〜ユーダン社刊 小説 [僕たちの70年戦争]より抜粋 〜

『赤信号みんなで渡れば怖くない』
『うるさいから社長に忖度しよう』
会社って一つの世界ですから、分かります。あなた達は営業職ではないから、社内が全てですよね?ご理解申しあげます。だから、あなた方がやってる恥知らずな行動を私は許します。

『契約書は無いから、別に大丈夫』
『特許出てないよね』
はい。あなた方は間違ってません。あなた方を信じて紳士協定を結んだ私の父が間違ってます。なぜ父が分からなかったのかは、次の諺が明快に説明しています。

The fox's wiles will never enter into the
lion's head.(狐の企みはライオンの頭には浮かばない)

利益を追求し、開発者や設計者の技術や情報を盗み掠め取るばかりか、正義は我にあると言わんばかりに貶める策略を練り、所構わず流布出来るあなた方のその真摯な姿勢に、私は只管感服申し上げます。

さて、こんな諺があります。
A drowning man will catch at a straw.
溺れる者は藁をも摑む

あなた方の形振り構わぬ必死さはよく分かりました。

だかしかし、忘れてないで下さい。
法に抵触しなければ全て良しという訳ではありません。道義に劣る行為は、決して許されるものではないのです。

ところで、トマジウスは法律と道徳をこう定義しました。

①法律とは他人にたいする関係を統制し共同生活の秩序を基礎づけるもの。

行為の外的過程をいう。


②道徳とは人間の良心に関しそれに内面的平和をあたえることを使命とするもの。意志の内的過程をいう。


そうです。あなた方には道徳という概念が欠如しています。とてもかわいそうな方々です。最後に私からこの言葉を送ります。

The wheel of fortune is ever in motion

​〜小説 [僕たちの70年戦争]より〜

IMG_5901
IMG_5902

FullSizeRender