートルくらい離れた所を200キロ?300キロ? くらいの巨大なヒグマが僕のことなど全く無視して雪渓を横切っていきました。こちらは、ちょービビリ。

13日、旭川のビジネスホテルにチェックインし、近くのレストランで久しぶりのマトモな夕食。 置いてあった新聞を手に取ると、カタカナの名前が紙面を埋め尽くしているのです。 羽田から伊丹に向かった日航機123便の乗客名簿でした。 

733efaf9a8d560029d79c88efe8ed8d5_400x400

設立されて2年、専用の研究施設が出来たばかりの東京工業大学地球生命研究所「Earth-Life Science Institute」において、廣瀬所長の話を伺う機会がありました。
総合的、学際的という言葉は、ずいぶんと昔から使われていますが、実際には、高度に専門化した研究成果や研究者を取りまとめながら、画期的な成果を出すというは生易しいことではありません。廣瀬さんは、半世紀に一度あるかどうかと言われる地球の構造上の大発見をしたことで世界的に有名です。「地学(高圧地球科学)」が専門分野です。 この人のもとに、宇宙工学、生命科学、惑星形成、ゲノム、物性物理、光合成などなどの研究者が集結しています。研究の最終目的は「地球生命の特殊性と普遍性の理解」です。

この研究所のいまのところの仮説は、今までの「生物の起源、生命科学」の潮流とはすこし違います。海中、さらには深海の熱水噴出孔などでのRNA合成だとか、隕石が生命の起源となる物質を運んできたとか、諸説ある中、ELSIは、地上で原初の生命が生まれたという立場をとっています。 豊富な二酸化炭素、紫外線、さらに塩水ではない水が供給される条件が生命誕生に有利と考えているからです。

公開のイベントだったので、最後に質問の時間がありました。 8歳の男の子の質問が鋭くて、おいちゃん悶絶しました。 「どうして海の水はショッパイのですか? 海がショッパイ事は生き物に必要だったのですか?」 廣瀬氏が答えました。 「海が塩辛いのは、岩石に含まれた塩が溶け出したからです。また、昔の海は、今の3倍くらい塩辛かったと考えられます。実は生き物が生まれる条件としてナトリウムはあまり必要ありません。むしろ不利です。 より必要なのはカリウムなのですが、そのような条件を考えると最初の生き物は海ではなく地上で生まれたと私達は考えています。」

image
image


ツァイ・グオチャン 蔡國強 の展覧会。最新の作品が並ぶ。 ぼくと同い年の中国屈指の現代アートの人気者。 火薬を 使った派手なパフォーマンスしか知りませんでしたが、この人はけっこう危ない橋を渡っている気がします。日本初公開の「壁撞き」は、狼の群れが透明のガラスの壁に群となって突っ込み、崩れ落ちながらも次から次へ、立ち向かう情景。 英語の題名は、Head On
実物大のオオカミの中を歩くと、身の危険を感じるほどです。 言論の分野ではない為、弾圧は免れているものの、アートに生きる人のど根性を感じます。 当局はわかっていても、国際的な評価の高いこのおっさんのあぶない作品をさばくすべはありません。 天から降りてくる巨大な朝顔のオブジェ Morning Glory も さすがです。 感動しました。
 
狼は犬の祖先です。 しかし、 まったく犬とは違う生き物です。 かつて僕の仕事に協力してくれた企業の社長は、茨城県に馬を飼育、訓練する牧場を持っています。 仕事の合間に見学させていただきました。 40メートル四方くらいの大きなケージに3頭のアメリカ狼を飼っていました。 飼い主を見ると大喜びで、その場で人の高さくらいまで垂直飛び。 しかし、僕の顔を見ると歯を食いしばって唸り声。 このケージに入ると食われると思いました。 狼は 犬ではありません。 その時の恐怖を今でも覚えています。

11752020_1003608539661267_1043398002816611887_n

20150722j

行けなかったのですが、僕にとっては夢のようなライブがブルーノート東京で先日ありました。秋吉敏子&マンデー満ちる。 そのライブパフォーマンスがどうだったかなどということはどうでもよくて、僕は長年、秋吉敏子さんと秋吉満ちるさん(マンデー満ちるさん)親子の大ファンだからです。ただのミーハーです。
さすがにこの歳になると昔話が多くなりますが、これはとっておきの思い出です。30年以上前のこと、秋吉敏子さんが来日したのですが、ほぼ、シークレットライブ的に池袋のライブハウスでトリオの演奏をしました。 このチケットが取れたのは全くの偶然でした。超マイナーな地下のライブハウス。ぎゅうぎゅう詰め。 当時、彼女は50歳台で米国ジャズ界の重鎮にしてスター。それもピアニストにしてビッグバンドジャズを率いるという今後絶対出てこないような逸材として尊敬を集めていました。彼女のバンドは、ほぼ毎年、米国のジャズ専門誌の最高評価でした。既にレジェンド。 池袋地下のトリオライブは最高で、僕は、「なるほど、この才能はアメリカに住んでいないと発揮できないな」と思いました。 ピアノの横3メートルくらいの壁際、エキゾチックな顔立ちの少女がスチールの折りたたみ椅子に座って演奏を聞いていました。 彼女がデビューして初めて僕は気付きました。 あの時の少女が満ちるさんでした。 満ちるさんのオーソドックスな色っぽいジャズボーカルを2回だけですが、ライブハウスで聞いたことがあります。 ファンです。

敏子さんはもう80歳を超え、満ちるさんも50歳くらいか?  あーーー ブルーノート行きたかったぁぁ

image
image

清里フォトアートミュージアムの夏の展示は、写真報道にとって(あえて報道写真とは区別してこう言います。)重要な展示内容だと思います。 展示の題名が仰々しくて「未来への遺産 写真報道の理念に捧ぐ」となっています。 さすがにこれは如何なものか とは思いましたが、展示写真を実際に見ると、すこし納得せざるを得ません。
展示内容は、1968年に出版された“The Concerned Photographer” をベースにしています。これはコーネル・キャパの企画によります。 作品は1900年初頭から1950年代までのものです。 コーネル・キャパの編集意図は、本展示の冒頭に並ぶアンドレ・ケルテスの言葉に集約されていると思います。

「カメラは私の道具であり、私はその道具を使ってすべてのもの、身の周りで起こるすべての事に理由をあたえようと試みる。すべてが主題となる。すべての主題にリズムがある。 そのリズムを感じる事が、”存在理由” にほかならない。 写真とは本来、持続するそうした”存在理由”の固定された一瞬である。」

“The Concerned Photographer” とは、時代に寄り添い、関わり続ける写真家の覚悟 のような気がします。 僕は、あと2回は見に行くと思います。

500_10834159

実は、僕の棲家の目の前にホテルが出来ました。 小さなホテルですが、まあ 2年くらいの工期の間、現場の人たちが滞在して居ました。 つまり、プレハブの仮設住宅に誰かが住む期間があったということです。 猫が、目立つようになりました。

さて、おいちゃんの経験というか、日常だったのは、東京都の汐留開発です。 JR新橋駅から東銀座に歩いていくということを25年間やったのですが、1990年位から15年くらい、通勤の途上にある汐留の旧国鉄の土地について巨大開発計画があり、さらに、その進捗が極めて遅かったのです。 鹿島ですかねぇ これ主導していたのは?  巨大開発なので、プレハブの住居に住む人が入れ替わりながら十数年居ました。 このような場合、確実に猫が増えます。 猫というのは、餌と水を与えておけば、好き勝手に生き延びるので、工事現場の人たちには好都合のペットです。 棲家ではない常駐の人間が15年も居れば、猫天国になります。 現場の従業員にとっても格好の癒しアイテムなのです。
汐留開発がある程度完成した頃、僕が職場からJR新橋駅に歩いている夜遅く、街路樹がライトアップされている新しくなったオサレな歩道。その木々に子猫がたくさん登って、ライトアップされながら、僕達を眺めていたのです。 その光景はものすごく魅力的で、誰もがスマホで写真を撮っていました。しかし、残念ながら、彼らが住みやすい環境、気ままに暮らせた時代が終わってしまった事の象徴でした。 もう、汐留には猫は居ません。

近所のホテル建設は終わり、建設に関わった人たちは居なくなりますので、猫さん達も微妙に生活パターンを変えなければいけません。

ちょっと憂鬱なニュースは、あふれていますが最近気になる憂鬱ニュース上位5つに入ってくるのが、東芝の不正会計問題です。 企業が決算数字を操作するなどあってはならない事です。 下世話なことになってしまいますが、上場しているような規模の企業が売上をごまかす事は、かなり困難です。すると、不正の手口は、利益飛ばし、経費・コスト操作、ということになります。 前者がオリンパス。後者が東芝です。 オリンパスは、「会社ぐるみ」では無かったという判決になりました。 複数の部門に渡って経費・コスト操作をするということは「会社ぐるみ」でしか出来ませんので、東芝の問題の方が根が深いでしょう。 

東芝の監査法人は「新日本有限責任監査法人」です。業界最大手。 僕もちょっと付き合いがありました。 さて、新日本有限責任監査法人は今回の事件に関して第三者委員会の調査に全面協力していることでしょう。 自身の存続にも関わりますし、金融庁とは仲良くしなければなりません。 しかし、監査法人の責任は逃れられない案件だと感じます。

DSCF1552

目が良い人にとっては、自分の視力が優れていることなど普段はまったく気にしません。それが当たり前だからです。 耳が良い人もたぶん、それは当たり前過ぎることでしょう。 もしかすると数学が出来る人、計算が早い人、絵が上手な人なども、まあ同じようなものかもしれません。 僕はそのような実用的な能力は皆無なのですが、霊的ななにかを視覚的に気付く能力が子供の頃からあるようです。 それは、なんとなく「目が良い」という感覚と同じです。そのことを特別だと思ったことはありません。 人の守護霊が見えるというのも普通の日常ですし、スケールとして大きいのは龍脈がわかります。 中央構造線下の龍脈を守るのが諏訪大社本宮と古くから言われていますが、それはすこし違います。 実際には下社春宮です。 春宮は完璧に龍脈上にあります。 さらに言えば、龍脈を安定させる結界の中心は、下社春宮のすぐ横にある硯川の中洲、つまり浮島社です。多くの神事をあえて本殿前で行わないのが春宮のしきたりです。 今日、浮島社の神事「夏越の祓(なごしのはらえ)」へ参加しました。 川の中洲というのは大河の蛇行によって土砂が蓄積されるのが常ですが、この小さな浮島は真っ直ぐ流れる急流のど真ん中に不自然に存在し、かつてどのような豪雨でも土が削られることなく残っているという伝説があります。 それは不思議ではありません。 日本最大の龍脈を守る結界の一部だからです。 ということで、僕はよくこの場所を訪れます。

image

先日、喘息で臥せっていた時にネットで購入したKindle版の本です。気づいたのですが、このような「新書」と呼ばれるジャンルの評論、時事ネタ、参考書的に読みすすめるような本は電子書籍に非常に向いていると感じます。このような本は、引用元が脚注として各章の最後、もしくは巻末に並んでいるわけですが、そこに触れると、ネット上の引用元がすぐに出てきたり、参考情報へすぐ飛ぶことが可能な編集となっているからです。これは極めて便利です。

 この本は、朝日新聞紙上の「論壇時評」に掲載された高橋氏の文章をまとめたものです。 良い本です。 高橋源一郎氏の文章(小説、翻訳、評論 等)を読んだことがある人ならば、なんとなく分かってもらえると思うのですが。 彼の資質は小説家であり、翻訳モノにもその才能がいかんなく発揮されています。ただ、評論などにおいては ? と感じることがあります。 東日本大震災の直後にたまたま始まった「論壇時評」だったので、その後の混乱した、混沌とした時勢を反映した時事ネタを各章のテーマに設定し、彼なりに「民主主義というシステム」との関連を書き綴ったものです。 骨太の論旨とか論理的な展開があるわけではなく、「フニャフニャ」した印象の文章。 表層をなぞっただけか? とも取れる部分もあります。 しかし、それでもこの本は「なにかひっかかる」し、「考えるきっかけ」を与えてくれると思います。 高橋氏の言葉の中から僕がかってに読み取った事を書きます。
 民主主義、さらに言えば議会制民主主義というシステムは「他に替えるモノが無い、けっこう完成されたシステムである」という暗黙の了解が、濃霧のように全体を覆っている社会、世界。 もちろん、より有効なシステムは、確かに無いのだけれど、もう一度みんなで「民主主義」を機能させる「前提」を真面目に考えましょう。(高橋氏が直接そう言っているのではありませんが) と言うような事をフニャフニャだけど切羽詰まって彼は言いたいのだと思います。
 これも直接は書かれていませんが、彼は「今の議会制民主主義は、何かを大きく変えたり、新たなシステムを作ったりすることを先延ばしにする事」が目的化しているのではないか、と絶対思っている気がします。 実は僕もそう思う事があります。 ま、とにかく身動きが出来ない時に読むには最適な本でした。

※本書の「一つの場所に根を張ること」という章の中に、「Occupy Wall Street」 デモの光景を描いた津山恵子さんの文章が引用されています。 2013年の秋、台風で大雨だった夜に鎌倉の古民家で彼女とすこし話をしました。 彼女はニューヨーク在住の優秀なフリージャーナリストです。 ウォールストリートジャーナル日本語版、AERA, その他いろいろな経済紙に彼女の署名記事、コラムはすぐ見つかりますので、是非多くの人に読んで欲しいと思います。


体調を崩し、3日間くらいほぼソファーの上で暮らすはめになってしまいました。 そうなると、ラヂオを聞くか、テレビを見るか、本を読むかということになってしまいます。 ただ、それも悪いことではなく面白い番組、面白い本に出会う機会にもなります。 今回は、テレビ神奈川の「佐藤しのぶ出会いのハーモニー」という番組と、高橋源一郎の著作「ぼくらの民主主義なんだぜ」(キンドル版)に出会う事ができました。 
地方のテレビ局には、特徴のある番組があります。佐藤しのぶさんがゲストを招いて行うこの番組は、テレビ神奈川製作番組のベスト3には入ると思います。 音楽に限らず、いろいろな分野のスペシャリストから、けっして饒舌でもなく、朴訥としたしゃべりのクラシック歌手は、魅力的な話を引っ張り出します。 身体が弱っている時には元気をくれる番組です。
 高橋氏の著書についてまた今度。

image

今日は雨で畑に入れず、上司から「本日休耕」とのメール。 久しぶりに薮内さんの美術館へ。
白州の木立の中にある小さな美術館は、ぼくの住まいからクルマで15分ほどのところです。図書館で借りた薮内さんゆかりの人々のエッセイを読んで、掲載されている鳥の絵を中心とした原画展示を行っているとのことで、行ってきました。 薮内さんの動物画を見たことがあると、はっきり記憶している人は少ないかもしれません。 しかし、たぶん、多くの人は見たことがあります。 数多くの図書、雑誌、絵本などにある挿絵。 動物図鑑などのイラスト。 ポスター、広告イラストなど、彼の作品は数知れず。
多くの絵描きに共通するのは、その素描のすばらしさです。 素描集をパラパラめくりながらため息。 さらに十代のころの野鳥のイラストが、既に完成されていたように見えるのは僕だけでは無いと思います。 「渡り鳥を(天国から)上から見た絵を描いて欲しい」という知人のコメントが、素直に彼の人柄や絵の魅力を語っていると感じました。 是非多くの人に足を運んで欲しい小さな美術館です。

合区に反対? あくまでも県単位の選挙区? ならば県を減らせばよいのですよね。 同時に議員定数を増やして再配分すれば一票の格差問題ってなくなるのに、どうしてそうしないんだろう? お世話になっている山梨県の人々にはたいへん申し訳ないのですが、東京都山梨区のほうが、明らかに住民サービスは充実すると思うのですが。 世田谷区の人口89万人、山梨県の人口84万人

一票が公平な配分になっているということが正しいというのは論理的ですが、そのことに僕はことさらこだわる訳ではありません。 ただし、それには限度があると思うのです。 

今の状態は限度を超えています。 僕は全国を一つの選挙区にして政党の主張を選ぶ選挙が理想だと思っています。 政治とか民主主義とか選挙とか。そのことをきちんと教育しながら、地方利権みたいなものを排除して、大きなプランを問うのが理想なのですが、それは理想論でしかありません。とは言っても、国家を肯定するのならば、その事を真剣に考える必要があります。 小選挙区制を支持する人が何をそのことの根拠としているのかわかりません。 国政にはビジョンが必須であり、そのことを前提に自治があると思います。 小選挙区制ではそれを実現できません。 僕は日本の「民度」をあまり信頼していないのかもしれません。 小選挙区制は「民度」を信頼した制度です。 それが実現していない場合は、ファシズムの温床となる危険な制度だと思っています。 小選挙区制によって成り立っている安倍首相の国会答弁が論理的で無いのは、「そもそもどうあるべきか」「原理原則」を選挙によって問われていないからだと思います。

11393098_825020090921231_5873524495118008827_n

久しぶりにJリーグの試合を観戦しました。行こう行こうと思っていたのですが、なかなか行けなかった小瀬の山梨中銀スタジアム。 ヴァンフォーレ甲府のホームです。 横浜マリノスとの試合は結局1−1のドローでしたが、盛り上がる見応えの有る試合でした。
Jリーグが設立されてもう20年以上になります。 多くの人が尽力し、日本のサッカーを世界レベルに押し上げようという強い思いのもと、10チームでスタートしたプロリーグをサッカーファンは大歓迎でしたが、構想当初は、失敗することを予想するひややかな意見が多かった事を僕はよく覚えています。 企業がオーナーとして経営するプロ野球に対して、スポンサー企業からの収入は前提としながらも、企業名をチームにつける事を禁止し、ホームのスタジアムの規模を明示した上で観客収入を柱とする地域のクラブ組織を目指すという考え方は日本の文化にはありませんでした。 地域に根ざしたクラブ組織ということでは、柔道や剣道などの武術には長い伝統がありますが、プロスポーツの興行を目指すものではありませんでした。 川淵三郎さんをはじめ、多くのサッカー競技経験者が、ヨーロッパ的な地域クラブサッカーを理想とし、なんとなく可能性のあるビジネス、という発想ではなく「理念」「理想」「あるべき姿」みたいなものを直視して突き進んだのだと思います。 20年以上を経て、このプロジェクトは成功したと断言してよいでしょう。 先日の試合を観戦して改めてそう思いました。 17,000人が収容出来る小さな競技場に、16,000人の観客が入っているのです。 観客の応援は凄まじく、マナーも抜群。試合後のスタジアムにはゴミ一つ落ちていません。 さらにアウェーの自由席、つまりマリノス応援団が陣取るバックスタンドも満員。

アマチュアの日本サッカーリーグ時代の試合を観戦したことのある人はそう多くはありません。その数少ないサッカーファンである僕は、やはりしみじみしてしまいます。 身内だけ と思える観客が数百人という試合もありました。 奥寺康彦、木村和司、都並敏史など、日本サッカー史に名を残す選手がピッチを走り回っているのに です。 けっこう知らない人が多いと思いますが、日本サッカーリーグが設立された当初、たぶん1960年代ですが、シーズン通算の最多アシストを記録した人、東京オリンピックでアルゼンチンから得点をあげた人が川淵三郎さんです。

徒然 ということで昨年の一試合あたりの観客動員数のデータを調べてみました。一位はぶっちぎりの浦和レッズ35,000人。すっげー! ヴァンフォーレは12,000人で16位。 しっかーし、スタジアムの収容人数から言えば、常に60%の席が埋まっているということです。浦和は55%。 ちなみに埼玉県の人口は720万人。山梨県の人口は84万人なり。

int52_main

「2008年にピオレドールを受賞したとき、審査員から言ってもらえたのは、どの隊の登山が難しかったからということではなくて、ライトであること、クリーンであること、冒険的であること、美しいラインであること、地球(環境)にローインパクトであること、限界に近い力を発揮したこと、そしてその発想と前に踏み出した行動こそが、受賞の理由だということでした。そう言ってもらえてすごく納得しましたね」 谷口けい

とにかく、おいちゃん けいさんの大ファンでつ。 登山界の逸材。

DSCF1552

神社の祭神上の分類では、「八幡」「伊勢」「菅原道真」」「稲荷」「熊野」「諏訪」などがメジャーフランチャイズです。 諏訪信仰の特徴、私見ですが、神道、神社の起源が自然信仰にあることは疑う余地がありませんが、そのことを天皇神話に結びつけて物語が作られたり、天皇家との関係を枕に語られることがよくあります。 ところが、お諏訪さまには、その傾向がほとんどありません。 古代の山神信仰の原型を強く残しているのが「お諏訪さま」のすごいところです。 
 それと、他の系列と明らかに異なる特徴があります。その名称です。 諏訪神社は、フランチャイズ本部こそ「諏訪大社」を名乗りますが、系列フランチャイズ店舗は、全国全て「諏訪神社」なのです。 このことは、他の系列ではありえません。 ⭕️⭕️稲荷、❌❌八幡、※※天満宮(道真系)というのが普通ですが、△△諏訪神社というのほとんどありません。あっても近年言い始めたもので、看板や石柱に書かれている事はありません。「諏訪神社」のみ。 ちなみに、僕が通った小学校の近くにあった小さな神社は諏訪神社でした。小さな社殿には、住宅地にもかかわらずコウモリがたくさん住んでいました。 大学生時代の超オンボロ下宿の近くにも諏訪神社がありました。 エアコンなどもちろん無い3畳間の部屋は、夏は耐え難く暑く、お諏訪さまの境内でよく涼んでいました。

今日は、諏訪大社を巡ってきました。 上社前宮 ⇒ 上社本宮 ⇒ 下社秋宮 ⇒ 下社春宮 の順に訪れました。 地元の人の感覚とは違うようですが、僕が一番大好きなのは下社春宮です。規模は小さいのですが、「龍脈」「地脈」をものすごく強く感じるのです。 このような感覚を覚えたのは「富士山本宮浅間大社」「出雲大社」などで、そう多くはありません。 僕の大好きな場所の一つです。

NHKのオレオレ詐欺、特殊詐欺に関する番組を見ていました。被害額が増え続けているということは吐き気がするほど気持ちが悪く悲しい気分になります。

ところで 娘をかたって騙されたという話を聞いたことがありません。 犯人が男性だからというと身も蓋も無いのですが、ちょっと違う気がします。 実家から離れて暮らす娘というのは、息子と比べると、圧倒的に数多く実家へ電話したり、世間話をします。 息子というのは、全てとは言いませんが、実家を離れている場合、両親と話をする機会をなかなか作りません。ということで、息子から連絡がある場合は「なにか特殊なケース」であるという先入観が両親にもあるのではないでしょうか? そこに付け入られるのでは、と感じます。

安全性ということを論理的に考えることが出来ない、もしくは自分のつまらない偏見と独断的な常識に縛られるヒトというのは厄介なものです。 かつて、クルマのシートベルト(当時は安全ベルトとも言われていました。)の装着について、義務化が議論されていた時期に、「運転手が安全ベルトをするということは、自分の運転に自信が無いということか?」 という同乗者や、そのことに同意し、同乗者を意識してベルトをしないドライバーが居ました。 実は僕の父がそうでして、僕は「なんと愚かなヒトだ」と思っていました。僕が中学生のころだったと思います。 いわゆる暴走族と呼ばれる若者の方が父よりも早くきちんとシートベルトをしていました。

近年、スキーヤーがヘルメットを装着するのは当たり前になってきました。 ところが、10年以上前、アルペンスキー競技やスキージャンプ競技以外でヘルメット装着が一般化していなかったころ、 僕の知っているインストラクターが、ヘルメットを装着してレッスンする同僚を批判したのを鮮明に覚えています。「ヘルメットを装着して指導するということは、スキーが危険なスポーツであり、さらに自分の技量に自信がないと言うことか? 第一、生徒の声が良く聞こえないではないか」と、言ったのです。 そのヒトは優秀なスキーヤーであり、インストラクターですが、このような発言をする感覚は、シートベルトを当初しなかった愚かな僕の父親と同レベルです。

論理的に考えて、安全性に寄与する案件について歪んだ「常識」を振りかざすというのは、危険なことです。 彼ら、彼女らは「世の中の流れ」の中で、かつての主張を忘れたかのように、知らん顔をして今では当たり前のように、シートベルトを装着し、レッスン中にヘルメットを装着しています。 こういう場合、日本語には適当な言葉があります。 「恥を知れ」
常識的に、冷静に考えれば、クルマの運転、スキーの滑走というのは危険な行為です。 そのような前提よりも、 プレイヤーとしての非常につまらない「歪んだプライド」が優先する人たちを僕は「絶滅推奨種」と呼んでいます。 自動車運転やスポーツに限ったことではありませんが・・・

FullSizeRender

清里フォトアートミュージアムで毎年開催されているヤングポートフォリオ展。今年で20周年だそうです。僕は10年以上欠かさず見ているので、比較的熱心なファンだと思っています。35歳まで、という応募資格以外の縛りが無く、テーマ、国籍、なんでもありの写真コンテストというは珍しいと思います。入選作品はミュージアムが買い取ります。 コンテストの性格上、入選作品のタイプ、テーマ、印象は多岐に渡るのですが、僕が十数年見てきたかぎり、作品の傾向には明らかな流れがあるように感じます。 写真芸術を語る言葉、単語に関して僕には知識が無いので、表現が難しいのですが、アーティスティックな、意図的に作りこんだ作品が極端に減っているのです。 単純に言うと「現実には無いであろう風景」の写真が無くなってきているのです。 典型的な例としては、モデルにポーズをさせた写真、人工的にモノやヒトを配置した写真などがそれにあたります。 言い方を変えれば、入選作のほとんどが、「現実の風景を切り取る」という写真というテクノロジーが本来持つ機能によって作られたものだということです。さらに、そのほとんどが「暗い印象」です。 「なに」が、そうさせるのか? 写真芸術を目指す人たちの中に何が芽生えているのか、何かが変わってきているのか? もちろん 僕には知る由もありません。 
ただ、ちょっと寂しくもあります。 僕が大好きだった2004年の入選作。ドイツの写真家 ヤン・フォン・ホレベンは、見る人の表情をゆるませる楽しい作品を今でも数多く作っています。
in_1408-hosoetsuzuki-photo11_l

橋下徹さんの残した功績は、明確なアジェンダセッティングだったと思います。 アジェンダセッティングは、マスメディア論として語られる事が多いのですが、突き詰めていくと政治というのはアジェンダセッティングそのものだということを彼は示したのだと思います。橋下さんのやり方を批判するのは容易だけれど、政治は生活の為に有り、生活は政治というシステムを手段としているということを明確に示した功績は大きいと思います。 大阪という巨大都市において高い投票率を示し、僅差の結果となった住民投票。この事を学者、評論家、官僚、その他賢い人たちは、きちんと総括してほしい。 これは憲法改正にもつながる極めて有効な事例だからです。 住民投票は選挙とは異なりほとんど「縛り」が無いからです。
 憲法改正こそ、究極のアジェンダセッティングを必要とする案件であることは言うまでもありません。

9e05ee51af053429209601856b582409-e1427559878248

アジアインフラ投資銀行のことが新聞記事にならない日は無い、というほどですが、やはりこの案件には手を出さない方が良いと感じます。既存の投資銀行があるではないか、という言説や、中国主導に関する嫌悪感というのは、心情的にはわかるのですが、本質的な論議ではないと思います。 専門家にはバカにされると思いますが、そもそも銀行とは、信用創造機関、つまり実際のお金よりも流通する通貨をなんとなく増やしてしまうという謎の組織です。 習近平のブレーンは優秀だと思います。 インフラ投資というのは建前で、世界的に見れば流通量が極小の「元」という通貨流通を増やすことが目的なのではないかと僕は勘ぐってしまいます。 これがうまくいけば中国にとって強力な武器です。
 イギリスの参加が諸外国参加の引き金になったと報じられています。それはそうかもしれませんが、イギリスというのはもっとしたたか。金融システムのものすごく深いところまで理解して作戦を立てていると思います。いざとなったら「撤退」、そして、このシステムを形骸化するくらいの根回しができるのがイギリスという国です。 ちょっと景気がよいから「乗った」というレベルでは無いはずです。


ふと思い出しました。 若い頃、短い間でしたがクルマの補修用部品輸出の決済条件審査や実務をやっていたことがあります。 南米や東南アジアの決済で、世界銀行やアジア開発銀行の融資によって買うという商売がいくつかあり、超面倒くさかったことを、今思い出しました。 ほんと勘弁してくれってほど面倒くさかった。

_SY470_

当代随一などという言葉は、普段使いません。 が  この人のベースを聞くと使わざるを得ない。 アビシャイ・コーエン  ドラムよりもピアノよりもモノを言うベース。 すごい。 若いドラマーもすごかったな。 なぜ 空席があるのか不思議でした。

FullSizeRender

芸術新潮の2013年10月号は「スヌーピーのひみつ」という特集でした。そこに掲載されている大好きな写真が上の写真です。出来上がった作品に微笑むシュルツ。作品制作中の写真もあるのですが、なんと、シュルツはセリフを書いてから絵を書くのです。 この特集には、作者やピーナッツのキャラクターに関する興味深い記事が多く、先ほど再読しました。この頃、森美術館で開催された「スヌーピー展」に合わせた特集号でした。小説家、情報科学者、文化人類学者、グラフィックデザイナーなどの興味深い文章が掲載されており、どれも、如何に自分がピーナッツに影響を受けたか、そして今も愛しているかを語っています。 寄稿者は全て男性であり、その論調がいかにも「男性的」なのが、ちょっと微笑ましい。
 僕はアメリカに住んだことはありませんが、アメリカに暮らした友人に聞くと、大都市と農村の間に存在する小規模な街をアメリカ英語では「スモールタウン」と言うそうです。高層ビルや地下鉄は無いけれど、畑が広がっているわけではない。富裕層の豪邸街も貧困層のスラムもない。どちらかと言えば白人の人口比率が高く、リベラルにも保守にも偏っていない。そんなイメージがスモールタウンだそうです。 ピーナッツは、子供と犬しか登場しないスモールタウンの凡庸な日常です。 それが一種の普遍的な「良いアメリカ」を描く結果となったのでしょう。 僕の偏見ですが、日本では女性にキャラクターとしてのスヌーピーファンが多く、男性にピーナッツファンが多いような気がします。 それは、たぶんルーシーにやられっぱなしのチャーリー・ブラウンの影響だと思います。

 チャーリー・ブラウンのお父さんが床屋さんであることを知っている人は意外と少ないと思います。 作者の父がスモールタウンで床屋さんを営むドイツ系移民だったからです。

514HG6EYHCL
71lXoE3lPSL

杉浦日向子さんが突然なくなって10年。 僕と同じ1958年生まれなので、ご存命であれば今56歳でした。 彼女には様々な肩書がありましたが、僕にとっては優れた漫画家です。 一方極めて優秀な時代考証家としても有名です。江戸時代の衣装、美術、庶民の暮らしぶりや時間感覚、言葉、食事、さらには経済、公共事業、云々・・ 正確な考証と生き生きとした表現は、多くの小説家、美術関係者、メディア関係者などに高く評価されていたと記憶しています。 漫画作品は多くはなく、すべて小品で地味なものです。 賞を受けた作品でもベストセラーという訳ではありませんでした。 ただ、作品の全てが、その時代に生きていた市井の人々の息づかい、懸命な暮らしぶり、ユーモア、悲哀・・が感じられるものです。 これは彼女の考証の紛うことなき正確さに支えられた「ディテイル」が生み出していると思います。 ちょっと使い方はおかしいかもしれませんが「神は細部に宿る」とは言い得て妙ですね。

没後10年と関係があるのかは分かりませんが、これまで映像化されていなかった彼女の漫画が2作、今年映画として発表されます。 「百日紅(さるすべり)」はアニメ映画として封切られました。期待を裏切らない良い作品でした。 秋には「合葬(がっそう)」が実写映画として封切られます。

11038787_793314830758424_4781567073493487091_n

低い投票率に終わった統一地方選挙。 一般論ではありますが、今のシステム下で、投票行動を起こさない人は、自分がなんとなく安住しているシステム、もしくは不満を持っているシステムに関して意見を言う権利と機会を放棄しているということに自覚的なのでしょうか? 
 横浜市議会議員として4期目の当選を果たしたOさんは、20歳代でサラリーマンをやめて横浜市議会議員選挙に出馬しました。 収入がなくなってからの選挙戦はなかなかたいへんで、選挙戦に突入したころは、蓄えも底をついていたようです。初当選のあと、「これで生活ができる。パソコンも買える」と言っていたのが印象的でした。横浜市議は月収95万円。月々の政務活動費は55万円。 
 彼は、初めての選挙戦から今にいたるまで、12年以上に渡り毎月かかさずチラシを作って街頭で配ったり、ポスティングをしています。 それも自分で。 チラシには政務活動費の明細が必ず記載されており、彼の最近の活動を報告しています。 僕には面識のある横浜市議会議員は居ませんが、名前と顔が一致するのはOさんだけです。 彼の写真が載っているチラシを読んでいるからです。 Oさんは今回の選挙で選挙区内の40%の得票を得ました。 支持基盤とか、応援する団体などを持たない人が圧倒的なトップ当選なのです。 僕は彼の政治的な立場や活動の成果について評価できるほどの見識はありません。 ただ、愚直に、毎月チラシを作って配っていることは知っています。

29af9cf9-b398-4ee4-883d-27eee79723d5

しばらく連絡を取っていなかった友人に、バンクバーから一時帰国する共通の友人の事を知らせようと思いました。それとスタンドアップパドルにも興味があったので教えてもらおうと思いました。彼は僕のスキーの先輩。早くからスノーボードもやっていて、平塚のロコサーファー。 神奈川県スキー連盟でも専門委員を担当していた人です。 好奇心旺盛な超元気オヤジ。
 彼のフェイスブックに「追悼」の文字。  んんん? なんと カイトスノーボードの最中の転倒で亡くなったとのこと。 彼らしいと言えば怒られるかもしれませんが、SUPのレッスンを受けられなかったのは残念! 今となってはご冥福をお祈りするのみです。

無題131

2015年4月号のナショナル・ジオグラフィック日本語版の表紙は懐かしい植村直己さんの写真です。日本人のエキスプローラー特集です。 ある範囲を逸脱して探求する人、冒険する人というのは必ずしも肉体を使ったアドベンチャーだけではなく、学術、芸術、科学技術、職人としての仕事、ビジネスなどなど、どの分野にも存在するのですが、やはり、その象徴として表紙を飾るのはこの人だと思います。 この写真はナショナル・ジオグラフィック誌もサポートしていた犬ぞりでの北極点到達をレポートした時の写真です。日本人がこの雑誌の表紙を飾ったのは、これが初めてでした。北極でこの写真を撮影したアイラ・ブロックは、この写真とともに植村という人間に深く魅了されたことを後に語っています。

 この素晴らしい特集の内容は、実際に読んでいただくとして、実は植村直己生存説を唱える愉快な知人の事を思い出したので書いてみたいと思います。

H氏とは、一ヶ月くらいの付き合いでした。夏のスキー場のリフト係は、なかなか忙しく、その年 僕は繁忙期のみアルバイトとして働いていました。H氏は当時僕と同じく40歳代後半だったと思います。彼は冬は白馬山麓の某スキー場で圧雪の仕事をしていました。夏は缶詰工場で働いていたのですが、その工場が閉鎖となり夏の職を求めて夏の清里のスキー場へ来たそうです。彼は極めて博識で、プロスポーツや登山や文学作品に極めて深い洞察を持っていたので、僕は舌を巻きながら彼との会話がいつも楽しみでした。関西出身の彼と、兵庫出身、伝説の登山家 加藤文太郎の話をしました。 その後、僕はコミック版の「神々の山嶺」夢枕獏作品を貸してあげました。たいそう喜ばれました。 加藤文太郎つながりで、話が植村直己におよびました。 その時、彼の「植村直己 生存説」を聞き、ちょっと感動しました。 

H氏は、当時の状況として植村氏の奥様や周囲の友人の発言、インタビュー記事を例に話をしました。実は、僕もH氏の引用するインタビュー記事のいくつかを読んでいたので、激しく同意しました。植村氏は北極犬ぞり到達以降、スター探検家としてマスコミに取り上げられるようになりました。そのことを植村氏本人は素直に喜んでいたそうですが、一方でビジネスとして大掛かりになる冒険について悩んでいたそうです。 それはたぶん事実です。 そこで彼はマッキンリーの登頂後、消息をわざと絶ち、証拠を残さないように、っていうか いかにも遭難したっぽい状況(登頂の痕跡を残しながら最終キャンプに物品を残す等)を演出して下山したというのです。彼はグリーンランドのエスキモーとの生活体験も長く知古もあります。そしてサバイバルの術に長けた強靭な肉体とどう見てもエスキモー、モンゴロイドのイヌイットにしか見えない容姿。 H氏は、「小林さん、彼はエスキモーの長老として尊敬されて、今も狩猟生活をしていると思います。マッキンリーは計画的な脱走だったんですよ。」

超説得力があって、おいちゃんは感動しました。 たしかに植村さん、どうみてもエスキモーだし
かれの遺体は発見されていません。 正式には「行方不明」です。

四桁までの素数は、1229個あります。1229も素数です。 双子素数が次々に現れる「感じ」が、素敵ですね。 2013年、20代と30代の若き数学者が、それぞれ単独で素数に関する新しい定理を証明して世界を驚かせました。 「どんなに大きな整数でも、600個ごとに区切ると素数が2個含まれる場合がある。必ず2個あるわけではないが、2個の素数が含まれる600個ごとの区間は無限に存在する」  つまり、宇宙の大きさに匹敵するほどの巨大な整数列でも、600個に1個は絶対に素数があるって、すごいですよね。クラクラします。 2 3 5 7 11 13 17 19 23 29 31 37 41 43 47 53 59 61 67 71 73 79 83 89 97 101 103 107 109 113 127 131 137 139 149 151 157 163 167 173 179 181 191 193 197 199 211 223 227 229 233 239 241 251 257 263 269 271 277 281 283 293 307 311 313 317 331 337 347 349 353 359 367 373 379 383 389 397 401 409 419 421 431 433 439 443 449 457 461 463 467 479 487 491 499 503 509 521 523 541 547 557 563 569 571 577 587 593 599 601 607 613 617 619 631 641 643 647 653 659 661 673 677 683 691 701 709 719 727 733 739 743 751 757 761 769 773 787 797 809 811 821 823 827 829 839 853 857 859 863 877 881 883 887 907 911 919 929 937 941 947 953 967 971 977 983 991 997 1009 1013 1019 1021 1031 1033 1039 1049 1051 1061 1063 1069 1087 1091 1093 1097 1103 1109 1117 1123 1129 1151 1153 1163 1171 1181 1187 1193 1201 1213 1217 1223 1229 1231 1237 1249 1259 1277 1279 1283 1289 1291 1297 1301 1303 1307 1319 1321 1327 1361 1367 1373 1381 1399 1409 1423 1427 1429 1433 1439 1447 1451 1453 1459 1471 1481 1483 1487 1489 1493 1499 1511 1523 1531 1543 1549 1553 1559 1567 1571 1579 1583 1597 1601 1607 1609 1613 1619 1621 1627 1637 1657 1663 1667 1669 1693 1697 1699 1709 1721 1723 1733 1741 1747 1753 1759 1777 1783 1787 1789 1801 1811 1823 1831 1847 1861 1867 1871 1873 1877 1879 1889 1901 1907 1913 1931 1933 1949 1951 1973 1979 1987 1993 1997 1999 2003 2011 2017 2027 2029 2039 2053 2063 2069 2081 2083 2087 2089 2099 2111 2113 2129 2131 2137 2141 2143 2153 2161 2179 2203 2207 2213 2221 2237 2239 2243 2251 2267 2269 2273 2281 2287 2293 2297 2309 2311 2333 2339 2341 2347 2351 2357 2371 2377 2381 2383 2389 2393 2399 2411 2417 2423 2437 2441 2447 2459 2467 2473 2477 2503 2521 2531 2539 2543 2549 2551 2557 2579 2591 2593 2609 2617 2621 2633 2647 2657 2659 2663 2671 2677 2683 2687 2689 2693 2699 2707 2711 2713 2719 2729 2731 2741 2749 2753 2767 2777 2789 2791 2797 2801 2803 2819 2833 2837 2843 2851 2857 2861 2879 2887 2897 2903 2909 2917 2927 2939 2953 2957 2963 2969 2971 2999 3001 3011 3019 3023 3037 3041 3049 3061 3067 3079 3083 3089 3109 3119 3121 3137 3163 3167 3169 3181 3187 3191 3203 3209 3217 3221 3229 3251 3253 3257 3259 3271 3299 3301 3307 3313 3319 3323 3329 3331 3343 3347 3359 3361 3371 3373 3389 3391 3407 3413 3433 3449 3457 3461 3463 3467 3469 3491 3499 3511 3517 3527 3529 3533 3539 3541 3547 3557 3559 3571 3581 3583 3593 3607 3613 3617 3623 3631 3637 3643 3659 3671 3673 3677 3691 3697 3701 3709 3719 3727 3733 3739 3761 3767 3769 3779 3793 3797 3803 3821 3823 3833 3847 3851 3853 3863 3877 3881 3889 3907 3911 3917 3919 3923 3929 3931 3943 3947 3967 3989 4001 4003 4007 4013 4019 4021 4027 4049 4051 4057 4073 4079 4091 4093 4099 4111 4127 4129 4133 4139 4153 4157 4159 4177 4201 4211 4217 4219 4229 4231 4241 4243 4253 4259 4261 4271 4273 4283 4289 4297 4327 4337 4339 4349 4357 4363 4373 4391 4397 4409 4421 4423 4441 4447 4451 4457 4463 4481 4483 4493 4507 4513 4517 4519 4523 4547 4549 4561 4567 4583 4591 4597 4603 4621 4637 4639 4643 4649 4651 4657 4663 4673 4679 4691 4703 4721 4723 4729 4733 4751 4759 4783 4787 4789 4793 4799 4801 4813 4817 4831 4861 4871 4877 4889 4903 4909 4919 4931 4933 4937 4943 4951 4957 4967 4969 4973 4987 4993 4999 5003 5009 5011 5021 5023 5039 5051 5059 5077 5081 5087 5099 5101 5107 5113 5119 5147 5153 5167 5171 5179 5189 5197 5209 5227 5231 5233 5237 5261 5273 5279 5281 5297 5303 5309 5323 5333 5347 5351 5381 5387 5393 5399 5407 5413 5417 5419 5431 5437 5441 5443 5449 5471 5477 5479 5483 5501 5503 5507 5519 5521 5527 5531 5557 5563 5569 5573 5581 5591 5623 5639 5641 5647 5651 5653 5657 5659 5669 5683 5689 5693 5701 5711 5717 5737 5741 5743 5749 5779 5783 5791 5801 5807 5813 5821 5827 5839 5843 5849 5851 5857 5861 5867 5869 5879 5881 5897 5903 5923 5927 5939 5953 5981 5987 6007 6011 6029 6037 6043 6047 6053 6067 6073 6079 6089 6091 6101 6113 6121 6131 6133 6143 6151 6163 6173 6197 6199 6203 6211 6217 6221 6229 6247 6257 6263 6269 6271 6277 6287 6299 6301 6311 6317 6323 6329 6337 6343 6353 6359 6361 6367 6373 6379 6389 6397 6421 6427 6449 6451 6469 6473 6481 6491 6521 6529 6547 6551 6553 6563 6569 6571 6577 6581 6599 6607 6619 6637 6653 6659 6661 6673 6679 6689 6691 6701 6703 6709 6719 6733 6737 6761 6763 6779 6781 6791 6793 6803 6823 6827 6829 6833 6841 6857 6863 6869 6871 6883 6899 6907 6911 6917 6947 6949 6959 6961 6967 6971 6977 6983 6991 6997 7001 7013 7019 7027 7039 7043 7057 7069 7079 7103 7109 7121 7127 7129 7151 7159 7177 7187 7193 7207 7211 7213 7219 7229 7237 7243 7247 7253 7283 7297 7307 7309 7321 7331 7333 7349 7351 7369 7393 7411 7417 7433 7451 7457 7459 7477 7481 7487 7489 7499 7507 7517 7523 7529 7537 7541 7547 7549 7559 7561 7573 7577 7583 7589 7591 7603 7607 7621 7639 7643 7649 7669 7673 7681 7687 7691 7699 7703 7717 7723 7727 7741 7753 7757 7759 7789 7793 7817 7823 7829 7841 7853 7867 7873 7877 7879 7883 7901 7907 7919 7927 7933 7937 7949 7951 7963 7993 8009 8011 8017 8039 8053 8059 8069 8081 8087 8089 8093 8101 8111 8117 8123 8147 8161 8167 8171 8179 8191 8209 8219 8221 8231 8233 8237 8243 8263 8269 8273 8287 8291 8293 8297 8311 8317 8329 8353 8363 8369 8377 8387 8389 8419 8423 8429 8431 8443 8447 8461 8467 8501 8513 8521 8527 8537 8539 8543 8563 8573 8581 8597 8599 8609 8623 8627 8629 8641 8647 8663 8669 8677 8681 8689 8693 8699 8707 8713 8719 8731 8737 8741 8747 8753 8761 8779 8783 8803 8807 8819 8821 8831 8837 8839 8849 8861 8863 8867 8887 8893 8923 8929 8933 8941 8951 8963 8969 8971 8999 9001 9007 9011 9013 9029 9041 9043 9049 9059 9067 9091 9103 9109 9127 9133 9137 9151 9157 9161 9173 9181 9187 9199 9203 9209 9221 9227 9239 9241 9257 9277 9281 9283 9293 9311 9319 9323 9337 9341 9343 9349 9371 9377 9391 9397 9403 9413 9419 9421 9431 9433 9437 9439 9461 9463 9467 9473 9479 9491 9497 9511 9521 9533 9539 9547 9551 9587 9601 9613 9619 9623 9629 9631 9643 9649 9661 9677 9679 9689 9697 9719 9721 9733 9739 9743 9749 9767 9769 9781 9787 9791 9803 9811 9817 9829 9833 9839 9851 9857 9859 9871 9883 9887 9901 9907 9923 9929 9931 9941 9949 9967 9973


「生誕三百年 同い年の天才絵師」というコピーが添えられた展覧会を見てきました。 蕪村は、「美術教科書」的に言えば文人画、俳画と呼ばれるジャンルの天才。国宝、重文数知れず。 一方、若冲の再評価は戦後になってからと言ってもよく、僕を含むほとんどの一般人に注目されたのは米国のプライスコレクションを多く展示した2000年の京都国立博物館での展覧会以降だと思います。
 今回の展示は、同時代を生きた二人の作品の展示に加え、彼らに影響を与えたであろう他の作家の作品についても丁寧に説明されています。 鶴亭作の四君子図(水墨の絵巻)など、初めて見ましたが釘付けでした。 この二人は、おそらく当時としては長寿だったと思います。そして二人の作品が、人生の後半になるに従ってその勢いがどんどん増してくることに共通点を感じました。生前より名声を得、共通の交友関係者もあり、さらに晩年は至近距離、京都の烏丸近くに同じく居を構えていながら、交友を示す証拠、お互いを論評する記録などが全く見つかっていないというのが、すこしミステリーという感じがします。 たのしい展示でした。
 
※今回はエツコ&ジョー・プライスコレクションは無かったようですが、東日本大震災の復興支援のために、展覧会、DVDの収益を寄付しているプライス氏の活動には頭が下がります。

 今西錦司を祖とする京都大学の霊長類研究には、西欧の科学とは全く異なるアプローチがあります。 観念的、存在論的な「人間」感から離れられない西欧文化とは異なり、動物行動の本質を突き詰めることにあります。 猿と人間は同じだという前提で西欧の人々は研究をしません。 ところが京大は、「同じだ」という前提で人間の本質に迫ろうとします。彼が京大の総長になったことは、とても象徴的です。 優秀な霊長類をたくさん育てる責務、 適任だと思います。素晴らしいスピーチです。
image

【京都大学入学式 式辞 全文】 
本日、京都大学に入学された3,002名の皆さん、入学誠におめでとうございます。ご列席の理事、副学長、学部長、部局長、および教職員とともに、皆さんの入学を心よりお祝い申し上げます。同時に、これまでの皆さんのご努力に敬意を表しますとともに、皆さんを支えてこられましたご家族や関係者の皆さまにお祝い申し上げます。

 4月は桜の季節であるとともに、さまざまな木々が芽吹き、新緑が山々を彩る季節でもあります。豊かな水に恵まれた琵琶湖の近くに位置し、盆地に育つ湿気に富んだ森に囲まれた京都では、とりわけこの鮮やかな色彩が目に映り、心を躍らせます。教育の場だけでなく、多くの職場がこの季節に新しく参加する人々を迎えるのには、この自然の背景が大きな影響を与えているのだろうと思います。それまで冬の寒さに縮こまり、凍った心や身体を解き放ち、すべての生物がいっせいに活動を始める。その勢いに誰もが同調して、世の中が騒がしく、活気づくようになり、自らも思わず背筋を伸ばして歩を早める。それが勉学や仕事の開始に合っていると、多くの人々が考えているのだろうと思います。
 しかし、4月を別の感情でとらえた詩人がいます。英詩の最大の傑作といわれる「荒地」Waste landという詩の冒頭で、詩人トーマス・エリオットはこう歌い上げます。

April is the cruellest month, breeding
Lilacs out of the dead land, mixing
Memory and desire, stirring
Dull roots with spring rain.
Winter kept us warm, covering
Earth in forgetful snow, feeding
A little life with dried tubers.

この詩は第1次世界大戦の後に書かれ、引用したのは西洋文明の病んだ姿と人間社会の荒廃をWaste landになぞらえて描写した冒頭の部分です。英国にも日本と同じような四季があります。多くの詩人は4月を生気に満ちた恵みの季節として歌いあげるのですが、エリオットは荒々しく無情で残酷な季節と詠んだのです。長い間、私はその情景がよくわかりませんでしたが、この1月末に英国を訪問し、その冬の有様を体験して、おぼろげながらこの詩の背景が見えたような気がしました。ロンドンから車でブリストルへ、ふたたびロンドンへ戻った後、ケンブリッジへと電車で向かったのですが、風景にほとんど緑がなかったのです。木々はすべて葉を落とし、牧場は枯れ草で茶色に染まり、冷たい雨が途中で雪に変わりました。しかも、私が驚いたのは一面に吹き渡る風の強さです。途中でストーン・ヘンジという奇妙な環状列石のある場所へ立ち寄りました。ここは紀元前8000年ほど前から人々が住み着き、自然の脅威を克服しながらその恵みを糧とし、さまざまな文化を発展させてきた場所です。私は、立っていられないほどの強風にあおられ、寒さで顔を硬直させながら、昔の人々はいったいどうやってこの寒風を凌いだのだろうと思いました。ミュージアムの脇に古い住居が復元されていましたが、それは頑丈な木を組み合わせ、強靭な土壁で強風を防いで火を焚き、中で冬芽のように人々が閉じこもる作りになっていました。英国の人々がやがて石造りの家を作るようになった気持ちがわかるような気がします。冬は石の壁で寒風を遮断し、暖炉の火に照らされながらさまざまな思いをつむぐ季節なのです。

 しかし、日本の冬は違います。日本列島は南北に長く、亜熱帯の植物が茂る沖縄から流氷に見舞われる北海道まで多様な気候のもとに人々は暮らしています。深い雪に閉ざされた地域では、冬は英国のように炉辺で人々が手仕事や話に興じる季節でもあります。しかし、まるで背骨のように続く山脈が列島の中央にそびえるために、強い風に見舞われることは少なく、暖流が洗う海岸部では常緑樹が発達していて冬にも葉を落としません。ナンテン、マンリョウなど冬に実をつける木々もあり、多くの鳥たちが舞い降ります。冬の只中に正月や節分の賑やかな行事があり、華やいだ気分を人々に運びます。そして、啓蟄を迎えて草花が顔を出し、虫たちが活動を始める3月という助走の時期をはさんで、桜が満開の4月を迎えるのです。こうした自然の織り成す季節の綾は、人々の心やその形である文化に大きな影響を与えてきました。それを、かつて京都大学で教鞭をとった哲学者和辻哲郎は風土という言葉で表現しました。日本の思想や文化は、この多様な気候を背景とし、穏やかで鮮やかな色が織り成す自然の下で育まれてきたのです。

 ただ、エリオットの言うように、4月は開こうとしている蕾によって、過去のさまざまな記憶に潜む可能性の喪失を意味する時期かもしれません。大学という学びの国に入るということは、皆さんが自分に合った道を選び、自分の能力をその道に沿って鍛えていくということに他ならないからです。大学は、これまで皆さんが経験してきたような、既存の知識を蓄積し、正しい答えを見つける時間を競う場所ではありません。世界はまだ答えのない課題、複数の答えがある課題に満ちています。しかも、めまぐるしく動きを変える現代の社会では、過去に出された解決策が通用しなくなり、それを現代の条件や要請に合わせて再検討して、新しい答えを出さねばならないことも多くなっています。皆さんがこれから歩む道は、過去に人々が歩んできた道とは異なっているかもしれません。しかし、新しい道を切り開くためには、先人たちの歩みをたどり、それを教訓として現在の課題を克服する創造力が必要です。

 京都大学は1897年の創立以来、その学びの場を提供してきました。対話を根幹とした自由の学風のもと自主独立と創造の精神を涵養し、多元的な課題の解決に挑戦し、地球社会の調和ある共存に貢献すべく、質の高い高等教育と先端的学術研究を推進してきました。これまでに9人のノーベル賞と2人のフィールズ賞をはじめとする数多くの国際賞の受賞者を輩出し、昨年も赤勇 先生のノーベル物理学賞、森和俊 先生のラスカー賞、稲葉カヨ 先生のロレアル−ユネスコ女性科学賞などの受賞が相次ぎました。これは、京都大学が世界をリードする研究を実施してきた証です。これからも学問を志す人々を広く国内外から受け入れ、国際社会で活躍できる能力を養うとともに、多様な研究の発展と、その成果を世界共通の資産として社会に還元する責務を果たしていこうと思います。

 現代は国際化の時代といわれます。多くの国々から大量の物資や人々が流入し、日本からも頻繁に出て行きます。自然資源に乏しいわが国は先端的な科学技術で人々の暮らしを豊かにする機器を開発し、次々にそれを世界へと送り出してきました。海外へと進出する日本の企業や、海外で働く日本人は近年急激に増加し、日本の企業や日本で働く外国人の数もうなぎのぼりに増加しています。そうした中、大学ではグローバル化した社会の動きに対応できる能力や国際的に活躍できる人材を育ててほしい、という要請が強まっています。昨年、ある企業が企業の人事担当を対象に行った新卒社員の出身大学のイメージ調査では、京都大学が総合評価で1位となりました。とくに、知力・学力、そして独創性では高い得点を取りました。しかし、対人力では低く、人間関係を作る上で能力が伸びないことが指摘されています。たしかに、私の目から見ても昨今の学生は自己を提示して、相手に理解できるように話題を展開し、目的に沿って交渉をまとめる力が弱いように感じられます。これから国際的な交渉の場で力を発揮するには、日本はもちろんのこと、諸外国の自然や文化、歴史に通じ、相手に応じて自在に話題を展開できる広い教養を身につけておかねばなりません。理系の学問を修めて技術畑に就職しても、国際的な交渉のなかで多様な文系の知識が必要になるし、文系の職に理系の知識が必要な場合も多々あります。世界や日本の歴史にも通じ、有識者たりうる質の高い知識を持っていなければ、国際的な舞台でリーダーシップを発揮できません。そのために、今、大学は外国語の能力(読・書・聞・話)の向上を図り、質の高い基礎・教養教育を徹底する必要があります。京都大学は、2013年度に全学共通教育を一元的に所掌する国際高等教育院を立ち上げ、全学の教員の協力のもと質の高い基礎・教養教育の実践システムを組み上げてきました。学問の多様性や階層性に配慮し、クラス配当科目やコース・ツリー(専門科目へつなぐ基礎・教養科目の組み合わせ)などを考案し、教員との対話や実践を重視したセミナーやポケットゼミを配置しています。外国人教員の数も大幅に増やし、学部の講義や実習も英語で実施する科目を配置しました。すでに大学院の授業やゼミは英語や他の外国語で行うことが多くなっているので、今後は基礎教育、専門教育、大学院教育を緩やかにつなぎ、国際化に対応した教育をシームレスに実施する工夫を行っていこうと考えています。

 昨年の10月に総長に就任して以来、私は京都大学が歩む指針としてWINDOW構想を立ち上げました。大学を社会や世界に通じる窓として位置づけ、有能な学生や若い研究者の能力を高め、それぞれの活躍の場へと送り出す役割を大学全体の共通なミッションとして位置付けたいと思ったからです。大学の教育とは知識の蓄積と理解度だけを向上させるものではなく、既存の知識や技術を用いていかに新しい発想や発見が生み出されるかを問うものです。その創造の精神を教職員と学生が一体となって高めるところにこそ、イノベーションが生まれるのです。すべての学生が同じ目標に向かって能力を高めてもイノベーションには結び付きません。違う能力が出会い、そこで切磋琢磨する場所が与えられることによって、新しい考えが生み出されていくのです。京都大学は単に競争的な環境を作るのではなく、分野を超えて異なる能力や発想に出会い、対話を楽しみ協力関係を形作る場を提供していきたいと考えています。そういった出会いや話し合いの場を通じてタフで賢い学生を育て、彼らが活躍できる世界へ通じる窓を開け、学生たちの背中をそっと押して送り出すことが、私たち京都大学の教職員の共通の夢であり目標なのです。

 その窓にちなんで、WINDOWという標語を作りました。WはWild and Wiseです。すなわち野生的で賢い学生を育てようという目標です。現代の学生は内にこもりがちで、IT機器を常時持ち歩き、狭い範囲の仲間と常につながりあう傾向にあると言われています。そのため、自己決定ができない、ひとりよがりの判断でよしとする風潮が広がりつつあります。正しく、賢い選択をするためには、情報を正しく読み、自分ばかりでなく他者の知識や経験を総動員して自己決定する意思を強く持つことが必要です。大学キャンパス以外にもこうした対話と実践の場を多く設け、タフで賢い学生を育てようと考えています。

 IはInternational and Innovativeです。国際性豊かな環境の中で、常に世界の動きに目を配り、世界の人々と自由に会話をしながら、時代を画するイノベーションを生み出そうとする試みです。海外の大学や研究機関、産学官民を通じた多様な交流を通じて、この動きを作り出そうと考えています。

 NはNatural and Nobleです。京都大学は、三方を山に囲まれた千年の都に位置し、自然や歴史の景観に優れた環境にあります。昔から京都大学の研究者は、これらの豊かな環境から多くの新しい発想を育んできました。哲学の道を散策しながら練り上げられた西田哲学、北山登山から生まれた霊長類学など、世界に類のない新しい発想や学問を生み出してきたのも京都のこうした環境によるところが大きいと言えましょう。また、京都の市民も京都大学の学生に古くから親しみ、ときには教育的な配慮をもって接してきました。京都大学の学生の高い品格や倫理観は京都の自然と社会的環境によって醸成されてきたと思います。今後もこの伝統を受け継ぎながら、新しい時代に適合しつつそれを先導するような精神を培っていきたいと考えています。

 DはDiverse and Dynamicです。グローバル時代の到来で、現代は多様な文化が入り混じって共存することが必要になりました。これまで強みを発揮してきた日本の均質性は、国際競争が激化する現代ではときとして創造力を弱め、イノベーションの育成を阻んでいると言われます。京都大学は多様な文化や考え方に対して常にオープンで、自由に学べる場所でなければならないと思います。一方、急速な時代の流れに左右されることなく、自分の存在をきちんと見つめ直し、悠久の歴史の中に自分を正しく位置づけることも重要です。京都大学はそれを保証する静謐な学問の場を提供したいと思っています。

 OはOriginal and Optimisticです。これまでの常識を塗り替えるような発想は、実は多くの人の考えや体験を吸収した上に生まれます。そのためにはまず、素晴らしいと感動した人の行為や言葉をよく理解し、仲間とそれを共有し話し合いながら、思考を深めていく過程が必要です。自分の考えに行き詰まったり、仲間から批判されて悲観しそうになったりしたとき、それを明るく乗り越えられるような精神力が必要です。失敗や批判に対してもっと楽観的になり、それを糧にして異色な考えを取り入れて成功に導くような能力を涵養しなければなりません。京都大学にその機会をなるべくたくさん作るように環境を整えようと思っています。

 最後のWはWomen and Wishです。これからは女性が輝き、活躍する時代です。今日入学した皆さんの703名が女性であり、これは全入学生の23.4%にあたります。女性が増え、女性からの発想や観点によって新しい研究が始まれば、世界は変わります。私が行ってきた霊長類学でも、50年前はオスの優劣順位や敵対行動、社会構造がテーマとされていましたが、近年女性研究者の割合が増え、繁殖戦略やパートナーの選択、他者をいたわる行動が人気のあるテーマになっています。京都大学はこれから、勉学に打ち込める環境作り、女性に優しい施設づくりを実施していきます。

 このように、京都大学は教育・研究活動をより充実させ、学生の皆さんが安心して充実した生活を送ることができるよう努めてまいりますが、そのための支援策として京都大学基金を設立しています。本日も、ご家族の皆さまのお手元には、この基金のご案内を配布させていただいていますが、ご入学を記念して特別な企画も行っています。ぜひ、お手元の資料をご覧いただき、ご協力をいただければ幸いです。
 最後に、私の大好きな谷川俊太郎の詩を贈ります。私が学生時代に出会った詩で「朝」と題するものです。

また朝が来て僕は生きていた
夜の間の夢をすっかり忘れてぼくは見た
柿の木の裸の枝が風にゆれ
首輪のない犬が陽だまりに寝そべってるのを

百年前ぼくはここにいなかった
百年後ぼくはここにいないだろう
あたり前の所のようでいて
地上はきっと思いがけない場所なんだ

いつだったか子宮の中で
ぼくは小さな小さな卵だった
それから小さな小さな魚になって
それから小さな小さな鳥になって

それからやっとぼくは人間になった
十ヶ月を何千億年もかかって生きて
そんなこともぼくら復習しなきゃ
今まで予習ばっかりしすぎたから

今朝一滴の水のすきとおった冷たさが
ぼくに人間とは何かを教える
魚たちと鳥たちとそして
僕を殺すかもしれないけものとすら
その水をわかちあいたい


 私はこの詩に、悠久の宇宙と、生物の世界と、そして人間の歴史を感じます。それは大いなる不思議に満ちています。皆さんが京都大学でその世界に遊び、楽しまれることを願ってやみません。
 ご入学、誠におめでとうございます。

image
image

二玄社から出版されたこの本の存在は知っていました。さらには一昨年の末、著者ご自身から私のブログに書き込みがあったにもかかわらず、ご返事もせず心苦しく思っていました。 昨日この本を手に取り、先ほど読了いたしました。 
 この本は「序章」においてプリンス自動車という会社の生い立ちや風土、その他のエピソードについて語られています。そして、序章以降の大部分を、井上猛さんという、かなり変わったキャリアを歩んだプリンスのデザイナーを軸に、たくさんのエピソードが重層的に語られます。イタリアカロッツェリアとの仕事の様子など、門外漢の私にはとても新鮮でした。 また、貴重な写真の数々に目を見張ります。クルマの写真もさることながら、いたずらっ子みたいな若き日のジョバンニ・ミケロッティの姿も印象的です。 相当のクルマ好きにとっても、この本に記載された事柄や写真によって初めて知る事実がとても多いのではないでしょうか。 是非たくさんの人に読んでいただきたいと思います。
 この著作とは直接関係ないのですが、歳をとるとどうしても昔を懐かしむような気分になるものです。
実は、著者 板谷熊太郎氏は、日産自動車という会社で同期入社だったM君です。新人として彼が配属された部署は海外広報部門。私が配属された部署は、部品の物流、情報システムなどを企画する部門でした(当時の次長、その後部長はプリンス自動車出身)。 廊下を隔てて2つの部署は隣にありましたし、同期ということもあり、立ち話をしたり、食堂で同席したりはしましたが、ことさら親しいというほどではありませんでした。 ただ、僕は彼に影響を受けています。まだ20代半ばだったと思います。彼は覚えていないと思いますが、たしか目黒通り沿いにあったcafeで彼を含む何人かとコーヒーを飲みながら、クルマの話をしていたことを思い出します。 なんとなく私はクルマは好きでしたが、知識など小学生並。 一方M君の博識とクルマに対する思いれの深さには舌を巻きました。 カーグラフィック誌をすべて持っていること、世界中のクルマのカタログ(ショーモデルを含む)を大量に所有していること、ワンメイクレースに出ていること、などをその時初めて知りました。 漠然とですが私はその時から、いろいろなクルマに乗ってみたいと思うようになりました。 日産自動車に在籍した24年の間に、私は8台のクルマを乗り継ぎました。その内日産車は2台だけ。 ホンダの初代CR−Xを購入したのは、明らかにM君の影響だったような気がします。 彼と私はその後、仕事で関わることもなく、社内の移動を知らせる広報誌で時々名前を見かけるだけとなりました。

「プリンスとイタリア」という本。 あまり読みやすい文章、流れとは言えません。 さまざまなエピソードが時間軸も前後しながら重層的に語られるからかもしれません。しかしそのことがこの著作の価値を減ずるものではありません。 若いころ、cafeで楽しそうにクルマの話をしていたM君がやはり、そこに居るような気分になるからかもしれません。 ますますのご活躍を期待しています。


私の所属するスキー・スノーボードスクール、インストラクターのレッスンスキルは高いと思います。 それと、ギャグセンスも高いです。
大きく分けて、「言語、落語系ギャグ派」と「身体、無声喜劇映画系ギャグ派」に別れます。前者の代表が、かつて国体、技術選にも出場した「U嬢」。後者の代表が副校長です。後者は、言葉で表すことが極めて難しいので、今回は2014−2015シーズンの言語落語系ギャグのベスト2をご紹介します。

その1 状況;手伝ってくれている学生アシスタントが、「僕達も売店の商品の割引ってあるのかなぁ? けっこういい手袋とかあるよね。」などとスクールの奥で会話中。

そこで、U嬢 すこし高い、か細い声で訴えかけるように 「スタッフ割引は、あります↺」
学生爆笑!

その2 状況;午前中のレッスンの担当が決まり、常連の◯◯さんの担当は某インストラクター。インストラクター曰く「◯◯さん、なかなか癖が直らないですよねー、直ったかなぁ と思ってもすぐ戻ってしまうし・・」

そこで、ペンションを経営しているスキー名人S氏が、踊るように言いました。「レッスンごねない レッスンごねない」  わたくし、可笑しくて倒れました。

IMG_1132
IMG_1130
IMG_1126

早いもので、スキースクールで働き初めて、もう10シーズンが経過しました。なんとか無事に過してきましたし、僕のような運動神経のないオヤジでも、上手な人に混じって毎日雪上に居れば、スキーも多少はうまくなるものです。 本日、2014−2015シーズンを終了。
 今日は晴天のスキー場。 いまさらながら思うのですが、スキー場からの山の景色 国内ベスト10というコンペがあれば、このスキー場は入賞すると思います。 白馬山麓、ニセコ、志賀、戸隠、妙高、大雪山系、大山、月山、乗鞍、などなど、趣きのある山々は多々ありますが、八ヶ岳、南アルプス、富士山 という とにかくミーハー受けするメジャーどころが一望できるスキー場というのはここしかありません。
 ということでアイフォンで写真を撮って、撤収終了なり。

41C3SNK8M0L51S3YCWHVFL
410J16D1F1L

以前、盗まれたBMW・Z3には50枚のCDが積んでありました。僕は今もそうですが、音楽を聞くのはクルマの中です。クルマが無くなったのはもちろん残念でしたが、CDが無くなったことのほうがその何倍もショックでした。その後少しづつですが、無くなったCDを思い出しながら買っています。今回、ガソリンの支払いや高速道路代金で溜まったクレジットカードのポイントをアマゾンギフト券に交換して買ったのは山下達郎の「ON THE STREET CORNER」3枚。 アカペラ多重録音、山下が自分一人の作業で作ったオタク魂満載のアルバムです。この三枚はなかなかの傑作だと思います。

image

ベルギーと言えば、エナンとクライシュテルス。2000年代初頭を代表する女子テニス選手。ツアー決勝でベルギー対決になることも多く、ダブルスでもパートナーでした。エナンはフランス語圏で育ち、クライシュテルスはオランダ語圏育ちなので、二人の会話は英語でした。 さてこの二人の次に思い浮かぶベルギー人がマグリットです。
大規模な展覧会の初日。国立新美術館へ。僕は横浜美術館所蔵のマグリットの実物を一度だけ見ていますが、個人所蔵を含む130点の展示は圧巻でした。 シュールレアリズムを代表する画家、と言ってしまえばそれまでなのですが、デザイナー、写真家といった資質、視点を強く感じました。必見です。
チケット売り場の人の列を見て、「マグリットだからなぁ、混雑はしょうがないなぁ」と思いながら入場して拍子抜け。けっこう空いていました。 美術館2階で開催されていた展示。 後で知ったのですが、僕が入場した時間に3階でミシェル・ドラゲ氏(本展総合監修者、ベルギー王立美術館館長)の講演会があり、何百人もの人が聞いていたのです。 う、ちょっと失敗だったような、ラッキーだったような・・・・
初めて見た作品のうち、くぎ付けになったのはニューヨーク近代美術館所蔵の「光の帝国髻 明るい青空のもと夜の住宅街。
image

image

1983年に出版された「これからどうなる 日本 世界 21世紀」という岩波書店編纂の本を読み返しました。四百人以上の様々な分野の専門家に依頼し執筆された21世紀予測、もしくは21世紀に向けてすべきことがまとめられています。色々な意味でオモシロイです。
理由は分かりませんが、政治家と人文系の学者、識者の書いたこと、描いた未来は、今のところ全く当たっていません。もちろん、21世紀は始まったばかりなので、なんとも言えませんが。
一方、実業家、医療福祉関係者の言っていることは、完全に当たっています。 この対比がどこから来るのかは、良く分かりませんが、後者にとっての差し迫った課題が、ずーっと30年以上継続しているからかもしれません。1983年と言えば、高度成長は終焉し、その後バブルへ向かっていく時期です。
1983年時点で、正確に2015年の課題と対策を言い当てている例を3つ。

「ぼけ老人の看、介護について」中島紀恵子 千葉大学看護学部助教授
ボケ老人(当時は認知症患者をこう呼んでいました) 対策の課題は、医療、介護施設の拡充よりも患者をかかえる家族を支える仕組みである、と明確に論じています。

「日本経済とエネルギー資源の将来について」出光昭介 出光興産代表取締役社長
石油供給地域の拡大、広域化。 エネルギー安全保障の観点からの代替エネルギー開発。石炭液化、シェールガスなどにも正確に言及しています。

「脱学校時代の数学教育」 森毅 京都大学教授
教育とは、人間の一生にわたる文化的成熟を目指すものとなり、同年齢集団という制約は必要としない。様々なメディアが、それを支えていく。 という明確なビジョンは、秀逸です。

download

僕は、典型的なつまらん日本人だと思っています。 まあ、一般的に言えば実直なサラリーマンを父に持ち、大きな災害や悲劇も経験せず、なんとなく学校では真面目な生徒であり、大学というところにもなんとなく入り、なんとなく就職し、それなりに働いてきました。 もちろん、けっこうその場その場では真剣勝負な場面は多く、大きな失敗や大きな成果もありました。 とは言っても まあ普通の特徴のない日本人の典型だと思います。 10年前、所属していた企業は好調で、与えられた仕事にも不満はありませんでしたが、「やーめた」と突然やめ、スキースクールに所属しました。 もう少しスキーがうまくなりたかったからです。 それともう一つ、僕の仲間には失礼かもしれませんが、スキースクールって、変な人が集まるということを知っていたからかもしれません。 良くも悪くも ティピカルではない人と毎日過ごすのは楽しいでつ。

0705

僕は、ことさら映画ファンという訳ではありませんが新作の邦画を1年に10作以上は見ます。なぜ邦画かというと、とても単純な理由がありまして、日本語が大好きなのです。 この映画は平田オリザという演劇の脚本を本業とする人の小説が原作です。 この同名の原作は極めて素晴らしい小説でして、かつて図書館で借りた直後にその場で読了してしまいました。ももクロ っていう時点でおじさんは「えーー」って思ったのですが、それがおじさんの浅はかさ。 これはものすごくよく出来た映画です。ももクロって言われても、個人の名前も知らんのですが演技うまい。原作の平田さんの経験、知識が生かされた高校演劇部という世界を正確に描いている気がします。 演劇というのは、もっとも儲からない職業のひとつです。 僕の友人もその世界に2名ほどいますが、いまだにぜんぜん儲かっていません。
この作品に描かれる演劇への取り組みは、とてもリアルです。

学生時代、下北沢の小さな劇場には時々行きました。 それと大学のミュージカル研究会の公演はほとんど見ていました。一年先輩にとても才能のある演出、作曲をする人が居て、文学部キャンパスに登っていくスロープの下にあった練習場の公演は必ず見ていました。

先日、平日に一人の女子中学生のスキーレッスンを受け持ちました。 某有名私立大学の付属中学校の演劇部。 ダンボールや紙だけで、舞台セットを作って、ロミオとジュリエットをやったけど、ちょっと大失敗して泣いたと言っていました。 青春ですな。

image

僕の予想など当たらなければ良いのですが。 たぶん、今年のF1シーズン マクラーレンホンダは結果を出せないと思います。報道されるテスト結果がさんざんだからです。F1は、シーズン中に起死回生の挽回が出来るほど現場の開発陣に余裕はありません。現状では明らかにパワーユニットを担当するホンダが、マクラーレンの足を引っ張っている状態に見えます。 おそらくホンダ本社は既に来年度狙いだと思います。 今年度は投資に見合う結果は期待できないと思います。

mv_001
P-677

料理本がやたらと置いてある古民家カフェで、それらを読んでいました。オニオンリングとスペイン風オムレツに釘付け。

随分昔ですが、赤坂のホテルの地下にあったロブスターが売りのレストランに時々行きました。 料理はそこそこ、ただ、玉ねぎ好きにはたまらん大量のオニオンリングが大好物で、これをツマミにビールやワインを飲んでいました。 女子と一緒の時は、お酒は控えましたけど。 このレストラン、ウェイティングバーがありまして、食事前にほぼ酔っ払っていました。 ウェイティングバーのあるレストランって、ちょっと素敵です。このお店、再開発で無くなりました。

横浜の実家の近く、マンションの一階に小さなイタリアンレストランがありました。若い夫婦が切り盛りしていて、僕は大好きでした。 安くて美味しかったのです。絶品は、スペイン風オムレツ。ものすごいボリュームで、それだけでメインディッシュ。 夜中によく行きました。 無くなりました。でも彼のことだから、どこかできちっと商売しているような気がします。 あのオムレツまた食いてぇなぁ。

image

国立博物館の本館で行われている特別展を見てきました。みちのくの仏像展です。古くは中央権力が及ばない地域でしたから、あまり古い仏像はないのでは、と思っていましたがさにあらず。古い銘品ぞろいでした。写真は、黒石寺(こくせきじ)の薬師如来座像。 平安前期 869年の貞観地震前に作られ、先の大震災に至る1000年以上もの間、東北の災害を見続け、そして人々はそのたびに、この仏像に祈ったことでしょう。仏教信仰は本来、信仰による悟り、現実的な苦役からの離脱、来世の幸福をもたらすものですが、薬師如来は、人々の今の生活、健康などを助けると言われます。 そのことから薬師如来信仰が根付いたと思われます。
今回の特別展では、「3.11大津波と文化財の再生」展を併設。 様々な文化財の修復作業に関わった人々の姿が、「祈り」のように感じられました。

「スタイルがある」ということを、喘息の発作のなか、ちょっと考えていました。
download
Image1
10696289_1398325453804948_7594433622144256275_n


テリエ・ハーコンセン、ジェリー・ロペス、佐々木明がすぐに思い浮かびます。 テリエは誰をもを魅了するスノーボーダー、ロペスはサーフィンのレジェンド。 佐々木明は、日本が生んだ天才スラローマーです。この3名、共通しているのは世界最高レベルの技能を持っていながら、コンペティションとしてのスポーツにこだわりがあまり無いところです。 遊ぶということの意味を重要視しています。そのことは、単純に享楽主義的なものではなく、遊ぶ為に「実生活」がきちんと成立していることが大前提です。 そのバランス感が彼らのスタイルを作っていると感じます。 わがままに遊ぶということと、人間社会でビジネスを成り立たせるということを両立しなくてはいけないからです。

人の記憶に残り、憧れの対象となるスタイルを保つのは容易なことではありません。

download

ジョージ・ガモフという物理学者の著書「トムキンスの冒険」という題名を拝借したマンガ、ドミトリー・ともきんす。 科学者の著書を紹介するマンガです。 これはとても変な本です。 とにかくバランスが悪い。 取り上げた本、著者について、このマンガを描いた人の考察、観察、関わり方がよく見えない。 とはいってもここに紹介される本は名著ばかりですので読む価値は大いにあります。本書で紹介されている本の中で、僕が読んだことがあるのは以下のとおり。

朝永振一郎 ; プロメテウスの火
牧野富太郎 ; 植物記、 日本植物図鑑
中谷宇吉郎 ; 雪と人生、 雪は天からの手紙
湯川秀樹  ; 詩と科学、 湯川秀樹物理講義

科学者には文章を書くチカラが求められます。 考えついた事を誰かに文章で正確に伝えないと仕事として認められないからです。 販売店員とか彫刻家とか大工さんとかスキーインストラクターとは、そこが少し異なります。そして、なんといっても名を残す科学者は、専門分野の考察の先に「自分の存在」と「世界の始まりと終わり」を見ている感じがします。  ドミトリーも大切です。 刺激的な仲間と生活を共にする場所だからです。

2010-12-31
イスラム、ユダヤ、キリスト、と呼ばれる宗教は一つの聖書とよばれる物語に端を発するものです。全く同じ旧約聖書を経典とする宗教が、これほど異なる文化思想を持つというのは不思議な事です。キリスト教だけが偶像を認めます。人間の形を崇拝の対象とすることを認めることは、多くの危険をはらみます。その偶像の人格を規定する思想を求めるからです。 そのことが、キリスト教の多くの悲劇を育みます。人格は、組織を生み、国家思想へたどり着くからです。 ユダヤとイスラムは、そのことに早くから気づき、形のあるものを排除しました。 そしてより具体的な生活と道徳的な教義を求め多くの人々に信仰されるようになりました。 キリスト教がその後、学問、政治と合体しすぎたのとは異なります。 

ユダヤもイスラムもキリスト的な論理に基づく権力に追い詰められた過去があります。それでも揺るがない何かが宗教というものなのでしょう。  

テロリストがイスラムを名乗ることなど、まったく許されざることです。 

img_briareos

僕は、士郎正宗の大ファンです。 徹底的に大ファンです。 彼には新作らしい新作がありません。アップルシードは1985年、攻殻機動隊は1989年の作品です。しかし彼の作品はまったく色褪せず、世界中にファンが居ます。 そして未完の続編が時々作られます。 物語の設定は、人間と機械、人間の脳とコンピュータネットとの接合を描いたものです。 1980年代には、それはSFでした。 ところが、今やそれは現実的な技術となっています。 脳の微弱電流信号でマシンを動かせるからです。彼の作るキャラクターとメカにはいつも感心させられます。
彼の新作は公開される映画館が限られます。 宣伝もしないし、  っていうか、小淵沢から気軽に見に行ける場所では「アップルシードα」やってねーっし。 どうすりゃいいんだぁ

僕がスキーをするようになって随分とたちますが、未だに謎なのは、ストックをよく無くすという運命です。間違えられて持っていかれたのか、故意に盗まれたのかは定かではありませんが、この10シーズンで3セットを失いました。スキーと一緒にゲレンデに置いてある状態で無くなります。どれも愛着のある使いやすいストックでした。
image

10シーズンくらい前、スコットのカーボンシャフトがなくなりました。カーボンシャフトの草分けで、数シーズンは使っていました。最近のストックと比べれば、トップヘビーでしたが、軽くて細いグリップがとても使いやすいものでした。写真はぼくが使っていた物の後継モデルです。
image

失意のもと買ったのが、"Goode"です。 カッコいいデザインが大好きでした。現在、日本には正規輸入代理店が無く、なかなか手に入りません。5年くらい前になくなりました。かなり落ちこみました。
image

さて、次に買ったリテイラーというストックは、一般的なシナノの伸縮タイプですが、パーツを選べるのが魅力です。写真の下から2番目、上部がシルバーのアルミ、下部が白いカーボンシャフト。3日前になくなりました。
さらに遡れば、Easton7001 という超レア物ストックも無くしました。Easton7001とは、お気付きの方も居ると思いますが、米国イーストン社のジュラルミン素材番号7001を意味します。ほとんどのスキーストック、弓道やアーチェリーの矢、その他軽量と剛性が求められる様々なシャフトに使われているイーストン社の看板商品です。 かつて、ほんのちょっとの間だけ、イーストン社の自社ブランドストックがあったのです。これも無くなりました。 とほほな、ストック紛失歴です。

2124

ドナルド・キーン氏が三島由紀夫に宛てた手紙で三島の遺作となった「豊穣の海」という小説について、その題名はどういう意味なのかを問うたと言います。これはNHKの番組で知りました。そして、彼は返信の手紙の中で「カラカラの月の海だ」と答えています。月の地形に盆地状に広がる平坦な部分を「海」と言います。その中で「豊かの海」(Mare Foecunditatis)が、この小説の題名となっています。 そのことは知っていましたが、三島由紀夫が言う「カラカラの月の海」という表現を、僕はこの小説から想像することはできませんでした。この難解な小説から立ち上がるのは、僕にとっては「能」とか「狂言」の表現に見られる異界、幽玄、幻、一種のパラレルワールドを転生を通じて表現しているのだと、凡庸な解釈をしていました。 実は、読むには読んだのですが、集中力が続かなかったのです。
 昨日、高熱にうなされて、深夜に見たNHKの再放送番組に、はっとしました。 そうか、これは生命が存在しない「カラカラに乾燥した月の地平」なのだと。 豊穣とは無縁の真空の虚無を、シニカルに、絶望を持って表現すると、こうなるのだと。 この歳になってすこしわかりました。すこしだけど。
 これほどの虚無感を良くも悪くも抱える人は、たぶん生きていけなかったのでしょう。 単純に三島の異常な感性を批判することはできません。だれにでもある感覚だと思うからです。
 この小説の最終入稿日に、彼は切腹、介錯という、ちょっとつまらない陳腐な「演劇的」方法でこの世を去りました。

IMG_0953
IMG_0954

勤務するスキー場に、いつでもタイム計測ができるコースを作りました。25秒から30秒くらいのゲートトレイニングコースです。物置代わりに使われていたゴンドラをゴールハウスとして使っています。計測機材をこの中で操作します。 この古いゴンドラは箱根で使われていたものです。日本一乗客が多い箱根ゴンドラが、老朽化の為に全面的に設備更新したのが2000年だそうです。 その設備を受注した会社が、このスキー場の親会社です。 その時、このゴンドラを持ってきたそうです。 東急車輛が作ったこのゴンドラ、ものすごく快適です。外側には傷やサビがありますが、中に入ると、まったく「くたびれた感じ」がありません。 窓の立て付け、シートなどビシッとしています。 ゴンドラに求められる強度とか品質基準などまったくわかりませんが、おそらく鉄道車両並の品質なのだと思います。 
世界最小、最強のゴールハウスです。

yano-akiko-2

天才というのは、まちがいなく居る。 天才だな 天才。 本来、詩というのは「節」と一体だったのですが、そのことを紛うことなき事実としてこの人は、体現しています。 ピアノのテクも超絶だし

このページのトップヘ