RECAROレカロマイスター日記

大阪府堺市【レカロ専門店 RECARO Special Shop FREESTYLE フリースタイル】
RECAROレカロ販売及びメンテナンス等、レカロを専門に扱うショップです。日々の作業内容やレカロについて、更新していきます。

2014年02月

  フランス車の2大自動車メーカー、ブルーライオンことプジョーが市場に久しぶりに導入した本気モードの戦闘車両!? 斬新なクーペスタイルのRCZへ、RECAROのフルバケを装着したいとのご相談をいただきました。取付のシートは、RS-G SK100 ブラック×シャイニングメッシュレッドです。
 RCZはベースが308と同じプラットホームを使用しているとともに、エンジンも1.6+ターボ200hpとなるので、特別走りを追及したモデルではありませんがデザインが素晴らしいです。デザイン的にはミッドシップの感じですが、エンジンはFFレイアウトで4人乗です。しかし4人乗りとは思えない素晴らしいルーフのラインとそのセンターウエーブ形状は芸術的の一言です。その他、前後左右の斜めから見るフェンダーの盛り上がりも芸術的なデザインです。
 1週間のお預かりでしたが欧州車の最新のデザイナーの仕事の素晴らしさが肌で感じれる良い日々を過ごせました。かなり話が飛びましたが本題へ入ります。
 今回もレールのデータ等がありませんので、お預かりによる作製です。純正シートは電動タイプでサイドエアバックも装着されていましたので、キャンセラーの装着と電動シートを取り外した場合の不具合が車両側に出るかについて事前に購入ディーラーさまでご確認いただきました。
 本車両に関しても2点ほどの解決ポイントがあり、これらをクリアして装着可能となりました。
 ポジションに関しては、純正のハイトアジャスター最下段からまだ20mm下げたいとのご要望でしたので、物理的限界まで下げた状態とし、またマニュアル車なのでステアリングセンター等も完璧に出してほしいとのご要望で、こちらの方もご要望通りのセッティングとさせていただき大変ご満足頂いただきました。
 レールの作製には大変な労力と経験則が必要となりますが、すべてのRECAROを自分自身で装着し、経験している当社なので実施できる内容と自負しております。
 プジョーRCZは2014の今春にレーシングバージョンのRCZRが最高出力270hpで華々しくデビューします。足回りやその他を含めて更にチューンされているとのことなので、こちらをご購入のお客さまも是非RECAROでワングレード上のドライビングをお楽しみください。

Dscf1605

1

 

 お手持ちのエルゴメドMVに、アームレストを取付されたいとのことで、シートと同じ表皮のレカロ社製ナルド黒生地での作製ご依頼いただきました。
 エルゴメドはアームレスト取付穴があるため、アームレストのみの発送でお客さまでの取付が可能です。当店のアームレストは、レカロ社製よりも小さく作っているため、室内の狭い軽四のお車でも取付でいただくことができます。
 納品後、装着の画像をお送りいただきました。

Nec_0333

 トヨタ プリウス30系に、エルゴメドMV351黒をレカロ社製シートレールで取付いたしました。カスタム内容といたしましては、シートヒータ(腰部)装着、サイサポ部先端カット、ベースフレーム加工、背中センターウレタン調整です。
  他店でRECAROを新品で購入し装着されましたが、思うようなポジションがとれないため、名古屋からご来店されました。
 3回ご来店いただきましたが、1回目は現状の問題点についてお聞かせいただき、RECAROのカスタマイズが必要となったので当店のレンタルRECAROに交換してエルゴメドをお預かりしました。この時にシートヒーターの装着と座面先端のサイサポ部がペダル操作の際太腿の裏側に圧迫感があるとのことなので、先端部分をカット(再縫製必要となります)し違和感を低減しました。
 2回目はカスタム作業が完了し装着のためにご来店いただきました。この時シートレールに関しても現状の3段回高さ調整ではご希望のポジションがとれなかったので、ベースフレームの後部側アーム部を7㎜(スペサー1枚分)ご希望のポジションにセッティングさせていただきました。
 3回目は、前回の調整から半年くらい経過し、一度の運転で500㎞程度ドライビングした場合に、背中部に一部密着感がなく座面のヒップポイントのズレが気になるとのことでした。
 このような症状から、シートポジションをベース部分後方足部の高さ調整のスペーサーを7㎜分を除去し、ノーマル状態に戻しました。次に背中部分ですが、メディカルRECAROに標準装備されているエアーランバー以外にブロックタイプのランバーを装着し、お客様の胸椎下部から腰椎のラウンドに適合した調整をいたしました。
 ご参考までに、レール関係の最終調整状況は次の通りです。
 3段階 ①前側→最上部 ②後側→最下段 ③シート~スライドレール間スペーサー 7㎜ 2枚+6㎜ 1枚→20㎜UP 今回の調整以前の半年間にご自身でも3段階の高さ調整部を幾度となく調整してベストなポジションを見つけ出そうとされたと伺いましたが、その際にベースフレーム部前側のスライドレール固定用ネジ穴を1か所破損させて装着に不備も生じたとのことです。今回の作業の一環でこちらの部分に関しても溶接作業で修理し通常に使用できる状態になりました。以上、ポジションに関しては本当に皆様ご苦労されています。他店で購入のRECAROでもポジション調整のみの作業(有料)も可能です。 作業ご用命の場合は、大変恐縮ですが全国から到着するRECAROメンテ等の日々作業に追われておりますので、事前にお電話いただきご来店予約等でお願いいたします。

1

2

 

 ダイハツのコペンにSR3ワイルドキャットのコペン仕様を当店オリジナルレールで取付けられました。
 
軽自動車の最高傑作の1台といわれるオープンカーのコペンに装着のため、通販でオーダーいただきました。お客さまのお車は、純正オプションのRECARO(センター赤ワイルドキャット柄)が装着されおり、そのRECAROと同じ仕様でSR3を作製してほしいとのご要望でした。
 今回は当方にSR3ワイルドキャット赤の在庫があり、こちらの方を使用してサイドのステッチを赤のダブルで再施工いたしました。
 また、室内の狭いコペンに装着するために、シート本体のウレタンやダイヤル加工も実施しております。 更にRECARO製のレールではSR3
の装着が困難なため、レールに関しても当方のオリジナル品をオーダーいただきました。ポジション的には、当方のレールで純正シートポジションと同等レベルです。
 RECARO社製のレールではフルバケのみしか装着できない設定になっています。少し加工することでリクライニングシートの取付も可能ですが、ポジションが上がってしまう難点がありますので、当店のお客さまは全員オリジナルレールをご使用されていらっしゃいます。
 今回はシートヒーターも装着したので、純正の快適さも損なわず、表皮の柄やデザインも大変気にいっていただけました。画像の赤のコペンRS-GとSR6は以前のお客さまの参考画像です。コペンのお客さまも是非当店でRECAROを装着くださいませ。

Dscn0023

Dscn0024

P1000096

P1000097

P1000108


 最終型BBプレリュードのVTEC搭載のSi-R!!5速マニュアル車に、レカロ LS-M アブスブラックの装着です。LS-Mはウレタン修理、部分張替、ラバーマットの交換となりました。
 HONDAの中でプレリュードは残念ながら無くなってしまいましたが、初代から常に斬新でスタイリッシュなデザインは個人的に大好きです。特に最終型の流れるようなクーペスタイルはデザイン的に洗礼され今現在でも充分通用するスタイルですね。
 エンジンは2200cc 220HPで5000rpmからはVTECサウンドは最高の一言。マニュアル車ならではです。このようにこだわりのお車にお乗りの方は、やはりRECAROです。モデルもこだわりのLS-Mを左右に装着されています。
 マニュアル車のドライビングを楽しむとき、RECARO以外は考えられない!!ホールドは抜群で体はブレないし、長時間走行も疲労しない等すべてにおいて完璧とのことでした。
 LSは腰部のホールド性が非常に高く、SRに匹敵するレベルです。
 シートデザインは、SRシリーズのような戦闘的!?イメージでは ないので、派手を求めず機能重視で選ばれる方が多いです。現在は販売されていないRECAROなのでとても残念です。
 しかし当店には在庫ございますので、お気軽にお問合せください。
 また、前期もの81フレームや中期の85タイプ、最終型のモジュラー401タイプの LSまで多岐に渡りオーバーホールの対応は可能です。今回のLS-Mは中期の85フレームタイプで正式名称はS(スポーツ)になります。
 当店ではシート形状で区別させていただいておりますので、LSモデルと表記しています。オールブラックのアブスタイプや、センターがルマンカラー、その他インディーカラーの3種類があり、80年代後半からリリースされたモジュラーシリーズで新たにLSモデルとして販売されました。モジュラーシリーズのLSは40系の表皮をセンターに使用し、背中センターはDシリーズやオルソペドに採用され高級RECAROの代名詞3マウンテンの施工がされており、RECAROの刺繍もセンターに小さめにさり気なく上品な感じです。
 話が逸れてしまいましたが、オーナーさまはプレリュードを今後は同色でオールペイントされる予定で永年所有されるとのことです。お手持ちのLS-Mも大変気に入っていただいておりますので、RECAROの方も末永くご使用いただけると思っております。

1_2

 

2

↑このページのトップヘ