日本車の中で唯一、ポルシェ、フェラーリ等の世界の名だたるスーパーカーに対抗(速さでは勝ってるかも・・・・)できる スーパースポーツカーR35GT-Rにオプションで装着されていたレカロです。

 今回はポルシェに装着するためにセンター部のGTRエンボス加工を除去するための部分張替です。 本品は前期モデル用となり後期は現行のレカロのアフター用カタログに記載されているスポーツスターベースのSP-Xです。 大きな違いはドライカーボンバックパネルのベルトホルダー形状およびセンター部のレザーデザインです。 リクライニングダイヤルも専用設計でセンター部のカバーはカーボン!!です。

 この前期モデルはレカロの歴代スペシャルモデルが襲名している3マウンテンが施されておりその部分にRECAROの文字が エンボス加工してあります。またベルトホルダー部もバックパーツはSR6の流用になりますが形状等は専用設計です。  

 この独創的な拘りの造り込みは孤高の名機、誉れ高きA8の流れをくむSP-X Ver1の次世代モデルを襲名するに 相応しいRECAROスポーツモデルの最高峰だと感じます。(ドライカーボン作製会社:童夢とRECAROのWネームが痺れますね!!)  R35GT-Rの開発に全ての情熱をささげた日産のエンジニア水野氏の意見も反映されているかもしれませんね。 ただ非常に残念ですがアフターマーケットでGTRのエンボスが無いSP-Xの販売はされませんでした。

 このSP-X Ver2はR35-GTR用に日産のカタログのみでの販売になり、後期モデルGT-R用に現行のSP-Xが販売されたことを受けて 在庫が亡くなり次第販売も終了するかもしれません。価格は80万円程度でしたのでご希望の方は 早めに日産へお問合せください。他の車両の装着の場合は、今回の様にセンターも張替しますし、 レールの作製も可能です。
 ご興味のある方は当社へお問い合わせくださいませ。

1
2
3