RECAROレカロマイスター日記

大阪府堺市【レカロ専門店 RECARO Special Shop FREESTYLE フリースタイル】
RECAROレカロ販売及びメンテナンス等、レカロを専門に扱うショップです。日々の作業内容やレカロについて、更新していきます。

2013年01月

 ご依頼のお客さまは、以前からRECAROの81フレームの旧型オルソペドをご使用になられておりまして、RECAROの素晴らしさは十分ご承知いただいており、今回軽四輪アルト25系にRECAROの装着をご検討されてご来店いただきました。
 アルトの装着にあたり、LX系のオーバーホールモデルか現行のIS05のSR7の新品をご検討されましたが、最終的にSR7にもアームレストが装着できることが決め手となり、今回の仕様、取付となりました。
 
現行のアルトは純正シートのスライド幅が前方向に設定されており、オーナー様のご希望とされるポジションが取れない為、スライドレールアダプターも後方用をセレクトいただきました。
 
シートレールはRECARO社から正規品のレールが販売されていませんが、当店オリジナル品で高さのポジション等も完璧にセッテイングできましたので、大変ご満足いただきました。アームレストに関しても非常にいい位置で使いやすいとのコメントもいただいております。
 
軽四に関しては室内が狭く、ピラーやドア、センターコンソール等への干渉等色々な形で制約が出ますが、純正シートの造り込みがコストの関係で非常にチープなので、RECAROへの換装は大変好評です。多数の軽四にも取付は可能です。ぜひ皆様もご検討ください。

Dscf8049
Dscf8050
Dscf8051

 お客さまは、サンバーご購入の前のお車にもエルゴメドを装着され、RECAROの素晴らしさを感じられていらっしゃったことから、サンバーの取付をお考えになられていましたが、サンバー用のシートレールがRECARO社から販売されていないため、装着を諦めていたところ、当社でサンバーにRECAROが装着可能なことをHPでご覧いただき、ご来店いただきました。
 現行販売されているLXシリーズやエルゴメド系は、座面先端のウレタンが厚めの設定になっていますので、レール側でポジション調整ができないお車では、オーナー様の身長によりドライビング時のペダル操作に無理がかかることがあります。特に今回のサンバーやエブリー、ハイゼット、ハイエース等はこの不具合が非常に多いです。また室内の狭い軽四輪はRECAROの室内への干渉も発生するため、こちらに関するチューニングも必要となりますが、当社の技術力を持ってすれば、これらのRECAROチューニング、施工は全く問題なく可能です。
 
今回のエルゴメドに関してもすべてオーナー様のご要望通りにチューニングさせていただき、サンバーに装着し、ポジションや室内への干渉等大変ご満足いただけました。

 SPGは運転席へ、SR2は助手席へ取付いたしました。
 SPGはご購入いただき、SR2はお持込みです。
 SR2はオーバーホールを実施し、2脚ともセンターをブルーのメッシュで張替いたしました。
 もともとR32のスカイラインGTRに乗られており、乗り換えでご購入されたアルトワークスもボディカラーをカルソニックブルーにされ、内装に関してもブルー系で統一され、センターも同じブルー系で張り替えたので、非常に気に入っていただけました。
 装着に関しては、レカロ製のシートレールを使用しましたので、車検の問題はございませんが、運転席のポジションに関してはかなり高めになりました。レカロ製レールでは一番低くなるようにセッティングいたしましたが、それでもやはりまだ高めです。今回は車検対応を優先いたしましたので、ご納得していただきました。
 助手席に関しては問題ないです。SRシリーズの中でも肩の張りだしの多いSR2でしたが、室内の干渉もほぼなく装着できました。SR2は古いモデルですが、ウレタン等の品質がいいので、オーバーホールでご愛用されるお客様が多いです。

Dscf7891
Dscf7892
Dscf7890

半年ほど前から、青系のST-GT2ワイルドキャットを装着したいとのご連絡をいただいておりました。
当店で下取りのお客様がいらっしゃいましたので、念願叶って装着となりました。レールはレカロ社製3段階フレーム、最下段、サイドステー使用です。
ご来店されて、お車を拝見してブルー系に拘っていらした理由がわかりました。画像の通りです。本当にいい感じのGCインプですね。シートポジションは、GCインプに関してはSP-G専用のコンペフレーム(ノーマルより35~55mmダウン)がありますが、オーナー様はノーマルポジションくらいで良いとのことでしたので記載の仕様で装着いたしました。
SP-GTはSP-Gとほぼ同じシルエットですが、座面サイドが倍ほど高いのでホールド性は抜群です。ただその分乗り降りが非常にし辛いです。本当のコンペティーションRECAROです。現状でワイルドキャット仕様は生産中止ですし、SP-GT2自身も取り寄せにはドイツ本国オーダーになるので納期はかなり(最低1か月~最長3か月)かかります。 これだけ待っても購入する価値のある本当に素晴らしいフルバケですね。特にポルシェやスカイラインR32~R35のGTRのお客様には大人気です。予約販売も可能です。ご興味のある方はお問い合わせください。

Dscf7883
Dscf7884
Dscf7880
Dscf7885

ジャガー(GH-J51YA 2000CC)に取付いたしました。
C81は現在でも大人気もでるCクラシックの前期モデル的なRECAROです。
機能的にはCクラシックと全く同じです。当時バッファロー仕様ですと1脚40万円を超える価格でしたので、左右で100万円程度していますね。
C81の純正バッファロー左右を、当店オリジナルグレーで全面張替いたしました。

今回の装着は非常に手間のかかる作業内容となりました。まず、レールを現物合わせで作製(当店オリジナル)することと、助手席内部に装着されている着座センサーを生かして、通常状態でエアバック警告灯が点灯しないようにする点です。
シートレールに関しては、C81にはハイト機能がありませんので最適なシートポジションがセッティング出来るように RECARO製のレール同様に3段階で高さ調整ができるように作製いたしました。
着座センサーに関しては、当初はパーツでディラーから取り寄せる予定でしたが、座面ウレタンとすべてアッセン交換パーツになり、10万円!!を超えるとのことでした(BMWの場合はセンサーのみ可能2~3万円程度)ので純正シートを分解して取り出す方向で実施しました。取り出したセンサーはRECARO内部に取付し純正シートと同様にエアバック関係が正常動作するように挿入方法やセンサー感知状態を確認しながら取付致しました。ジャガーのセンサーはBMWやベンツと異なり、構造的にも体重の感知方法に関してもかなり特殊なものでしたのでこちらに関しても非常に苦労いたしました。
オーナー様は、大好きなジャガーにRECAROが装着できないことを非常に残念に思われていましたが、レールの作製やセンサー類の安全解除等を現実して念願のC81を装着できたことを大変喜んでいただけました。 特注のシートレール作製に関してはHPの項目をご覧ください。

Dscf7872 Dscf7878 Dscf7876

↑このページのトップヘ