RECAROレカロマイスター日記

大阪府堺市【レカロ専門店 RECARO Special Shop FREESTYLE フリースタイル】
RECAROレカロ販売及びメンテナンス等、レカロを専門に扱うショップです。日々の作業内容やレカロについて、更新していきます。

2016年11月

 メディカルレカロの最上級モデル、オルソペドを永年ご使用のオーナーさまから オーバーホールの依頼を受けました。

 ピレリーマットも破断、シートヒーターの不具合も含めてすべて実施しました。

 走行は10万kmを超えているので以前に他のshopさまでウレタン関係の修理および ファンの容量増加をされていましたが、ウレタン関係の補修施工に問題があり 座面とセンター部の境界線上に5mm程度の固形物が縦方向に100mm程度 左右にありましたので着座時に違和感があるとのことでした。

 分解後に内部の確認をしたところ、ベンチレーリョン時に通気性をよくする ゴアシスの生地に接着剤が侵入硬化し、上方向への盛り上がりになっていました。 この部分をカットして、伸びた状態の351部の表皮を左右方向でそれぞれ10mm程度 摘める座面全体の違和感を解消しました。

 その他ウレタン関係も補修補強を実施し、更なる乗り心地の向上を図りました。

 画像は修理前4枚、修理後を4枚記載しています。

 オルソペドモデルは電動レカロの中では、かなり高額(057.30Jタイプ定価319000円)に なるモデルですが、座面がフラットで電動機能が充実していることで大人気です。

 現行の057.20JシリーズはSWがドア側側面になるとともに、ヘッドレストも以前のノーマルタイプの is84LXシリーズと同じものです。エアランバーの制御は20Jシリーズの方が遥かに拘りのある 内容(座面側面と腰部分の4か所が加圧)ですが、本モデルの30Jモデルでも腰部に2か所 あり、ヘッドレストもメディカルの王道仕様のセンターポジションタイプのモデルが採用されており 頭部の固定は完璧です。このヘッドレストは一度使うとやめられない位、頭にジャストフィットします。

 30Jモデルは生産終了後約6年ほど経過しますが当社でオーバーホールすると永年ご使用頂けます。

 このモデルをお持ちのオーナーさまは是非当社へ作業のご用命くださいませ。 完璧にオーバーホールして末永くご使用頂けるようにします!!

1

2

 

 先月にモジュラーシリーズ401LX-Mのメンテナンスさせた頂きましたオーナーさまから 再度お手持ちのレカロ作業のご依頼を受けました。

 本レカロは、三菱の純正とよく間違われることがありますが、表題にもありますように 90年代のダイハツの純正品です。

 この時代の各社純正レカロはアフターマーケット用と同じ仕様のものが多いです。

 室内の関係上でダイヤルの位置が片側等がありますがドイツ本国製のテイストを 味わえる高品質なレカロです。

 本ダイハツ純正レカロの仕様で拘りのある部分は座面の厚みです。 アフター用のLX-Mや現行のエルゴメド、昨日のブログの三菱ランエボ用LX等は 座面先端の厚みがしっかりとあります。

 車種によってはこの厚みが良い方向に作用することもありますが、 基本的にドイツ仕様(欧州仕様)なので小柄な日本人には少し大きいです。 大きいという意味は、座面の厚みがあることでペダルまでの脚の距離が短くなります。

 ミニバン等でレールが3ポジション調整タイプであれば前側を下げ気味にすれば 上記状態は解消できますが、ワンポジションのレールですと調整ができませんので ペダル操作がし辛くなります。

 このダイハツ純正レカロは座面がIS84系のSRシリーズと同じ形状なので 座面先端が通常のLXより30mm程度低くなっています。 今形状によりMT車などのスポーツ走行時のペダル操作が非常にスムーズになります。 この時代はマツダはファミリア、ホンダはシビック、トヨタはスターレット、いすゞはジェミニ 三菱はランサー等、シャレードのライバル車はすべてレカロを装着していましたから ダイハツの開発陣もレカロの仕様に拘った!!のではと考えます。

 本シートのオーナーさまもこの仕様が甚くお気に入りで、前回のLX-M401モジュラーも この仕様に座面をカスタマイズ致しました。

 このように当社は皆様のご要望でベストな状態のレカロを作製することが可能ですので 是非何なりとご用命くださいませ!!

1

2

 

 国産車で歴代すべてレカロを装着していた車種、ランサーエボリューションの初代モデルに 装着されていたLXシリーズをUSEDで購入されたオーナーさまからの作業ご依頼です。

 オーナーさまは1年ほど前にご友人の方からジェミニ純正のSR1を購入され当社でフルメンテ+ 取付(トヨタ オーリス)を実施致しました。

 これを切っ掛けにレカロの素晴らしさ(シートを交換するだけでとてもドライビングが楽になる!!)に 感銘を受けられ、その半年後くらいにis81手動式最強モデルCTを購入され、SR1からの入れ替えで オーリスに装着させて頂きました。

 このCTの絶妙なウレタンの固さ(歴代レカロで1.2を争う硬度)が魅了されたとのことです。

 今回のシートはお車に装着するのではなく、ご自宅用でご活用するために購入されました。

 当社のブログもお時間のある時に拝見頂いてるとのことで、モジュラーシリーズの座り心地を 試してみたいとの思いもあり、購入されたとお聞きしました。

 本シートはアフター販売のものと仕様的にはほぼ同じで、ダイヤルが片側のみの違いです。 また表皮に関してはグレーのアルカンターラ+黒ファブリックのコンビ仕様となり高級感も 抜群です。背中の3マウンテンの刺繍もとても鮮やかに残っているのが印象的でした。

 引取りご来店時に、モジュラーシリーズやCT、現行モデルのエルゴメド、過去に当方にウレタン関係で お悩みのあった他のオーナーさま(CSEやCクラをご使用でESV購入されて幻滅された方etc)事例なども ご紹介させて頂き、オールドレカロの素晴らしさをご説明致しました。

 その中でCTなど人気のレカロがすべてのオーナーさまに適合するかは多種多様な条件があり各バランスが 崩れることで合わない方もいることについてもお話しさせて頂きました。

 当社としてはレカロに興味を持っていただき実際に多数のモデルを所有している各オーナーさまがいることを 大変嬉しく思います。
 全ての方がレカロライフを永年楽しんで頂けるように日々技術技能のスキルアップを 図って行きたいと考えます。

1

2

 

 現在ドイツ車の中古車市場で価格沸騰中の空冷ポルシェ964へのレカロ装着です。

 964の中でも、高年式の92年MT車サンルーフなしのディラー車はかなり稀少です。

 ポーラーシルバーの塗装も完璧で素晴らしいお車です。

 オーナーさまは3年前に購入され、964でより人馬一体のドライビングを求められ 当社へご相談に来れてました。

 他店で現行モデルのRS-GやTS-Gを試座されましたが今一しっくりこないとのことでした。 当店の在庫品のSP-Gを試座頂くとジャストフィットされて即オーダーされました。

 シート表皮はレカロ製のベロアがあまり耐久性がないので当社のオリジナル黒で 張替を実施し、レールに関しても当社のオリジナルレールで装着致しました。

 こちらのレールは当社デモカーの993をベースに開発した空冷ポルシェ専用の拘り品です。 物理的限界までポジションが下がりますが、MT車で非常に重要なペダル操作に 影響する腿裏部分を3段階で調整できるようにしています。  

 本レールに関してはSP-G以外にもすべてのレカロに対応するものを シートごとに作製いていますので、ポルシェオーナーの方は是非お問合せ下さいませ。

 オーナーさまはBMW3シリーズをE30時代から歴代お乗りになっていますが セカンドカーとして964を購入されポルシェライフを楽しんで居られます。

 今回レカロ SP-Gを装着したことでさらにドライビング楽しくなるので ますます964に惚れ込むと思います。 当社の装着したSP-Gと共に末永くポルシェライフをお楽しみください。

1

2

 

 高回転まで気持ちよく回るVTEC搭載のタイプRを大変気に入ってお乗りになっていましたが

 乗り心地の悪化と汚れが目立ってきたので、メンテンネンスのご依頼がありました。

 運転席側のシートは汚れも酷かったので、当初は張替も考えていらっしゃいましたが 当社にご来店頂き、クリーニングで十分に汚れを除去できることをお伝えし、 左右のシートをフルオーバーホールのオーダーを頂きました。

 本シートはアルカンターラとメッシュ素材のコンビシートで高級感もあり ホンダの拘りでアフターマーケットのレカロと同モデルを採用しており 乗り心地も抜群です。 仕様の違いは、エアランバーの非装着と座面ウレタンがコンソール側を少し 小ぶりに作製されている点です。 振動吸収のダンパやサスペンション、メディカル形状の座面シェルはそのまま 採用され上質な乗り心地が体感できます。

 シートは当店の在庫レカロを一時装着してご帰宅頂き、2週間後に ご来店で装着したしました。

 大変綺麗に汚れも除去でき、新品の様に固めに仕上げた座面の感じにも 驚かれたとともに、ドライビングが楽しくなるのと喜びのコメントも頂きました。

 各メーカで純正採用されているレカロは数多くありますが、ディラー等では 修理はしてもらえない状況です。

 当社は純正レカロでもきめ細やかな対応をさせて頂きますので お車を永くお乗りの場合は、シートのメンテナンスに関しては 是非当社をご用命くださいませ!新車時の座り心地を復活させます!!

2

1

 

↑このページのトップヘ