岡山県のSHOPさまからのご依頼です。ネットオークションで張替品をご購入された お客さまからレカロ装着のご依頼を作業完了後納車されました。

 装着後、お客さまからシートガタツキが大きいので調整してほしいとのことで 当社にご相談がありました。

 is84フレームは販売後10年以上経過していものも多く張替後に不具合が発生する レカロも多いいです。今回の背中部のガタツキもその一つになります。

 要因は様々で、ギアー関係、ブッシュ関係、パーツ関係等あります。 今回は各部点検したところ、ギアー部の摩耗が要因ではないかと推察されました。

 この部分は密閉型の構造なので交換は不可ですので、根本的な解決はフレームの 交換(5~8万円)しか方法はありません。

 ギアー部の調整により現状よりガタツキを緩和できる方法があるので、今回は その作業を実施致しました。作業方法は背中部のヒンジ部のみ分解し調整する 方法ですが、細かな作業内容は公開できませんのご理解下さい。

 こちらの方法も、内部ギアーの摩耗状態で効果が少ない場合もあるので 結果的には、実施してみないとどの程度回復するかは難しいです。

 ガタツキ以外にもリクライニングが数日で10mm程度自然倒れるような状態の レカロにも効果を発揮する作業です。

 こちらに該当する各オーナーさまも是非ご検討くださいませ!!

1
2