5a4cb8e6.jpg

このプログラムは、世界大会や、英語で開催される関連分野のカンファレンス、
研修に参加を決めた方、または近い将来の参加を検討されているコーチのためのプログラムです。

"新鮮な体験を得る"という目的だけで、海外のカンファレンスに参加するのは、もったいない!
言葉や文化の壁を少しずつ越えて、積極的に国際的な場に参加していくための、
第一歩となるトレーニングです。

以下の7項目のうち、6項目以上当てはまる方のご参加をお待ちしています。
□ 国際コーチ連盟(ICF)世界大会や、英語で開催される関連分野のカンファレンス、
  ワークショップに参加する予定である(近い将来の参加を検討している)。
□ 英語で自己紹介、自分の仕事を説明できるようになりたい。
□ コーチング英語を身に付けたい。
□ 英語学び直すことで自分のコミュニケーションを見直したい。
□ コーチとして継続して成長するために新しいことにチャレンジしたい。
□ グローバルな視点を持った仲間とつながりたい、そのためのツールを得たい。
□ 国内外のコーチング界に貢献したい。

参加の際には以下のコミットメントをお願いします。
・恥ずかしがらずに(恥ずかしくても)英語を使ってみる。
・間違いを恐れずに(恐れていても)英語を使ってみる。
・受け身ではなく、参加を通して学ぶ姿勢を保つ。
・全員主体の学習環境「コラボ学習の場」を創造する。

プログラムスケジュール
9月14日(水)から16日(金)
講座は各回90分 全3回、全て日本時間22:00から23:30です。

詳しくはこちらから

講師プロフィール

芦田奈緒
英会話講師、通訳/翻訳者。カリフォルニアの留学支援機関にて留学コーディネーター、カウンセラーとして6年半勤務後、帰国。現在は、日本に英語好きを増やすべく、初級者向け英会話講座、ビジネスパーソン向けTOEIC講座、ビジネス英語講座を開催。通訳/翻訳者としては、社会変革やリーダーシップ、ファシリテーション研修、広告代理店の企業内通訳/翻訳者として活動中。
米国ウィスコンシン大学オクレア校心理学部卒業。コーアクティブ・コーチング応用コース修了、カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)英語教授法受講。GCC-Japan参画メンバー。

ポール メーカー
アフリカ系アメリカ人コミュニティーの中で、わずか2−3人のヨーロッパ系(白人)アメリカ人の一人として小学生時代をおくり、マルチカルチュラル(多文化的)なアイデンティティを確立。その後2度のヨーロッパ留学や、中山医科大学(中国・広州)および神戸女学院大学(兵庫県)での教員経験、ミネソタ大学大学院での異文化コミュニケーション研究等、様々な経験を経て、現職。異文化トレーニング、ダイバーシティトレーニング、海外赴任者トレーニングなどに従事。限りなく標準的アメリカ英語を話し、英語学習者にとっては最適な発音モデル。学習者のペースに合わせた指導と、穏やかで親しみやすい人柄が、高評価を得ている人気トレーナーです。

***

もちろん、わたしも参加しまーす!

bb9848a5.png