名優スティーブ・マックインが本車両で激走している映画がある!!くらい有名なマスタングで しかも稀少なファーストバックのオーナーさまからレカロシート装着のオーダーを頂きました。

 50年!!前の車両なので当然レカロの設定レールはありませんのでスペシャル作製となります。

 装着フロアーの形状は現状の車両とは異なり、シート下にボルトが出ており車体底面から ナットで固定されている状態です。

 またそのナットもフロアー構造の黒グロメットを外して約50mm(画像赤丸)奥で固定されているので 作業性は非常に悪いです。しかもコンソール側後方はマフラーやサイドブレーキワイヤーがあり 最悪です。

 このことからベースフレームを作製し、スライドレールをレカロ側に装着した構造のタイプを作製することに しました。当初はレカロ製の0品番タイプのスチールバータイプで仮付けしましたが、一番低い位置で 装着してもポジションは上がり気味で全く話になりませんでした。

 フローの取付穴位置がフロアー底面からフロント側が+65mm、リア側が+30mm程度上がった チャンネルタイプの形状ですのでこれらを考慮したベースの作製が必要となりました。

 またお車はマニュアル車なのでステアリングセンターやペダル位置の操作性も考慮し、センターコンソール側 にギリギリ寄せる状態でベースを作製しましたので3ポジションのステー部分がフロアーに干渉するために 前側は1ポジ、後側は2ポジでの設定となりましたが、一番低い状態で10mmダウンですので オーナーさまにも大変喜んで頂きました。
 試作品も含めて3回の作り直しになりましたがご満足頂けて大変嬉しく思います。

 このように車両を10日程度お預かりになれば最高のレールは作製可能です。 物理的にLOポジが不可能な車両もございますので事前の打ち合わせが必要でとなりますことを ご理解くださいませ。

 次回はシート作製+装着編です。

1
2
3