RECAROレカロマイスター日記

大阪府堺市【レカロ専門店 RECARO Special Shop FREESTYLE フリースタイル】
RECAROレカロ販売及びメンテナンス等、レカロを専門に扱うショップです。日々の作業内容やレカロについて、更新していきます。

2014年01月

 日本自動車メーカで唯一エボリューションの設定を設けて、11代目まで進化し続ける孤高の市販レーシングカー!! ランサーエボリューションの純正RECAROの修理依頼をいただきました。
 ランエボは初代の1~11まですべてRECAROが採用されています。三菱のこだわりがここにも反映されていますね。
 今回はRECAROのAM19モデルでアフターモデルでスポーツ-JKになります。
 こ
のモデルの特徴は、背中部分はAM19のモノコックボディを採用し、座面のフレームはJSモデルを基本として、底面の振動吸収システムを従来のピレリーマットからCSモデルに採用されているピアノ線+超鋼スプリングを採用した上級モデルのシステムを採用しています。アフターマーケット用のAM19のJSやJKはゴム製のピレリーマットなのでここにも三菱のこだわりが感じられます。
 座面サイドのウレタンはセンター部と結合タイプなので、着座時にシート座面に掛かる側面圧力の分散率は通常の分離タイプと比べて低下すると考えられるので、着座感覚はかなり異なります。この辺は一度時間があれば双方で私が一定期間使用して比較してみたいです。
 少し脱線してしまいましたが、今回の作業関係について報告します。
 お車は1オーナーで距離は6万㎞です。4ドアのスポーツモデルということでとても気に入って所有されているとのことです。日々通勤で短距離10㎞弱を走行されていますが、使用頻度が高いのでRECAROの傷みも進行し、ドア側の背中、座面部分の表皮(アルカンターラ部分)や座面右サイドのウレタン、AM19スポーツモデルに多いバックパネルの内部フレーム固定部のコンソール側の破損がありました。これらの部分に関してすべて修理を実施するとともに、乗り心地に影響のある座面センター部の補修補強も実施致しました。修理完了し、お車に装着後にRECAROに座っていただき、全体的にシートのウレタンが張りがあり剛性が上がっていると喜んでいただきました。
 ランエボは末永く所有されるとのことなのでRECARO同様に可愛がってくださいませ!!
 今回の作業のように、純正RECAROも修理に対応しておりますので、お気軽にお問合せください。

Dscf1511

1

 8年前にサイバーCR-XにA8 Ver.2を左右、その後に、CR-Z:SR-7+SR-7Fの装着していただきまして、今回3回目の装着になります。生粋のHONDA党で、今回程度極上のBA7に出逢い、一目惚れでCR-Zから乗り換えられました。お車はBRの中でも大変稀少な最終モデル2100ccの北米仕様です。4WSも装着されており非常にコストがかかっています。 ご購入にあたり、オリジナルカラーで全塗装+エアコン関係のオーバーホールを実施され、他は全く問題なく快適にファーストカーとしてご使用されています。今回も今までのお車同様、RECARO装着をご希望され今回の取付になりました。
 RECAROはCR-Zからの乗せ換えですが、レール関係が現在RECAROからリリース(製造中止)されておらず、当店で作製となりました。BAは当時XXとSIそして4WS仕様と種類が多く、当店もノーマルのXX用のレールデータがあるのみの状況でしたので、採寸等を実施し特注仕様でレールを作製いたしました。ポジション的にはLOポジをご希望されていましたが、フロアーの構造上ノーマルポジションと同等レベルでの装着となりました。IS05モデル系のSR-7は85モデルのSR3と比較してシートピーク幅(ダイヤル部分)は 狭くなりましたが、全高は逆に高いので車高の低い90年代HONDA車には天井側が厳しい感じでしたが特に接触することはありませんでした。今回もシートをRECAROに換装されたので更に快適なドライビングが堪能できると思っております。希少で程度極上にBAプレリュードでRECAROとともに充実したカーライフをお送りください。

2

1

 トヨタの小型車の中でも、非常に完成度の高いブレイドへのRECAROの装着です。
オーナー様はブレイドの中でも最強モデルのV6 3000ccにこだわり、1年間かけてUSED車で探し出したそうです。アクアを少し大きくしたBODYに大排気量のエンジンなので、加速は素晴らしいの一言です。エクステリアに関しても前後バンパーの交換、WALDの19inchホイルにオーナー様のセンスの良さが光る一台です。
 今回、インテリアをカスタムするためにRECAROの装着となりました。
 シートはUSED品を購入されたので、全分解クリーニング+ウレタン修理+部分張替えを実施いたしました。スタイルでお決まりのサイドサポートの調整機構をはじめ、座面のウレタンの補修補強をすることでドライビングポジションの調整や座面の乗り心地の改善を図りました。
 部分張替えに関しては、三菱純正生地は入手できませんので当店オリジナルの生地で張替えいたしましたが、同系色の黒なので特に違和感はございません。
 パジェロ純正のRECAROの表皮デザインとブレイドの内装の雰囲気がマッチしており、違和感のない仕上がりです。レールに関してもRECARO製をオーダーいただきましたので、ポジション調整や装着時のガタツキ等の不具合もなく完璧な状態で取付られました。
 USEDのRECAROを装着される際は、最低でも全分解のクリーニングを実施されることをお勧めいたします。

Dsc00010_2

1

 

 スバル レガシィ ワゴンBL 前期モデルに、運転席はAM19 スポーツ電動 SP-DCを、助手席はAM19 スタイル電動 ST-DCをレカロ社製スポーツフレームで取付いたしました。

 シートは左右ともに、全本革張替+ウレタンおよび電動オーバーホールいたしました。
スバルのレガシィワゴンに非常にこだわりを持ったお客さまからのご依頼で、愛媛県からのご来店です。レザーサンプル等をご確認いただき、作製させていただきました。
 車は、ブレーキもエンドレス8ポット+車高調交換+補強バー関係で足回りを強化し、エクステリアに関しては後期型のガーニッシュ+リアスポ+レンズカバーで仕上げて上品に仕上げられています。
 シートに関しては、純正が表皮の傷みおよびウレタンの劣化が進んでおりましたので、今回RECAROへの換装となりました。こちらにも非常にこだわりを持ってシートをセレクトされています。 左右ともAM19モデルで高さ調整機能が備えられた電動DCモデルであり、運転席にはホールド性の高いスポーツSPモデル、助手席はノーマルでデザイン性に優れたスタイルSTモデルを装着いたしました。
 本革は内装に合わせたアイボリー系でセンターのベンチレーション機能を向上させるためにパンチング加工いたしました。シートに関しては、USEDで購入されてのお持込みとなりましたので、ウレタン関係の補修補強、電動ファンおよびエアランバー交換、運転席用のスポーツSPバックシェル内部割れ 修理等、メンテナンス関係にも費用は掛かりましたが、新品のAM19タイプのフルレザーを購入するよりは遥かにコストパフォーマンスは高いです。現在AM19電動をお持ちの方も是非ご検討くださいませ。

Dscf1023

Dscf1023_2

 マツダ社の中でも、欧州車の雰囲気でデザインされた新型アテンザにレカロを装着するため、特注レール作製とお持ちのSR6の張替のご依頼をいただきました。
 お車のボディにもブルー系のホイル等を入れられ、デザインにもこだわっていらっしゃいましたので、シートもブルーを基調に内装のアイボリーに合わせて部分張替にて作製いたしました。
 またお車は最新モデルなので、レカロ社からシートレールが販売されておらず、特注作製となりましたが、剛性が高く強度のあるレカロ社の製品と同等レベルのご要望いただいておりましたので、レールはレカロ社のレールを使用し、ベースに関しては使用鋼材はレカロ社の基準のものよりもさらに強度のあるものを使用、ポジション調整も確実にでき、スムーズなスライド操作もできるものを作製いたしております。(某国産メーカーよりシートレールが販売されておりますが、固くてスライドが全くしないとのことでご依頼いただきました)特注レールは車検非対応となります。
 シート及びシートレール、ポジション調整につきましてもすべてにご満足いただきました。

Dscf0867_3

Dscf0867_4

↑このページのトップヘ