以前当社にレガシーへレカロを装着させて頂いたオーナーさまが、お車の乗り換え後に 装着されたレカロのメンテナスのためにご来店されました。

 メンテナンスのレカロはご友人から譲り受けた助手席装着用のRS-Gの生地張り込みおよび 調整です。

 現在販売されているレカロのスポーツシェルでTS-G,RS-Gのモデルは、以前から販売されている ドイツ本国製のSP-Gと比較して一度シート表皮を剥がしてしまうと、元の状態に戻しにくいです。 これは背中の構造がSP-G系のレカロと根本的に異なっており背面全体がその形状でシェル側に マジックテープで結合するタイプなので、シェル側の表皮が分離してしまうと組み上げることが できません。

 今回はこちらも再張り込みを実施し、表皮全体のバランスも整えて元の状態に無事組み上げました。

 画像では助手席にSR7Fが装着されていますが、こちらを今回のRS-Gと入れ替えてご自身で 装着予定とのことです。  

 今回の車両はフィットのレーシングモデルRSのMT車です。ボディーも鮮やかなオレンジで 拘りのアイテムが満載です。  

 運転席はRS-G ASMモデルで座面ウレタンもレアモデルのASMクッションパットPROです。 ステアリングもMOMO製のディープコーンでホーンボタンおよびシフトノブはNSX NA2 タイプR用を 装着されています。ホイルも拘りのCE28!!をあえて14in!!止めは後部座席の鮮やかなレッドの レカロ製チャイルドシートです。画像にはありませんが車内にも補強バーもあり、アップダウンのある 山岳部のワインディングロードを攻めても本当に楽しい仕様になっています。  
 今後もレカロシートでご家族ともども楽しいカーライフをお過ごしくださいませ!!

1
2
3