本日お電話でメンテナスのご依頼を頂き、持ち込み来店されたオーナーさまが限定モデルAM19 SP-JJ トムキャット ワンオナーさまでした。鮮やかなイエローに一目ぼれされて98年に2脚購入後7年か使用し 倉庫に保管されていたとのことです。

 今後、当社でフルメンテさせて頂き2017 VWポロに装着致します。

 当社のデモカーでポルシェ986がありますが、本トムキャット仕様でしかも、運転席はオリジナルでは 存在しないSP-GNトムキャット仕様で作製しています。

 勿論レールも当社RSFオリジナルLOポジションレールでポジションも完璧です。

 エンジンは2.7で脚は純正スポーツサスです。外観の方は少し今風にミラー&ダクト系&ホイル&エンブレムを ブラック仕様にカスタマイズしています。当社の若手スタッフとE46アルピナと交互に交換してドライビングし 各レカロのインプレッション確認を都度実施しています。

 今回のオーナーさまのトムキャットも当社のデモカー986同様に新品のように復活させますので 期待していたくださいませ!!

 少しデモカーのRECAROについて解説いたします。当社(RSF)の方向性としては、左右別々のパターン、運転席→スポーツシート(スポーツシェル)、 助手席→リクライニングシートを推奨したいと考えています。

 ポルシェなどのスポーツカーの場合、助手席にお乗りになるのは、奥さまや彼女など女性の方を念頭に置き、スポーツシートでも座面がF仕様 または今回のようなJJ、クロススポーツスターなどがベストと考えます。運転席はスポーツシェルでも助手席と仕様を合わせたタイプだと レカロの形状が異なっても違和感はないです。形状が異なる違和感よりも左右のカラーや生地が同じである方がお洒落!! や拘りが感じて頂けると考えます。勿論運転席はスポーツシェルなのでオーナーさまお一人でドライビング時には愛車との対話を心行くまで楽しんで 頂けます。

 このような仕様のレカロの作製は可能ですので、カラー統一をしたい!!とのご要望の方は是非当社RSFへお問合せ下さいませ!!

1
2
3