2017年04月01日

あなたは「あなたの達人」に

ようこそ!「わたしの達人」へ

点取り占いブログパーツ

点取り占いブログパーツ

さて、このふたつのメッセージ、あなたならどう受け取りますか?

それが、あなたの見たい景色に影響するかもしれませんし、
しないかもしれません。

今日もいい一日を・・・。

      



freesia_2000 at 00:00|PermalinkComments(29)

2016年08月29日

尊重

「尊重する≒構わない」ということは多いので、
そもそも構われたい人はそれじゃあ困る、ということになる。

自己を尊重できない人が、はまる穴。
健全な自己完結を望みたい。











freesia_2000 at 10:29|PermalinkComments(0)

力が要る

感動ポルノと言えば、甲子園なんてモロそれだからな。
報じる側もそのつもりで、消費コンテンツとして作っているのだから。

もう何十年も前に「甲子園を観なくてすむ夏を過ごした方がいい」と言った人がいた。
わたしはそれ以来、観ていない。
(田中投手が投げた一試合だけは、野球として記憶しているものがあるけど。)

他人の物語に感動!=最も安上がりな娯楽だ。
それよりも自分の夏を過ごし、自分の物語を生きるほうが大事だ。

そして当然ながら、それは少々力が要る。



freesia_2000 at 10:25|PermalinkComments(0)

例えば



「辛いものを食べずに済むにはどうしたら?」というケースさえある。

このチグハグに気がつかない人は、そもそも人の話をキャッチできていないし、
キャッチできていないことに気がつかないだけでなく、
充分にキャッチできていると思い込んでるから難儀。
(二重の意味で書いた。)

freesia_2000 at 09:30|PermalinkComments(0)

2016年08月28日

責任

2年前の記事。

“大切なのは心の教育”「シンクロの母」井村雅代コーチ スペシャルインタビュー

“大切なのは心の教育”という言葉を恐ろしく軟弱なものとして解釈する人もいるだろうけど、
そういう話ではありません。

以下、抜粋。

Q:意識は中国チームなどと比べると違いますか?

全然違う。むこうはダイレクトですよ。勝ちたい。メダル獲りたい。日本人は何かそういうメダルと獲るとか言うことまで心に秘めているのがいいみたいなのがあって、そのクセゆとり教育の典型は、どんな目標って聞いたらすごい目標掲げるの。「ロシアと同じ点を取りたい」って・・・もう100年早いわ(笑)。

言うことだけは言うけど「そのためにあなたは何をするの?」と聞くと何も無いの。試合に負けると「私たちがんばったもんなぁ」って、自分で慰め、自分へのご褒美で自画自賛。頑張ってるかどうかはコーチが見て判断するんです。選手が自分で決めるもんじゃない。自己申告すなって(笑)。

スポーツって何でも自分で壁を作って、その壁を自分の力で打ち砕いていく快感みたいなのが本来あるじゃないですか。だからよく言うの「言っておくけど、私が言うことに応えていかなければ、変わらないよ」って。でも、まだ弱いから試合の時、「あなたたちだけで着たって全然チカラが無いから、悪いけど、私が着るTシャツと同じの着なさい」って。あの子たちだけだと、ただの弱いJAPANだけど、私と同じの着てれば強く見えるでしょ。そういう事にも従順は従順。悪い意味での従順。これも教育の失敗。各スポーツ業界も同じやと思う。

だけど、たまに競泳の荻野くんや瀬戸大地くんみたいに自分にストイックにやってチャレンジすることができる子がいる。でもそれは異質で世界に通用しているから人は格好いいと思うけど、あんな子たちは珍しいよね。

貴重品みたいで、私からするとイケてる選手やねと思うけど、浮ついている感じはなく自分はこうしたいっていうのがあって、そんな彼らを見て、マスコミは言うじゃないですか。「最近の若者は凄い」とか・・・。よう言うわ。宝くじ以下やね。あれやったら宝くじ1億円当たる方がよほど簡単でしょ(笑)。

あんな子が珍しくて、今の平均的な若者はおかしい。それに大人たちは機嫌とっているみたい。やっぱり腹くくれないから、シンクロでも、言いたいけど、言ったら辞めるから言わない・・・みたいな。

ウェイトトレーニングなんかだったら、あれって自分のフィーリングが大切じゃないですか。重さのセッティングとか。ところがね、今の選手はもの凄くサボるの。そして芝居するの。最初は顔見ると、この子精一杯やろなって思ってたけど、ふと気付いて、この子たちの顔は信じたらあかん。背中見たら大抵精一杯か分かる。もう女優ばっかりよ。

普通だったらマシンでも重いのやってて快感みたいのあるじゃないですか。私らは自分が進化できたみたいのが嬉しいことなんだけど、あの子らはそんなならなくてもいいの。それですぐ芝居するの。

この間のワールドカップ・カナダの時、選手たちにボロくそ言いましたよ。「あなたたち日本背負って泳げ!! それだけの使命を持って泳ぎなさい。勝ち負けも重要だけど、自分が持っている力を出そうよ。それを出さないと絶対後悔するよ。この試合のためにやってきたのだからここで持っている力を出そうよ」って。

今回、昨年ボロ負けしたウクライナに完勝したのに怒られる・・・。昨年は負けているのに怒られなかったじゃないですか。だからその時どんな気持ちってだった聞いたら「空白があった」って言ったね。

メダル獲ったの初めてだもん。メダルなんか関係ない人達やった。いつも表彰台を見て「がんばったけどな〜」ってそんなんばっかですよ。だからあの子らはマイナスからのスタート。取り除かなければいけないものがあるんです。

***

今回の銅メダル2つは、井村監督が井村監督の責任において、
選手たちに獲らせたメダルだということがよくわかる。



freesia_2000 at 11:18|PermalinkComments(0)

4年後?

「4年後に向けて俺たちも儲けようぜー!」と言ってる人がいた。
日本の財政状況を想像すると、わたしはぞっとするけど。

とぼけて言っているのか、単に下品なだけなのか?
(お金のことを口にする=下品、という話でない。
業界によっては潤うところもあるだろうし。)

儲ける=「2020年に向けて、いい仕事していこうぜー!」
の翻訳なのかも?とは思うのだけれど、まぁわからん。

言葉は記号。
摩訶不思議な使い方をする人もいる。



freesia_2000 at 10:59|PermalinkComments(0)

2016年08月27日

向き不向き

自分のことを嫌いな人はコーチになってはいけないし、
自分のことを好きすぎる人もコーチには向いていないと思う。

好きなふりをする人も多いので、要注意だけど。
自分のことを好きなふりをすることが、洒落てるとでも思っているようで。
でも、この場合は、本人も気がついてないから、手立てはない。





freesia_2000 at 09:19|PermalinkComments(0)

2016年08月25日

カラーパープル



スティーブン・スピルバーグ監督。
ウーピー・ゴールドバーグ主演。
(めっちゃバーグバーグやん!)

1909年から1940年近くまでの長いお話。
登場人物も多い、言わば大河ドラマ。

最初と最後はコスモスの花。
宗教的なカタルシスもあり。

男尊女卑は、「男尊女卑る」という動詞がつくり出す「状態」なのだと思った。
さらに主人公が負うのは、黒人であり、無一文であり、アグリー(醜)であり。

今年放映予定のリメイク版『ルーツ』も観たい。
http://www.cnn.co.jp/showbiz/35064023.html

freesia_2000 at 18:00|PermalinkComments(0)

浮気のアリバイ作ります。



冒頭、「夫の4分の1、妻の10分の1が浮気」というデータの紹介を、
洒落たアニメを加えて。

主演の女性、デカいなーと思っていたら、
最後の最後でようやく「回収」された。

この世に必要な映画とまでは思えないけど、
先のデータも、「逆に言えば夫の4分の3、妻の10分の9が誠実」というオチに。



freesia_2000 at 10:39|PermalinkComments(0)

2016年08月24日

チェスの置き直し

吉田選手に関しては、
「負けたところで命取られるわけでなし」
くらいの心理的準備が必要だっただろうと思う。
その上で勝ちに行く。
わたしが「チェスの置き直し」と呼んでいること。

***

あのとき、「お父さんに怒られるぅ」と言って泣いていたのだな。
また胸が詰まった。
ファザコン娘の表裏にあるもの。



freesia_2000 at 10:25|PermalinkComments(0)

ナルシスト

ナルシストには、2つの類型がある。「脆弱型」と「尊大型」である。

前者の脆弱型は、自分を特別な人間だと思っており、
周囲にも特別扱いしてほしいという願望を持っているが、
それにふさわしい能力がないので、注目されることはない。
その結果、彼らの自尊心は非常に不安定なものとなる。
消極的なのに自意識過剰なこの種の人は、
「私は特別な存在だ」という自己イメージが脅かされると、
怒りを抑えることができず、周囲に向かってキレまくってしまうのだ。

後者の尊大型は信頼できるタイプだし、周囲に利益をもたらすことも多い。
「自分は優れている」という彼らの信念は、たとえ根拠がないとしても、揺らぐことはない。
彼らは目立ちたがり屋ではあるが、同時に魅力的でもある。
私たちはこのタイプのナルシシズムに注目すべきだろう。

***

多く見かけるのは「脆弱型」。
本当の意味では「自己肯定感」も「自己効力感」もないタイプ。
「評価が欲しくて右往左往型」と呼んでもいい。

クーリエ・ジャポン

freesia_2000 at 09:55|PermalinkComments(0)

2016年08月23日

モテ

「モテたいだけの人」は、他人の「モテ」を監視し嫉妬するよね。
だから、他人の「モテ」を監視し嫉妬する人は、
「モテたいだけの人」なんだなと思ってわかりやすい。

で、「モテる人」は「モテ」からも自由なので、
そんなこと何も気にしない。
「モテ」そのものも気にしないし、監視や嫉妬も気にしないのだ。





freesia_2000 at 13:20|PermalinkComments(0)

外連味と醍醐味

・けれん【外連】
1 歌舞伎や人形浄瑠璃で、見た目本位の奇抜さをねらった演出。またその演目。
早替わり・宙乗り・仕掛け物など。
2 ごまかし。はったり。

・けれんみ【外連味】 はったりを利かせたりごまかしたりするようなところ。

・だいご【醍醐】
五味の第五。牛や羊の乳から精製した、最上の味のもの。仏の悟りや教えにもたとえる。

・だいごみ【醍醐味】
1 仏語。仏陀の、最上で真実の教え。
2 物事の本当のおもしろさ。深い味わい。





freesia_2000 at 12:11|PermalinkComments(0)

2016年08月22日

Yes, I can.



freesia_2000 at 16:57|PermalinkComments(0)

2016年08月21日

1001グラム ハカリしれない愛のこと



幸せの基準は誰のもの?愛の重さは何グラム?

ノルウェーのベント・ハーメル監督が見出す人間の可笑しみ、
それは日常の小さな事柄を奇跡に変えること。

とのこと。

ほんの少し見方を変えれば、新しい目盛りが新しい人生を示す!?
ということを示したかったんだね。

心を測ることは難しいけれど、魂の重さが21gということは前提になっていた。

生と死を肯定するのに必要な定義の話。

スタイリッシュな場面が何度もあった。



freesia_2000 at 19:39|PermalinkComments(0)

少年



インタビューを止めてアメリカ国歌に敬意を払うウサイン・ボルト。
(2012年のインタビュー。)

しかし、ジャマイカ

ジャマイカドルのレートとか国民一人当たりのGDPとか、ちょっと想像を超えてた。
驚いたのは、6歳から11歳までが義務教育期間で、
2003年の推計によれば、15歳以上の国民の識字率は87.9%ということ。
(TVで見たのは今も2割の子どもが学校に行けてないとか?)

時々思う。
もし、すごいアスリートの精子をすごい値段で買うことができても、
その子どもを立派に育てることができるかどうかはまた別の話だよなぁと。

例えば、ボルトの親、ボルトの配偶者、ボルトの子ども、
いろんな立場を想像して、それぞれに羨ましさを感じるとしても。
それでも、本人以上に魅力のある立場はないだろうし、
かと言って、それは恐れ多くて手に負えないし。

どうかな、わたし、彼に目の前で遭遇したら、多分泣くだろうな。









freesia_2000 at 18:57|PermalinkComments(0)

採点競技

井村監督は言った。
「これがわたしの責任の取り方です」。

彼女がすごいのは、
天才的な華のある泳ぎ手がほとんどいないチームをここまで持ってきたこと。

指導が厳しいのは、シンクロが採点競技だから。
選手の「限界まで頑張ってるつもり、出来てるつもり」は点数には何の関係もない。
あくまでも「ジャッジがどう見るか」だけだから。

採点されるのが嫌なら、記録競技をやればいいんだよね。
どちらが残酷かと言えば、どちらも残酷だけど。

それにしても。

銅を絶賛するのはいいけど、
ロシアや中国との差をもっとちゃんと分析して解説すべき。
これじゃあ、まるで北朝鮮のテレビだ。

***

演技をするのは8名だけど、補欠の選手も含めて9名がメダルをもらえるのはいいね。
言いようのない気持ちがいろいろあるだろうけど。






freesia_2000 at 18:30|PermalinkComments(0)

2016年08月20日

夢という名のシナリオ



さらに、可視化されない「モノにならなかった多くの子どもたち」。

思いがけず壮大なシナリオを持っていることが判明した我が子を、
覚悟を決めて受け入れる親もいるだろうけど、逆の場合はどうよ?

親のシナリオに子どもが従うケース。
大化けした選手ばかりを目にしてしまうわけだけど。

実際には、数多のそうではないケースが累々と。




freesia_2000 at 12:11|PermalinkComments(0)

計画

計画を立てるのが好きな人がいる。
立てないよりはいいけど、計画だけで安心してしまう人もいるからなぁ。

問われるのは、その計画=見積もりを修正しながら体現する力であって、
計画を立てる力ではない。

目的と手段と、手段以下の話。




freesia_2000 at 12:07|PermalinkComments(0)

ありとあらゆる能力や財力など。



これ、コミュニケーション能力に限らず、だな。
ありとあらゆる能力や財力など。


freesia_2000 at 12:06|PermalinkComments(0)