RECAROレカロマイスター日記

大阪府堺市【レカロ専門店 RECARO Special Shop FREESTYLE フリースタイル】
RECAROレカロ販売及びメンテナンス等、レカロを専門に扱うショップです。日々の作業内容やレカロについて、更新していきます。

2016年07月

 先月にサンバーTT用の助手席にAM19を装着したいとのご要望を受け、IS05用の冶具を利用して作製し、納品させていただきました。
 AM19はシートの構造がレール取付面から約50mm程度にフロア側に出ているので、非常に特注レールが作製しにくいレカロになります。今回も当方の技術力を駆使して作製し、取付を完了したお客さまから お喜びのメールをいただきました。
 当社はコーチビルダー的な会社ですので、作製物がご満足いただけることがこの上ない喜びとなります。 費用と時間がそれなりに掛りますがご理解いただいているお客さまには感謝の言葉しかありません。 これからも日々精進していきますので、スペシャルレールのオーダーもお待ちしています。 以下はお客さまからのメールとなります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

RECARO special shop FREESTYLE御中
 ご無沙汰しております。 本日、ようやくサンバーの助手席にレカロシートを装着することができました。 装着に関して丁寧なメールがあり、問題なく装着することができました。 ありがとうございます!! 運転席に他社のレカロシート対応レールを取付けていますが、 その商品に比べ、塗装・各部の溶接等丁寧に作られており非常に満足しております。
 現在は運転席にレカロのフルバケ(SP-G)、助手席に御社のレールを用いたSP?Jを 取付けておりますが、ゆくゆくは乗り降りも考え、レカロシートのLX系を両座席に 取付けたいと思っております。

 先日納品させていただきましたオーナーさまからお喜びのメールをいただきました。
 本オーナーさまもそうですが、当方のお客さまは複数レカロ所有されている方が多数いらしゃいます。このオーナーさまもAM19トレンドTR-J351黒と、エルゴメドD351黒をご家族のお車にも装着しています。 恐らく今回のLT-Lは最高品質のモジュラーシリーズなので、この3モデルの中では最強の乗り心地!だと思います。
 当方のお客さまも約80%の方が1脚のみ装着です。 このことは本当にレカロは道具!!として素晴らしいものだということです。カッコいいから!(これも大いにありです)ファッション的な感覚で装着される方はかなり少ないです。 道具として!自動車シートとして素晴らしいものだから運転席のみで!快適にドライビングできることが優先! との認識が浸透していることがとても嬉しく思います。 これからも皆様のレカロを1脚でも多く蘇えらせて、末永くご使用いただけるように技術技能の向上に努めて参ります。
 以下はオーナーさまからいただいたメールおよび画像です。 ラパンのレカロのオフィス化もご対応させたいただきます!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

フリースタイル様 山口県下関市の〇〇です。先日レカロシートのレストアをして頂き 誠にありがとうございます。 新品同様に蘇りました。とても嬉しく思います。全体的にしゃきっとした 感じになり、特にサイド回りががっちりしたように思います。 他の二台の車(パッソとマーチ)にもレカロを装着しています。 昔、初代ラパンSSを所有しておりました。このラパンSSにはオプションでレカロシートが付くのでそれを装着しました。 レカロと言ってもスズキがレカロ社に依頼しラパン用に作られたものです。 軽四サイズなので少し小さめです。クッションは純正のレカロとほとんど変わりません。こちらを室内で使用しオフィスチェアーにしたいと考えます。

S9320003

2_2

 

 ハイエースに装着されていたSRの部分張替+メンテナンスのために福岡から送付いただきました。
 ブルーのカラーが非常に気に入ってるとのことで、青系での張替をご希望されセンターを濃い系、 サイド部は薄い系でのコンビネーションでのオーダーとなりました。
 RECAROの刺繍部や各サイド部の側面はレカロ製のオリジナル ベロア生地ブルーが使用できましたので、張替の価格も抑えるためにそのまま使用することになりました。 今回は画像の赤丸部分の表皮側面の状態が非常に良かったので部分張替が可能です。 通常、背中部の赤丸を見ていただきたいのですが、黄色のラインで区切っている個所が4ブロックに別れています。通常使い込まれたRECAROの場合は、こちらがドア側(右サイド)になるので シートベルトでの擦れや太陽光による日焼けで表皮の経年劣化が部分張替ができないものが かなり多いです。
 今回のオーナーさまのレカロはこちらの部分の表皮状態が非常に良好で、傷みがあった部分は画像の張替前を見ていただいた通り背中および座面サイドの内側部の2か所および座面センター中央部でした。この場合は完成画像のように部分的な張替が非常に施工し易いです。
 今回はクリーニング+ウレタン補修補強も完璧に実施しましたので気持ちよく長年ご使用いただけます。 張替のカラーリングもバッチリで、現状でブルー系のレカロが有りませんので本当にいい感じに仕上がり、存在感のあるSR-VFとなりました。 ブルー系がご希望のオーナーさまはこのようなスペシャルな感じにも対応は可能なので是非ご検討ください。

1

2

 

 三菱純正のレカロをUSEDでご購入されたお客さまから装着前のメンテナンスのご依頼を受けお預かりしました。
 クリーニングを含めたメンテなので、レカロを分解する作業から入りますがその際に、レールの取外しが必要となります。 本レカロはアフターマーケット用のモデルでいいますとAM19スポーツSP-JKになります。
 JKの最大特徴は、背中上部はAM19で座面が現行のIS05近い形状であり、座面圧力を受ける機構がピレリマットではなくプルマフレックス(RECARO史上最上級グレードのCSE等に採用されているもの)を採用し、上質な乗り心地を確保している点です。
 余談ですがスライドレールに関してもポルシェ996以降の純正品と同じ左右でロック溝位置が異なる微調整可能なレールを採用しています。私も今まで沢山の日本車のレールを見てきましたが、純正品でこれを採用しているのを見たことがないです。
 話はレカロの内容に戻りますが、純正レカロはすべてそうですがレール固定用のネジはすべてロックタイト(青色)で完璧に固定されているので緩めるのが大変です。本シートもスナップオンの工具を使用して丁重に取り外しました。画像の通り、レールを取外しと ロックレバーの機構がそのまま底面についているのでRECARO製のレールを装着することは不可能です。こちらをグラインダー等でカットして、過去に他メーカーの車両に取り付けた実績もございます。またネジ穴も異なるので一般の方には他車流用は不可だと考えます。
 シートの表皮に関してはサイドに本革+メッシュ生地、センター部にアルカンターラを使用するなど 車両のこだわりにあったシートの内容になっています。先日のスバルWRXのSR11改もそうですが、このレベルの車は各メーカーの開発陣がレカロへのこだわりをもってトータルで車を開発しているという熱い想いが感じられ、当社でメンテ作業をしていても大変嬉しくなります。 また次の機会にウレタンメンテ等が完了した内容をブログで紹介いたします!!

1

2

 

 マツダFD RX-7に3年半ほど使用(公道)しているRS-Gを、背中部のウレタンがヘタッてきており交換したいとのご要望で送付いただきました。
 現行モデルのTS-G、RS-Gは背中のウレタンが分離できるSP-G系のスポーツシェルとはことなり、 背中のウレタンは背中表皮と一体で縫製しており、簡単に交換することはできません。表生地+センターウレタン+シェル側パイル生地の3層構造になっているとともに、センターウレタンは上下の表皮が接着しているので、こちらを分離(画像②)して再接着するのも 大変な労力が必要です。
 今回は、画像③の右水色の硬質ウレタンでご希望の箇所を入れ替えました。 画像④は動圧荷重を2本の指で上方向からかけています。右は入替用の硬質ウレタン。左が装着されていたウレタンです。 見ればお解りいただけると思いますが、右側は食い込みがほどんどありません。 画像⑤の分離した元のウレタンはヘタリもあるかもしれませんがかなり柔らかいです。画像⑥のように本ウレタンから型取りして 入替ウレタンを作製し、表生地のシャイニングメッシュと裏生地のパイル時をそれぞれ接着し画像⑦⑧のように 縫製して完成です。
 今回の作業は当社でも初の施工となりましたが、入替ウレタン感覚は固さと粘りを十分に体感でき、沈み込みもある程度あるので IS84系のSRシリーズのような感じに仕上がりました。これにブロックタイプのランバーを2個くらい挿入してオーナーさまの背骨体型に調整していただければベストだと考えます。
 本施工はTS-Gにも同じように対応できますので、使い込まれたRS-GやTS-Gもそろそろ出てくると思いますので、他のオーナーさまもリフレッシュされてはいかがでしょうか? 座面も併せて交換されますと劇的に乗り心地は改善されると思います。

1

1_2

 

↑このページのトップヘ