先日からシート作製およびレール作製を進めてきたシロッコRへの装着について 記載致します。

 本車両には純正シートにサイドエアバックが装着されていますのでレカロに交換しますと エアバックの警告灯が点灯します。こちらを解除するためには車両側のエアバック配線に キャンセラーを装着する必要があります。

 VW系の最近のモデルは配線関係が画像の通りフロアー内部に挿入されていますので キャンセラー取付作業が非常に手間が掛かります。以前も他の店舗で取付されたゴルフ7が エバックの警告灯が点灯するとの不具合で当社へご来店頂対応させて頂いた経緯があります。 これはキャンセラーの取付不良によるもので当社で再取付して問題なくリセットできました。 本作業に関しても国産車等の配線見えているものとは作業工程が異なりますが問題なく 取付が完了しました。

 その他作業としてはシートヒーターも装着しましたので、シート左右に配線を施工し操作SWをシフトゲート手前に 装着致しました。お車に関して細部に渡り拘りのあるオーナーさまなので本SW装着用の穴はオーナー さまがご自身で場所決めおよび穴あけを実施して頂きました。大変器用なオーナーさまで素晴らしい技術力ですね!

 残りは純正シート取り外し後のカーペット処理です。VW系は画像の通り車両進行方向に大きな切れ込みが ありレカロを装着するとこの部分ドア側から見えます。RECARO製のレールを購入すると、この部分の処理用の カーペットが付属されていますが、他メーカーの車両にも適合する汎用品(縦横100mmの正方形)なのでVW系に 施工するには3分割になるので見た目が良くありません。今回は運転席のレール脚部を再設計したこともあり さらにフロアー部の露出が大ききなりました。この点も踏まえてこの部分を美しく処理できるフロー用のカーペットを 新たに作製して装着しました。画像を見て頂いてもお判りですが完璧に処理でき、全く違和感がありません。 このような部分にも拘りを持って作業させて頂いております。

 レカロ装着に関しても各部問題点をクリアーして、塗装も完了した運転席用のスペシャルレールを装着し(助手席は無加工) オーナーさまへお車を引き渡し全ての作業が完了いました。

 以下が引き渡し後にオーナーさまから頂いたメールとなります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

豊嶋様、レカロ装着して頂き感謝致します。

堺から難波まで走行した感想です。
純正シートより太もも横のサイドサポートが低いのも関わらず、体幹がしっかりとサポートされており、身体のブレが無くなり運転が非常に楽です。 サイドオフセットも気になりませんし、座面高さはベストです。
私のシロッコRはビルシュタインで結構固めた脚ですが、路面からの突き上げ感が驚くほどマイルドに、角が取れたような乗り心地に変化・・・求めていた「脚」になりました。
タイヤは3銘柄履き替え、頻繁に空気圧を調整したりしていましたが、レカロ装着で「目から鱗落ちる」ほど改善されました。
助手席同乗者も開口一番「乗り心地が良くなった!」と驚いておりました。

ご縁があってフリースタイル様にレカロを全面的に依頼出来た事、嬉しく思います。
今後とも宜しくお願い致します。

1
2
3