外車販売店さまからのご依頼です。売却が決定したインテグラーレ用の運転席側レカロの表皮に 傷みがあるとのことでご相談を受けました。

 本レカロは表皮は現在のアルカンターラ(当時はエクセーヌ)仕様で、ヘッド部分にはHFと象の マークがエンボス加工で施されいかにもイタ車!!というオシャレさが漂っています。

 レカロの方はランチャ専用品となるのでベースとしては、アフター用で1980年後半に発売されていた SR2アバンギャルドとほぼ同じシェープラインです。ヘッドの部分が通常のSR2やSR3と比較すると 30mm程度高くなっています。またこれは次の仕様は4ドア&メーカー純正品に採用されている 前倒し機構無+リクライニングダイヤルが片側(コンソール側)となっています。

 レールのサイドのあるRECAROの専用コーションプレートの存在が特別な車であることを表現しており とてもいい感じですね。

 参考ですが8Vのインテグラーレはis81のLS-Lの専用品が装着されていました。

 今回のメンテナンスは、左ハンドルのドア側表皮の傷みが激しいので、背中左サイド内側+外側 、座面左サイド全体の部分張替およびサイドのウレタン補修を実施致しました。

 完成後、車両販売店のオーナーさまが引取りの来られて、部分張替が解らない位いい出来栄えです!! と大変喜んで頂きました。

 今回の仕上がりを気に入って頂いたので引き続きインテグラーレEVO用のSR2黒アルカンターラの 修理ご用命も頂きました。

 ランチャのような専用品のレカロは部分張替で対応できるものは、張替箇所周辺の表皮の状態およびウレタンの 状態も確認しながら極力オリジナルの状態に戻すことも可能です。

 現物を持ち込み頂ければ詳細な打ち合わせが出来ますので、是非ご来店または発送ください。

 (ただし現物確認が重要となるのでお電話やメールでのお見積りは不可となります。シートの状態により  金額に大きなバラツキがありますのでご理解くださいませ)

1
2
3