北海道在住のオーナーさまで、昨年の10月に20万キロご使用されたAM19のオーバーホールおよび レールの作製のオーダーを頂きました。

 シートの作業はクリーニング、ウレタン補修補強、サスペンション部品交換、シェル固定部補強、 エアランバー交換等を実施しました。

 レールは奥様もお車にお乗りとのことなので、オーナーさまからのご要望を踏まえ3ポジション用をスペシャル作製致しました。

 下記内容がオーナーさまからのご依頼前のメールと装着後のメールとなります。

ーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

1.ご依頼前メール

 依頼するシートはAM19スタイルJで日本発売初期(多分95年か96年)に購入し日産プリメーラを経てBMW E46に載せ、およそ20年座り続け走行距離はおそらく20万キロにはなるかと思います。 サイドサポートの生地がほつれた為その部分を張り替えておりますが外見上ほか大きな傷等はありませんが、 ランパーサポートのエアが膨らみはするのですが抜けて行ってしまいます。

2.装着後メール

 FREESTYLE様

 年明け後、ベースフレームが到着し、先日ゴルフオールトラックにAM19スタイルJを取り付ける事ができました。

 ベースフレームは事前の下調べ通りボルト穴の位置も問題なくフロアに固定できました。 やはり今回一番良かったのは特注でお願いしたシートレールの3ポジション調整です。 取りあえずシートをベースフレームに載せて高さを確認すると純正シートに対して低いようでした(自分の運転位置で比較した際)。 そこで、中間位置に高さを変えたところ腰の位置がほぼ純正位置と近くなり妻にもチェックしてもらい高さは中間で様子を見ることにしました。 あと3つの穴を使って座面の傾きを調整できるのですがこれはもう少し様子を見たいと思います。
 やはり1ポジションの位置では低いですね3ポジション調整ができるというのはお願いして正解でした。

 交換後試乗してみると動き出した時点からレカロに支えられているというあの独特な感覚を感じました。
 腰の位置がしっかりと定まり背中を含む上体のブレや無駄な動きが発生しないくなり 結果目線が安定して運転が非常に楽になりました。当然の腰の負担もほとんど感じなくなりました。

 シートセンターが約10ミリほど外側(右に)へ出ますがアクセルペダルの位置が近くなり右足をまっすぐ出せば ペダルに載せられるようになり無理に右足をアクセルに向けて捻らなくても良くなったため両足の位置関係も楽になりました。 また、ステアリングとシートのセンターのずれに関してはもう一台のBMWでも同様ですので私自身は全く気になりません。

 今回、シートを乗せ換えたことで改めてレカロの良さ、疲れない運転ポジションが普通に取れるということを実感しました。 最初にAM19のメンテナンスをお願いし、シートレールの改造をお願いし3か月少々掛かりましたが、 乗せ換えることで得られた効果は大変満足の出来るものでした。結果的に自分が今所有する2台の車は共に運転席が レカロになって、新たな車になってもこのレカロをまた持ってゆくような気がしています。

 本当にありがとうございました。また次回メンテナンス等でお世話になると思いますがよろしくお願いいたします。

VW7-1
1
n