51Z-ZM16v2L._AC_

 上原ひろみさんのニューアルバムを聴きました。いつ聞いても彼女の演奏には感動させられます。天才。音楽の神様からのギフトを得た数少ないジャズピアニスト。スペクトラムというアルバムの題名の意味を聴いた人はすぐにわかると思います。彼女の奏でる「音色」の数が明らかに以前よりも増えているのです。一つの音が、つまり同じ鍵盤から出てくる音が分解されて時々で異なるのです。スペクトラムのように。こんなことができるピアニストはそんなに居ません。
 以前、ユンディ・リのショパンのノクターンを目の前で聴いた時もそんなことを考えていました。