RECAROレカロマイスター日記

大阪府堺市【レカロ専門店 RECARO Special Shop FREESTYLE フリースタイル】
RECAROレカロ販売及びメンテナンス等、レカロを専門に扱うショップです。日々の作業内容やレカロについて、更新していきます。

2017年07月

 AM19モデルの90年代後半発売モデルの本国仕様の座面部分張替で 作業ご依頼頂きました。

 日本製のカールコードやウレタン、レザーとは質感が異なり全てにおいて ワンランク上のレカロになります。

 ベンチレーションは装備されていますが、パンチング加工にはなっていません。

 ドイツは緯度的には北海道より上の位置になり、夏場でも涼しくレザーをパンチング加工して 除湿しなくても、無加工のレザーの下部に空気を循環する熱交換方式で問題ないとの 認識のようです。
 湿度のある日本では、この方式で殆ど効果がないのでパンチング加工を用いたベンチレーション 機構になります。

 少し話が飛びましたが、今回のレカロも座面右側のウレタンや本革の傷みが大きく進行しています。 本革部に関しては、右サイド以外にもセンター部にも傷みが少し進行していましたので こちらも合わせて部分張替を実施致しました

 AM19の座面に関しては、ウレタンの傷みも10万km程度から急速に進行(座面シェルの強度を増すリブの形状) します。本レカロも傷みがありましたので、こちらに関しても補修補強を実施し新品当時の着座感覚に戻るように 致しました。

 座面レザー部に関しては、ほぼ同質感の本革を使用し違和感の無い仕上がりで作製致しました。

 本革での全張替は費用が高額になりますので部分張替はお勧めです。 ただし、完璧にカラーやシボ目(本革の表面柄)を完璧に合わせることは不可能ですのでこちらの点は ご理解くださいませ。本革の状態により部分張替は不可の場合もありますのでシートの送付が前提となりますの

 以下は、ご依頼先様のSHOPさまから納品後に、お喜びのメールを頂きました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 お世話になっております。 先日修理から帰ってきたシートはお客様も気に入っていただけたようです。
 ありがとうございました。
 AM19のファブリックで同じような修理をお願いしたいので近日中に送りたいと思いますので見積もりお願いします。

1
2
3

 当社で10脚レカロのメンテナンスを実施して頂いております 愛知県在住のオーナーさまからのご依頼です。

 is80シリーズの手動レカロの中で最高峰の名機:CT後期モデルの メンテナンスです。

 本シートはワンオーナーさまで大切にお使い頂いていたレカロですが センター部やその他の表皮に傷みが出たので、知り合いを通して 今回のオーナーさまがお譲り頂いたそうです。

 表皮の傷みはありましたが、パーツの欠品も一切なく、傷もほぼ ありませんでした。ウレタンに関しても大きな傷みもなく張替前提で フルメンテナンスするには非常に良い個体でした。

 オーナーさまも歴代のレカロに非常に精通されて知識も豊富な方なので 当方がご説明するまでもなく、その点を見抜いておられました。

 以上の内容から表皮も厳選しセンターはブルーグレーのアルカンターラ、 サイドは当社オリジナルの黒で張替し、サイドはガンメタのWステッチ、 ウレタンは全てオーバーホール、フレーム関係も背中センター以外は 全て再塗装を実施しました。

 ほぼ内部も含めて新品のレベルで素晴らしい仕上がりになりました。

 引取りで来店頂きましたオーナーさまもCTを見た瞬間に 「これは一生ものの宝になりますね!感動しました!」と言って頂き大変嬉しく 感じました。

 今回も含め全てのお預かりのレカロもそうですが、当社のスタッフ7名がそれぞれの分野で 丹精こめて作業させて頂いております。

 多くの作業オーダーを頂いておりますのでお時間が非常に掛かりますが これからも各オーナーさまに同じように感じて頂けるように業務に励んで参ります。

1
2
3

 先月、当社で助手席用のSR3ワイルドキャット赤のVF加工品を 購入+取付されたオーナーさまからのご依頼です。

 当社で装着した助手席はセンターピラー部への干渉もなく ポジションやスライド関係も問題なく完璧な状態でした。

 運転席は、レカロ製のレール+他店取付でしたのでステアリング センターもズレがあり、シートもセンターピラーへ干渉する等 ご不満な点が多くありました。

 これらの点に関して解決できないかとのご相談を受け、すべての点を 現車合わせで対策することになりました。

 名古屋からご来店頂き、5時間程度掛けてアダプターの作製や レール調整を実施し、ご希望のポジションを完璧にセッティング させて頂きました。

 着座されたオーナーさまは「フットレストおよび他のペダル位置も 違和感がなく最高です!!」と言って頂きました。

 本調整については数店でもご相談されたそうですが、すべて断られたとのことでしたが 当社はレカロに関してはどのようなことでも対応できます。

 ただそれに伴い、複雑な内容にはそれなりのご請求金額になりますが ご満足頂けるレカロのポジションで各オーナーさまのお車をドライビング して頂くことがベストだと考えます。

 素晴らしいレカロシートの性能を引き出すにはレールのポジショニングが 非常に重要であることを認識頂けると幸いです。

1
2

  先月、当社でNDロードスターにSP-Gを装着致しましたオーナーさまが 今回は助手席へもSP-Gを装着致しました。

 今回のレカロは以前まで所有されていたNCの運転席に装着していたものを 助手席へ載せ換えました。

 レールに関してはレカロ製を使用し、適度にLOポジション(運転席は オーナーさまのご希望で物理的限界まで下げました)にて セッティグを実施しました。

 今回のレカロ製のレールは前回運転席に装着したものと仕様変更がされていました。 サイドステーやレール脚部の変更によりLOポジ化されていますが シート本体とサイドステーの間にコンソール側5mm、ドア側15mmのスペーサーを 両サイドに装着するので、サイドステーとシートの一体感がなく あまり良い構造のレールとは思いえません。

 前回の運転席側レールは明らかにポジションがノーマル全としていたので レールの脚部およびサイドスターを大幅に加工しLOポジ化しました。 今回の変更点のサイドステーとシートの装着はスペーサー等は一切なしで 密着する状態でサイドステーが取付できますからシートとの一体感は 完璧です。

 今回の仕様変更は、運転席のレールにも施されているのでポジションが 下がるのは良いですが、サイドステーとシートの密着性は必ずスペーサーが必要なので こちらの点は何とも言えなですね・・・・。

 あくまでもレールの形状やサイドステーの装着方法から考えられることを記載しているので 参考としてください。

 レカロ製のNDレールはSP-Gは適合外になっていますが、当社ではSP-Gおよび レールの一部加工で装着が可能です。

 RS-GやTS-Gも素晴らしいスポーツRECAROですがSP-Gに拘りにある各オーナーさまは 是非当社へご用命くださいませ!!

1
2
3

 京都府在住のオーナーさまからの作業ご依頼です。

 ご家族でご使用のシエンタにレカロ装着をお考えになりUSEDのAM19をご購入され 当社でメンテナンス等を実施致しました。

 現状の純正シートはアームレストが装着されているので、今回のRECAROに関しても 装着をご希望されました。

 クリーニング、ウレタン補修を含めたメンテナンス実施時にアームレスト(右座席左側) も装着致しました。

 取付はレカロ製3ポジションタイプのレールで実施し、オーナーさまより身長の低い奥さまも 運転されるとのことでしたので、奥さまメインのポジション調整を実施致しました。

 今回のAM19スタイルは三菱純正品で恐らくパジェロ用だと思われます。この時代の 三菱純正はドイツ本国モデルのレカロを使用しており、ウレタンの高品質感は抜群です。 表皮は三菱純正カラーなので装着車両の内装とのマッチングは難しいですが、今回の シエンタの内装とは雰囲気(表皮およびグレーの樹脂パーツ等)が合っていましたので 違和感はありませんでした。

 また、今回のST-Jは座面前側部のフレームがDタイプのものを使用しているのでノーマルの ST-Jと比較すると約15mm程度サイサポ部が高いです。 今回のシエンタは基本的にミニバン的な車両なので、前側が高いのはあまり気になりませんでした。 レールがワンポジションやフロアーに高さ調整の余裕のない車両に関しては、本シートは適合しにくいので 注意が必要です。(当社ではサイサポ前部のウレタンカットにより本シートでも適切なポジションが 出せます)

 オーナーさまはレカロ初体験とのことでしたが、帰路つかれるときドライビングシートに腰を下ろした 瞬間に腰部を中心とした安定した座り心地に驚かれていました。正に望んでいた内容で大変喜んで頂きました。

 これからも奥さま共々、レカロを装着したシエンタで快適なドライブを満喫してくださいませ!!

1
2


↑このページのトップヘ