RECAROシートのラインナップの中で乗降車の際、座面サイド部への干渉を和らげるための その部分を低めにセッティングされたF座面のシートが販売されています。

 現行のモデルでは、IS84でエルゴメドMV、is05でSR7F、LX-F、AN100でクロススポーツスターが 有りますがその中でも価格的にもリーズナブル、購入対象の比較になりやすいのが is05のSR7とSR7Fです。

 こちらの2モデルに関してどちらが自分に合うのか!?とのご質問をよく頂きます。 今回はフィットのお客さまからのご質問がありましたのでこちらに合わせて少し解説致します。

 まずフィットにレカロを装着する場合は、フロー形状の関係で3ポジションタイプは不可能となり 1ポジションのレールとなります。また、センターコンソール付近に極端な盛り上がりあるので 純正ポジションよりLOにすることはほぼ不可能です。

 このことから、ミニバン等のシートからフロアー面に空間のある車種のようにレール側での ポジション調整が出来ませんのでシート選びが非常に重要になります。

 is05のSR7とSR7Fの購入を検討される場合は、シート座面の厚みを考慮する必要があります。 この2モデルですと、ヒップポイントは全く同じですが、座面先端のサイズが異なります。 SR7と比較して厚みが約+20mmおよび座面長さが約-30mmとなります。

 今回お問合せのオーナーさまの各種情報は、ミッションはMT、身長175cm、体重72kg、年齢27歳 SR7Fは座面の形状的にあまりお勧めではありません。

 まず、MT車とのことなので、座面先端の厚みがあるとペダル操作に違和感がでます。 また、身長も175cmなので座面長もF座面では不足しています。特に20代の方は足は 50代の175cmの方と比較すると非常に長いと考えます。

 このように乗降車性を向上させるためにF座面のシートをセレクトする場合は現状把握を 完璧に実施して購入しないとダメです。そのために当社はオーダーフォームに 身長、体重、年齢等の情報を記載して頂くようにしています。 量販店等では、乗降車がし易いとことで何も考えずにミニバンの方にはすべてF座面を進める ところもあるようです。シートンセレクトは総合的に判断してセレクトするのがベストです。

 また、どうしても今回のオーナーさまがF座面をご希望でしたシート側の加工が必要となりますが こちらに関しても当社では全て対応は可能ですのですのでご安心ください。 加工費用に関しては、ご希望内容により異なりますので都度のお見積りとなります。 詳しくはHPのレカロカスタマイズの項目をご覧ください。

 以上、レカロ購入検討の各オーナーさまに参考として頂ければ幸いです。