レガシィでご使用になってCSEの電動機能が不調とのことで、ご相談がありました。

 CSEは座面部分に電動制御用にコントロールBOXが2個(後期モデルは1個のみ)設置されていますが 発売から20年以上も経過しているので、リレーの不具合やコンデンサー不良その他が不具合が 多数発生します。

 このため各部電動の動きが悪くなったり、状況によっては完全に不動になる場合もあります。 今回は当店でのCSE電動関係の定番メニューの制御回路変更作業を実施致しました。

 現状で設置されている制御BOXを除去し、当店オリジナルの回路へ変更します。 機能的にはオリジナルの2ステップオートシートヒータの機能が無くなりますが、故障の原因になる とともに10分程度で切れてしまう制御は今一つです。これから起因して電動機能全体に異常が拡大するので 信頼性の向上のためにも当社のシンプルな回路へ変更することが、今後も永くCSEをご使用頂きためにはベストです。

 今回は、制御回路変更以外にも座面関係のウレタン補修補強やレザークリーニング等も実施して 完璧な状態で仕上げさせて頂きました。

 本CSEは表題にもあります通りオリジナルバッファローレザーの正規品シートです。 しかも擦れや本革の硬化等もほとんどなく素晴らし状態のCSEです。 レザークリーニングメンテを完了した状態では感動的な美しさでした。

 ここ数年本皮、バッファローともレザー系のCSEは程度の悪いレカロしか見受けられません。 本CSEは近年当社へ入庫した中で紛れもなくNO1に素晴らしいレザー状態のCSEでした。 特にレザーのしなやかさ、柔らかさが十分に感じられるのが素晴らしいですね。

 今回の当社メンテナンスで電動制御も完璧に修理が完了しましたし、レザーや座面ウレタンの状態も 完璧なので、末永くお使い頂けますので大切にして頂ければ嬉しく思います。

 CSEお持ちの各オーナーさまは制御回路変更作業は大変意味のある修理となります。 他の部分メンテネンスも含めて是非実施してくださいませ!!


2
3