オープン専用のミッドシップ ポルシェ986ボクスターへの電動レカロCクラシック用の 専用レールの作製ご依頼を受けました。

 レールはレカロ製車検対応品をベースに加工するとともに、物理的限界までLO ポジションをご希望されましたのでその方向性で作製を進めました。

 レカロ製の986用のレールで装着するCクラシックの場合、純正より40mm!!も 上がってしまうのでオーナーさまのようなMT車では到底運転ができません。  

 レール脚部の加工ならびに外レバーに加工することで純正同等には下げることが 出来ましたが、ステアリングセンターがズレてしまします。 こちらを解消するためにシートをコンソール側ギリギリまで寄せることは必要となり ますが、このためには脇サイドサポートの調整ダイヤルをカットして内側にオフセット させる作業が必要となります。こちらの作業を施工後シートを再装着しますと コンソール側には干渉なく装着ができました。  

 助手席に関してはセンターを出す必要がないので運転席と比較して+20mm ドア側にオフセットさせる構造にするとダイヤルのカットもなくギリギリ装着ができ ました。ただCクラは電動リクライニングの駆動ギアーケースがドア側に大きく 張り出しているのでこちらの干渉も踏まえたレール作製の必要があります。

 今回はご来店なしでのオーダーでしたが当社のデモカーの986に装着して ポジショニングの確認を実施ししましたのでベストなレールが完成致しました。

 Cクラ自体が大柄なレカロなので室内への干渉は多いですが、高品質の ウレタンや質実剛健なつくりでレカロらしいテイストを持ち合わせたCクラは 最高の相棒になると思います。 オープン走行でヒーターを効かせて春のワインディングロードを駆け抜けて 下さいませ!!

1
2