PK2019100902100042_size0

 冷泉家の担当者によって見つかった藤原定家の源氏物語写本。源氏物語のいわばクライマックスとも言える「若紫」。源氏物語は原本は存在しません。つまり写本、それも藤原定家の写本は、最も価値のあるものだと言われます。源氏物語は世界的に見ても長編の古典文学であらゆる方向から研究がなされていますが、新たな写本はさらに解釈、表現の変更を迫るものになるかもしれません。それは、写本を行った人が当時のトップ知識人であればあるほど、その人の解釈が写本に反映されているからです。

191023065733-03-google-quantum-computer-super-169

 もう一つはグーグルが量子コンピュータの実証実験に成功したというニュースです。実用化が実現すれば、あらゆる分野の研究が飛躍的に進むと同時に怖さもあります。量子コンピュータの導き出した結果が人知を超えてしまう可能性が高いからです。