RECAROレカロマイスター日記

大阪府堺市【レカロ専門店 RECARO Special Shop FREESTYLE フリースタイル】
RECAROレカロ販売及びメンテナンス等、レカロを専門に扱うショップです。日々の作業内容やレカロについて、更新していきます。

2016年05月

 日本車のSUV代表格!!三菱のパジェロ ショートタイプのオーナーさまがご来店され、修理ご依頼をいただきました。
 本RECAROはお車購入時から左右装着されていたそうです。運転席の電動AM19 JCシリーズは、不具合としてカールコードの劣化があり、被覆がボロボロでしたので交換のため来店されました。
 シートは当方の在庫のAM19を装着して一度ご帰宅いただき分解後修理をいたしました。 分解後にAM19 スポーツSP特有のコンソール側背面シェル固定部の2か所破損や、座面ウレタンの傷みも発生していることがわかりましたので、こちらに関しても修理を実施し、完璧な状態で装着いたしました。
 カールコードは早めに修理しないと配線が切れて短絡し、制御BOXの破損になると修理代はカールコード交換の倍以上となります。不具合のある方は是非修理をお勧めいたします。
 ポジションに関しても調整を行いました。レールはRECARO製で3段階の最下段の装着して、オーナーさまのベストなドライビングポジションとなるとともに、助手席に関しても奥様の着座位置に合うように調整し、大変喜んでいただけました。
 オーナーさまはお車がお好きで、初のSUVですが黒のシュートbodyがミニバンやハイブリッドの多い中で一際存在感がありいい感じです。黒の車体に合わせて、黒のホイルのセレクトもバッチリですね。お年は50後半のオーナーさまですが、奥さまと颯爽とパジェロにRECAROを装着されてお乗りになっておるのは本当にカッコいいです。このように、お孫さんがいらっしゃる世代の方にもお車にこだわっていただき、RECAROを装着されてドライブを楽しんでいただければと思います。

1

2_2

 山形県のオーナーさまの長年ご使用されたレカロを当方でメンテナンスさせていただきました。
 表皮の張替は特に実施せずに、クリーニングやウレタンコーティング、 バックシェルのガタツキ修理、ウレタン補修補強を実施し、納品いたしまして、内容にご満足いただきました。
 オーナーさまに永年レカロをご使用していただけることが当社の最大の喜びです。以下はお客さまからのメールとなります。

-----------------------------------------------------------------------

先日は大変お世話になりました。 ようやく作業時間がとれてシートの交換が出来ました。 見慣れた形ですが座ると硬いウレタンの感触とキュッキュッと擦れる音が新鮮です。 購入した車両にもSR-6の限定モデルが装着されていたのですが、 程よいホールド性にベンチレーションとシートヒーターが手放せず、 今回オーバーホールをお願いしたんですが大正解でした。 18年25万km頑張ってくれましたが、これでまた10年10万kmと一緒に走れそうです。 写真を何点か添付しますので、よろしければ使ってください。 今回はありがとうございました。 また機会があれば作業をお願いしたいと思います。

Dsc_0477

Dsc_0475

Dsc_0480_2

 RECARO販売史上で最高級の性能を誇るDSEのメンテナスを実施致しました。
 本品は10年前に当店で販売し、現在も電動機能にも一切のトラブルのない極めて稀なDSEです。DSEは電動レカロの中で唯一複雑な制御回路が採用されており、ベンチレーションの4段階調整や室内温度による自動OFF機能、ヒーターも4段階調整でシートメモリーも4ポジションが可能です。また、すべての動作を電動で稼働させるという極めて贅沢な機能を有しています。
 配線も4系統結線する必要があり、各配線の容量も個別に決まっております。それゆえに、取付方法や取り扱いが乱雑だと故障するケースが多く、USEDで出回っているDSEはどこかに不具合を抱えており、ほぼ全滅に近いと考えています。
 制御ユニット交換やケーブルの交換で修理はできますが約20万円ほどかかります。当方では過去に新品も含めて20脚程度販売していますが、全て元気に活躍している様子です。実は私も個人的にゲレンデG36LにDSEのバッファローレザーを4年使用していますが、電動機能は一切ノートラブルです。
 今回は表皮とウレタン関係のメンテナスで入庫いたしました。クリーニングを実施、3マウンテン部もセンターおよびサイド部分も全体的に張替したので新品同様に張りが出ていい感じです。ウレタン補強やラバーマットも 交換しましたので、10~15年は問題なく使用できます。
 オーナーさまはスズキKeiのアルテッサ351黒仕様に本シートを装着されて、お車もご自身でメンテナスされてカーライフを楽しんでいらっしゃます。レカロは機能的に素晴らしいもの なので、このように車種にこだわるのではなくパーツとしてお使いいただけるようなものだと考えています。当社の技術力で皆さまのレカロが末永くご使用いただけたら本当に嬉しく思います。

1

2

 

 今回ご購入されたホンダS2000の極上車に、長年ご使用になられたレカロを装着のため三重県からオーバーホールにご来店いただきました。
 タイプR用はサイドがアルカンターラ仕様で高級感があり、リフレッシュされてご使用になるオーナーさまが多いです。特に赤のアルカンターラは汚れが付きやすいともに、右座席用のドア側(背中、座面)の表皮が擦り切れる場合が多いです。今回も同様な症状でしたがアルカンターラの 部分張替(東レ:ウルトラスエード使用)を実施し、 座面サイド部分も傷みに伴い、LO加工+部分張替を 実施いたしました。
 また、併せてクリーニングも実施し、新品同様に見違えりました。仕上がったシートを引取りでご来店されたオーナーさまはあまりの美しさに大変喜ばれていました。オーナーさまはHONDAの車が好きで、ご来店もN-BOXのカスタマイズ仕様でおみえになり、シートはDC5のSR4が左右に装着されていました。本レカロもS2000に装着いただき、お車共々末永くご愛用くださいませ。

1

2

3

 

 プジョーのスタイリッシュクーペRCZへレカロRS-G装着のため、レールのオーダーを東京のオーナーさまからいただきました。
 当方でRCZのレールは本品で4脚目になり大変好評を得ています。レールはドイツ本国RECARO製を採用し、高さを3段階で調整できるようにしています。レールを固定するメインバーはレカロ製約1.3倍の外径があり特注で金属加工メーカーで 作製いただいています。そのため重量がありますが、激しいサーキット走行も可能です。RCZは運転席をレカロに交換すると、助手席の電動シートが機能しなくなるので、運転席の電動制御ユニットを取出してシート下に移設する必要があります。ご希望の方はご来店いただければ作業は可能です。今回のオーナーさまはかなりの強者!!で本作業を当方の解説もなくご自身で実施されて、レールの装着までこなされました。凄い技術力ですね。(基本的にこのような特殊作業はハイレベルで工具等もすべてお持ちのプロに近い方にしかできません。また高額な純正シートを破損、または車体のCPUを壊す可能性もあります。以上のことから大変恐縮ですが本件に関しては一切ご説明できませんことをご理解ください)
 以下はオーナーさまからのメールとなります。

-----------------------------------------------------------------------

 無事に取り付け完了しました。 大変、満足しており、良い買い物が出来たと思っております。
 溶接のビードも綺麗で、高さ・前後の調整シロがちゃんと確保されているのが非常に助かりました。 前後のスライドも純正より前後するのでは?と思いました。
 RCZは、特にシート座面が高く、純正シートでの運転が疲れる。 そして、ウインカーなどメーター表示部が見えない、サイドミラーが見辛いなど、純正シートに起因する 問題があったのですが、本レールの装着により、大分改善されました。 当方で加工することもなく、ポン付け出来ました。
 当方の車両は、後期モデルで、2014年モデルとなりますが、運転席のコンピューターを丸ごと 移設しないとダメでした。 案の定、助手席側が動作しなかったです。 その他機能の動作確認はしていないので、他に何の影響があるのかは確かめていません。 添付の写真の物を車両に残す必要があります。 シート下の窪みに何とか入れ込むことが出来るので、大した問題ではありませんでした。 サイドエアバックのみ、カプラーがシート裏になく、シート内に配線が伸びており、シート背面をバラす 必要がありそうです。そのため、私は、ケーブルに余裕のある場所で切断し、線番を割り当てて ギボシ端子を付けて加工しました。 それ以外のシート-ヒーターやパワーシートのカプラーで切り離すことが容易に出来ました。 エアーバックのキャンセッラーは、バッチリでした。 配線の情報も頂いた情報で合っていました。 シートベルトの線は、丸ごと移設したため、配線の色は確かめていません。
 作業時間は、純正シートの取り外し含めて2時間位でした。 添付した写真でよければ、ブログで使って下さい。 RCZオーナーでおそらく、社外シートへの交換を躊躇している方は多くいると思うので ぜひ広めて下さい。 私も御社は、RCZオーナーから紹介していただきました。

1

2

 

↑このページのトップヘ