12年前に当社でノア70系に持ち込みで装着されたオーナーさまからのご依頼です。

 新車のハイエースをキャンピング仕様にカスタマイズし、今まで以上に長距離運転が多くなるので 装着前にメンテナンスを実施し、納車当日に左右取付ました。

 以前は当社オリジナルのアームレストも装着されていましたが、今回はセンターコンソールに 大型のアームレストがありますので不要とのことでした。 当社のAM19用のアームレストは分解を実施しないと分離(台座部分)出来ないので今回の 作業で取り外すとともに、表皮およびウレタンもノーマル形状に縫製+加工致しました。

 運転席側のシートは電動タイプなので各部の点検を実施し、座面ファンが不動作でしたので 交換致しました。その他メンテナンスに関しては座面右サイドの表皮も破れがあったので部分張替、 座面ウレタン全体の補修補強を実施しました。現状でトータール20万km程度走行されていましたが 補修補強作業でウレタンの状態はほぼ新品同様な感触に戻りました。

 助手席に関してもアームレスト除去も含めて同様のメンテナンスを実施するとともにエアランバーが不動作に なっていましたので、ポンプ+減圧バルブ部分を交換致しました。

 ハイエースへの装着に関しては当社オリジナルの専用レールにて装着しました。レカロ製のレールですと純正シートポジションより 10mm上がりますし、AM19はJSモデルのみの設定となっています。当社レールではAM19用やスポーツスター用、DやCSシリーズ用など ほぼすべてのレカロがハイエースに装着できるように各種のレールを揃えています。

 画像の通り車内への干渉は避けられませんが、純正シートとの比較にならないほど素晴らしい乗り心地を確保できます。 しかしどうしても干渉が気になる方は装着は厳しいです。(扉が閉まらない、スライドが出来ない等根本的な問題はありません)

 今回のオーナーさまはノアから取外してお持ちになったとき、かなりレカロ全体が使用感が大きかったです。 メンテが完了しハイエースに装着した状態を見た時に感激!されるとともに、着座された瞬間は純正シートと比較にならない 安定した感覚に感動!されていました。

 レカロは高額ですが、メンテで蘇えることがやはり素晴らしいですね。これは、レカロ自体が工業製品としての完成度が高いからだと思います。

 今後10年10万Kmは安心してご使用頂けますのでこれからお車をキャンピング仕様にカスタマイズされて、本レカロで快適な長距離ドライビングを 楽しんでくださいませ!!

1
2
3