他社で張替したC81の電動機能が不良ということでメンテナンスをご希望された オーナーさまからレカロが届きました。

 シート張替のクオリティーは高いものの、電動配線やエアランバー関係の チューブ取り回し、フレームの錆等、言葉にもならない仕上がりで 愕然としました。

 配線やランバー関係は手直しは張替表皮は分離せずの作業が可能なので 問題ありませんが、フレームの錆は表皮分離しないと作業が出来ません。

 他社で張替している施工方法が不明なので表皮分離は出来ないです。

 ネットヘッドレストに関しても白錆等で見るも無残なの状態です。 張替が完璧なのこの状態で組み上げる感覚が不思議です。

 今回の錆関係はこのシャフト部分のみ研磨を行いご覧とお通りとても 美しくなりました。

 今回のフレームの錆は張り替えたら見えません。また見える部分でも 底面だから目につきません。ヘッドレストもレカロに装着すれば見えません。

 ですが錆は商品の状態的にもシートに対して良くありませんし、 苦労して張り替えているのに、錆だらけで組み上げるのは意識は 感覚的にどうか??と思います。お客さまからのご要望のない 作業は基本的に実施しないのが鉄則なので恐らくご要望が 無かったのではと推測します。

 私は工業製品は生き物ではありませんが、「細部に神が宿る」と思ってます。 このようなレカロを見ると本当に寂しくなります。レカロが可哀想ですね。

 オーバーホール等はご予算が掛かりますがレカロは費用を掛て作業する 価値のある工業製品です。張替やメンテナンスをする場合は是非当社を ご用命くださいませ!!

1
2
3