『わたしの達人』楽屋 兼メモ置き場

「オトコマエ」という概念を輸出するための本を、アメリカの出版社から出しました。(日本のアマゾンでも買えます。)

● 「達人」と「そうではない人」の違いについて研究し、その極意を体現すべく、実験と検証の毎日を生きています。ヒントは「自分自身の使い方」と「時空の扱い方」にあります。これらは、この「古い世界」を生きるのに必須の鍵です。(ここでは、映画や本について、それから、日常的なメモなども記します。)

あなたは「あなたの達人」に

点取り占いブログパーツ

点取り占いブログパーツ

さて、このふたつのメッセージ、あなたならどう受け取りますか?

それが、あなたの見たい景色に影響するかもしれませんし、
しないかもしれません。

今日もいい一日を・・・。

人気ブログランキング

      




続きを読む

愛、アムール



賞をたくさん獲った作品。

監督はミヒャエル・ハネケ、76歳。

この映画は2012年。
次の作品が2017年の『ハッピーエンド』。

お父さん役のジャン=ルイ・トランティニャンは1930年12月生まれで、現在87歳。
お母さん役のエマニュエル・リヴァは、2017年1月に89歳で亡くなってる。
(本作が遺作。すごい演技をしています。)
娘役のイザベル・ユペールは、現在65歳。

この父娘は、同監督の他の作品『ハッピーエンド』でも、父娘として出演している。

パリ都心部の風格あるアパルトマンに暮らす音楽家の老夫妻。満ち足りた夫婦の日々は、ある日、妻の発病で突如暗転する。 「二度と病院に戻さないで」という妻の願いを聞き入れ、夫は自宅で共に暮らすことを決意。つまり老々介護の状態に。

しかし、徐々に悪くなっていく妻の病状と、それに疲れていく夫の状況は観ているほうも辛い。辛いが、その現実を共有させられる。誰の身にも起こり得ることとして。

ヘルプの看護師さんへの支払いが7800ユーロ。
今日のレート130.79円だと1万円ちょっと。

窓から入って来た鳩は、何のメタファーと見ればいいのか。
一度目、二度目。逃がし方が違う。

そして、冒頭の場面につながるシーン。
どーんと来るけど、持って行き場がない。
そこに、無音のエンドロールの力が加わる。



宇多丸さんがこの作品について話してます。




人気ブログランキング

向かいの窓



夢を追う女性を描いたドラマ。
とあったけど、夢を追うようになるまでのドラマだった。

イタリア・アカデミー賞最優秀作品賞を含む、
主要4部門受賞した、2003年の作品。

冒頭に、イタリアの俳優「マッシモ・ジロッティに捧ぐ」とあった。
本作品が85歳での遺作となったらしい。
(当のおじいさんの役を演じているのと、若い頃の映像も彼なのかな。)

監督は、フェルザン・オズペテクという人。

子育てや鶏肉工場での経理の仕事に追われ、菓子職人の夢に近づけないジョヴァンナは、向かいの家に住む男・ロレンツォ(銀行員)を窓から眺めることを楽しみにしていた。しかし彼女はシモーヌと名乗る老人に出会い、菓子作りを学ぶことに…。

この老人が、1943年10月16日の夜明けにローマで起きたユダヤ人狩りを鍵に、ゲイであることと併せて、大きなメッセージを持つことになる。
(これは、その時の彼の究極の選択だった。)

台詞としては「無関心という病気にかかっている」と、
「君はまだ選ぶことができる。君には変える力がある。無為に生きるのではなく、よりよい世界に生きることを求め続けるのだ。夢見るだけでは駄目だ」。

銀行員との関係には『マディソン郡の橋』を思い出す場面もあり、切ない。
(彼は、作中でイスキア島に栄転。)
主演の美女は、ジョヴァンナ・メッツォジョルノ
この美男美女に関しては、時を経て、お話の続きを描くことも可能かも。

それにしても。
急に現れた誰かによって、お話が始まる・転がるというのは、世の常なの?
そうでないと、お話は始まりも転がりもしないものなの?


人気ブログランキングへ

ビッグシック ぼくたちの大いなる目ざめ



彼は家族から勘当され、彼女は急病でまさかの昏睡状態。
(タイトルの「シック」には、彼女の病気以外にも、いろんな意味があると思う。)

パキスタン生まれ、シカゴ在住のコメディアン・クメイルと、
大学院で心理学を専攻しているエミリーの恋。
実話らしいということがエンドロールでわかって、ビックリ!

異文化カップルが乗り越えるあれこれ。
めでたし。


人気ブログランキング

さよなら、僕のマンハッタン



原題は「The Only Living Boy in New York」。
映画にも使われている、サイモン&ガーファンクルの曲から。
作中で書かれることになる小説のタイトルでもある。
「ニューヨークの少年」。



マーク・ウェブ監督が『(500)日のサマー』よりも描きたかったという青春ドラマ。『(500)日のサマー』で長編デビューする以前に脚本と出会い映画化を熱望するも叶わず、およそ10年の時を経て映画化。

主人公トーマスを演じるのは、カラム・ターナー。

舞台はニューヨーク。お洒落な感じ。大学卒業を機に親元を離れ、ひとり暮らしを始めたトーマス。ある日現れた、人生のアドバイスを授けてくれるおかしな隣人。戸惑う中、彼はナイトクラブで父と愛人・ジョハンナの密会を目撃し、予想もしていなかった自身と家族の物語に直面することになる。



台詞としては「窓を見つけて、飛び出せ」と「泳ぎ切れ」。

終盤は驚きもあり。
その驚きの向こうに、それぞれの道。







人気ブログランキングへ

最終目的地



原題は、「The City of Your Final Destination」。
原作は、同タイトルのピーター・キャメロンの小説。

南米ウルグアイの人里離れた邸宅に暮らす、自殺した作家の妻、作家の愛人と小さな娘、作家の兄とその恋人である青年。ナチスの迫害を逃れてきた先代が、ドイツ風の屋敷をたてたこの場所で、人生を断念したかのように静かな暮らしが営まれていた。そこへ突然、作家の伝記を書こうというアメリカの大学院生がやってくる。思いがけない波紋がよびさます、封印した記憶、あきらめたはずの愛。全篇にちりばめられたユーモアと陰翳に富む人物像、それぞれの人生を肯定する作者のまなざしが、深く暖かな読後感をもたらす。英国古典小説の味わいをもつ、アメリカの傑作小説。

ジェームズ・アイヴォリー監督によって2009年に映像化。
真田広之とアンソニー・ホプキンスが初共演で「いい関係」。
シャルロット・ゲンズブールの衣装が素敵だった。
他の女優二人も美しい。

大学で文学教師として働く青年オマーは、博士号を取得して大学との契約を延長するため、自殺した作家ユルス・グントの伝記執筆を願っていたが、作家の遺族から拒絶されてしまう。恋人ディアドラの強い勧めと人生を変えたいとの思いから、オマーは亡き作家が暮らしていた邸宅がある南米ウルグアイモンテビデオへと向かう。そこでは作家の兄アダム、作家の妻キャロライン、作家の愛人アーデンとその幼い娘ポーシャ、アダムのゲイの恋人ピートが奇妙な共同生活を送っていた。オマーは彼らから伝記執筆の許しをもらうために、しばらくの間共に過ごすことにするが、その内に恋人がいる身でありながら、アーデンと惹かれあってしまう。また、他の住人もオマーの出現により、今後の自らの人生(最終目的地)について考え、それぞれの決断を下すのだった。



人生のトランジション。
ひと通り揺れたけど、皆おさまるところにおさまった印象。


人気ブログランキング

ふたりのトスカーナ



作家ロレンツァ・マッチェッティの自伝小説を映画化。

ロレンツァ・マッツェッティ(1928年 - )はイタリアの小説家。1961年に、自らの悲劇的な幼少期をベースにした『ふたりのトスカーナ』を出版。トスカーナ州フィレンツェに生まれ、幼くして孤児になり、2人の娘を持つ伯父と伯母に育てられた。そして、1944年8月3日、SS(ナチス親衛隊)が自宅にやってきて…。

ほぼそのままが描かれたと言っていいのだろう。時は1943年。豊かな自然があふれるトスカーナにやってきた幼い姉妹。両親を事故で失ったペニーとベビーは、音楽と芸術を愛するユダヤ系知識人アインシュタイン氏と結婚したイタリア人の伯母カッチェンが暮らす田舎町に引き取られる。両親を一度に亡くした哀しみは深かったが、優しい伯母と不思議な魅力に満ちたおじの元、ふたりは健気に新たな人生の一歩を踏み出す。屋敷のメイドや地元の子供たちと交流を深めていく中、姉妹は、身の回りに広がる世界の様々な出来事に遭遇する。宗教のこと、戦争のこと、愛するものを失うことへの不安や、大人たちの密かな愛の営み。人生は不思議なことや秘密でいっぱいだった。だが、そんな瑞々しい真夏の日々も終わりを告げようとしていた。忍び寄るドイツ軍の魔の手が、すぐそこに迫っていたのだった。

伯母の役をイザベラ・ロッセリーニが。

原題は「IL CIELO CADE」。
空が落ちる?

監督は双子の兄弟アンドレア&アントニオ・フラッツィ。




人気ブログランキング

Profile

オカノユミ

コーチ/トレーナー/
コンサルタント

Recent Entries
人気ブログランキング
記事検索
My Books
Twitter
Photos and Movies
  • あなたは「あなたの達人」に
  • 愛、アムール
  • 愛、アムール
  • さよなら、僕のマンハッタン
  • さよなら、僕のマンハッタン