3回に渡って解説しました内容も最終の取付(電動配線+ポジショニング)となります。

 シート完成およびレールの加工後に再度金沢からご来店頂きました。

 配線+ポジショニングは1日作業となりますので、当社は工房的なShopですので待機スペースが ございませんので最寄駅までお送りさせて頂き大阪市内でお過ごし頂きました。

 純正シート取外し後、フロアー取付面を確認すると画像のように後方が前方より約20mm程度 低くなっています。またレカロ製レールに関しても前方が後方より約30mm高いです。
 この状態でDシリーズを装着すると前方が後方に比べて約50mm!!高くなるので身長180cm近い オーナーさまは恐らくハンドルに脚が干渉します。事前に内レバー→外レバーに加工した状態でこの 数値なのでレバー位置の加工が未実施では恐らくDシリーズ、CSシリーズ、CTなどのis81は レールがノーマル状態ですと前側が取付不可になります。

 現状で在庫品のエルゴメドDを装着してポジショニングを確認しましたが、本is84シートでも 前側はかなり窮屈な感じです。このままではDSEでの装着が出来ません。

 上記の状態でしたので急遽、運転席側右レール前側左右の脚部を25mmカットしてLOポジに レール脚部を加工することに致しました。
 寸法取り→切断→仮合わせ→修正→本溶接→溶接面加工→塗装前処理→塗装→乾燥炉処理 全ての工程が完了後、レール部に装着して完成です。
 (他のスタッフに電動配線作製して貰っている間の時間いっぱいまで掛かりました)
 本加工によりDシリーズでも最高のポジションが確保できたことで安心致しました。

 次に電動配線ですがDSEは他の電動レカロとは異なり、常時、ACC、イルミネーション、アースの 4系統を引く必要があります。また、常時とACCの元電源は必ずバッテリーから直接配線する必要があります。 これはDSEがCPU制御になっているので安定した電源元でないと、電圧降下等でCPUが不安定になり各部機能が 不動作になるからです。分岐電源等で供給回路を構成するとほぼ不動作が多いです。
 助手席に関してはDSVなので通常の電動レカロ配線を構成することで問題なく装着が出来ました。

 丸一日の作業を実施し、オーナーさまが引取りにご来店されたときは少し時間が押して日没後でしたが 運転席に着座頂き最適なポジションを設定することが出来きて、とても喜んで頂きました。

 シートメンテやレール加工費用も高額になりましたが費用対効果は抜群です!! 金沢に戻られてから次のようなメールを頂きました。

------------------------------------------------------------------------------

○〇です。

先日は難題なシートを取付して頂きありがとございました。
走行して直ぐ別の車ではないのかと疑うほど安定走行ができました 。
一番違うのは座った時に直後に感じる体のホールド感ではないかと 思っています。 走行時は適正に車の動きが体感でき、ロール時の体のサポートがで きるRECAROはやっぱり良いですね~ また、シートポジションは初期純正のポジションが高く、ハンドル を握る腕に 苦痛が有ったのですが、プロの技でレールを加工して頂いたので適 正位置になり ストレスが解消されました。
車の良さ、乗り心地をこの度のシート交換して実感している次第です。
シートは車の価値に大きな影響がありますね!
取り外して放置されたシートを再生して頂き感謝感激しております 。
これから定年まで10年ほどは乗り続け次 回車購入時もお世話になりたいと思っています。
ドライブが楽しくなりましたのでどんどん遠出してみます。
この度のご対応ありがとうございました。今後ともよろしくお願いしますm(—)m

------------------------------------------------------------------------------

 いくら素晴らしいレカロでもポジションが出ない(決まらない)レールはストレスになります。
 当社は各オーナーさまの体系やお車にマッチしたレールの作製や加工、調整が可能です。
 費用はかなり掛かりますがその価値はあると考えます。価格は内容により様々です。
 場合によっては車検非対応になる可能性もあります。大変恐縮ですがこの点をご理解頂ける方のみ お問合せ下さい。

1
3
2