北陸地方でレカロを販売されているshopさまからのご依頼です。shopさまで長年お付き合いの あるオーナーさまから 電動リクライニングの動作不良は時々発生するとのご相談を受けられました。

 外観的には特に問題はありませんが、内部異常の確認はshopさまでは対応不可とのことで 当社へお問合せがありました。  

 お電話で状況を確認すると、不動作が発生する時としない時があるとのことです。 このような事象は様々な要因(コントロールBOXやSW内部不良、モーター、配線関係ets)が あることをお伝えし、送付頂くことになりました。

  シートが到着し状況を確認するとカールコードがSW付け根部分で一部劣化していました。 SW部分を分解すると内部基盤の配線が一部断線していましたので、今後カールコードの 経年劣化が進行すると電動の不具合が多岐に渡り拡がる可能性があります。

 本内容をshopさまにメールで内容確認頂き、カールコード交換を実施致しました。  カールコードは日本製で耐久性も抜群なので、レカロ製のように経年劣化でコーティング 材が剥がれ落ちて内部の配線が露出することはありません。

 参考ですがカールコードの内部配線が露出すると、各制御用の配線がむき出しになり 抵抗が掛かることでSW側やコントロールBOX側の接続部で断線し、最悪の場合断線した 配線同士の短絡によりSWやBOXを破損し電動機能が完全に壊れてしまいます。
 このような状態になると、修理代は5万円を超えます。
 カールコードの劣化が進行しているAM19は早めのメンテナンスをお勧め致します。

1
2