sub4

 ニューヨーク、グリニッジヴィレッジのカーマインストリート。小さなギター工房。その一週間を記録したドキュメント。シネコンとかでは上映してません。マイナー作品。9月の暑い日に、関内の小さな映画館のレイトショーで観ました。関内というのは正確ではありません。風俗営業店舗密集度日本一の横浜曙町の縁にある若葉町の「ジャック&ベティ」という小さな映画館。僕はこの映画館で年に1本は映画を観ます。
 本当に良い映画でした。お店に来るメンツの試奏のすばらしさ。店主のギター職人ケリーの自然な対応。作品に対する自信。ギターの材料となるストックの建築廃材。ファンキーなルックスの弟子のシンディ。元気なケリーのお母さん。
 もっとも僕はギタリストには疎いので、知っていたのはマーク・リーボウのみ。もう涙もんでした。ギターファン以外でも必見の映画だと思います。