RECAROレカロマイスター日記

大阪府堺市【レカロ専門店 RECARO Special Shop FREESTYLE フリースタイル】
RECAROレカロ販売及びメンテナンス等、レカロを専門に扱うショップです。日々の作業内容やレカロについて、更新していきます。

2018年11月

 大阪府在住のオーナーさまからのご依頼です。88コペン、Z33と乗り継いだ SR7をNDロードスター購入時に他店で助手席へ装着されました。

 使用距離も8万km程度となり、お子様のご使用中に少し大きな汚れが 発生致しましたので、クリーニングも含めてオーバーホールを実施する 予定で分解致しました。

 シート分解後内部ウレタンを確認しましたが走行距離が多いSR7ですが ウレタンの傷みが殆ど無く、丁重にご使用頂いてたようです。

 シートへは購入shopさまでシートヒーター等組み込まれていましたが、 長年のご使用で納まりが悪くなっていましたので、この点に関しては 再調整等を実施し適正に加温できるように致しました。

 汚れに関しては距離相応でしたのでセンターウレタンも洗浄する作業を 実施し、ほぼ完璧なクリーニングとなりました。

 現在は運転席にレカロスポーツシェル:RS-Gシュタルクを装着されドライビングを 楽しんでおられます。以前に座面センターウレタンを交換頂き、現在も快適 だとお聞きしています。

 このようにレカロは大切にお使い頂くと最小限度のオーバーホールにて サイドご使用頂けます。価格的には高額な車パーツになりますが、ドライビング時の 疲労低減や腰痛対策としては完璧なパーツです。勿論、これらの性能やポジションを 出すには当社のような経験豊富なSHOPで作業されるのがベストです。

 持ち込みシートや他店購入品でも対応はさせて頂きますので、お気軽にお問合せ 下さいませ!!

1

 シトロエンC3の作業の続編で取付関係(レール作製+装着)について記載します。 張替+メンテナスが完了し、メインのレール作製になります。

 RECARO社からは販売されていませんので、当社オリジナル品を現車合わせにて作製 してます。フロアーや純正シートの形状(高さおよびペダル位置)を基本ベースとして お客様の身体情報(身長、体重、年齢)やお好みのドライビングポジション等を 考慮して作製致します。

 構造的にはレカロ社の3ポジションタイプで作製し、調整がし易いタイプです。 シートベルト関係については、コンソール側キャッチ部は200mm程度の長さがあるため レール下部後方へ150mm下げたL型ステーを作製し、着座時に純正同等の長さと なるように作製しました。ドア側に関しては特殊なロック機構によりシートベルトが純正 シート部に固定されいました。この状態とほぼ同じ構造のも作製し、純正品が完璧に 装着出来る構造としました。

 ステアリングならびにペダル関係については、ベース部の仮作製状態で一旦当社の テスト用のAM19を装着し、ベストな位置関係の方向性を導き出しました。今回は ミニバンタイプでしたので3回の仮装着でベストポジションが出せました。  
 ちなみにスポーツタイプ(特にMT車)はクラッチやブレーキ、フットレストに至るまで 考慮し取付シートのバックレスト角度(ステアリング距離のため)やMTシフト位置も 含めて総合的に判断する必要があるので更に手強いです。

 ベースフレームならびにシートベルト関係のステーが完成しましたら、ベースは車体が へ装着し、シートベルトステーはスライドレール側へ取付を実施し、完了後シート本体へ スライドレールを装着します。それぞれの装着が完了後、車体へ装着されたベース フレームへレカロを装着して完成です。

 装着に関しては、シートサイドエアバックキャンセラーおよび助手席への着座センサーの 組み込みも事前に実施しており、警告灯のエラー点灯もありませんでした。

 作製に関しては高額な費用とお日にちは必要となりましたが完璧な仕上がりです。

 完成後、素晴らしいシートの仕上がりおよび最適なポジションでご依頼のオーナーさま にはとてもお喜び頂きました。以下はオーナーさまからのメールとなります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

RSF(RECARO Special shop FREESTYLE) 様
この度は大変お世話になりました。
C3購入後、1年程純正シートで過ごしましたが C3を引き取りに行ってポジション確認に座ったところ 思わず「この感じ!」と声を出してしまいました。
すっぽりと収まる着座感覚、腰と肩に当たるAM19独特の感覚が思い出されました。
座って真っ直ぐに手を伸ばすと自然なポジションでハンドルが握ることができます。
アクセルペダル・ブレーキペダルも違和感なく操作できます。 また、私の要望にもそれ以上出来栄えで答えて頂き仕上がり具合も大満足です。
御社にとっては「当たり前の仕事」だと思いますがレカロに携わる拘り・技術力・職人技であると感じ 私も御社に依頼して良かったと心より感謝申し上げます。
御社から帰り道に高速を使いましたがシートレールのガタつきもなく安心してドライブ出来ました♪
C3同様レカロシートも大事にしていこうと思います。 また、メンテナンス等でお世話になるかと思います。その時もどうぞよろしくお願いします。 ありがとうございました。

1

 兵庫県在住のオーナーさまからのご依頼です。オシャレにカスタマイズされた595へ USEDで購入したA8を装着されています。

 バックシェルの塗装ならびに背中ウレタンのカット加工、運転席側のLO加工は 他店で実施されましたが、背中ウレタンが身体にしっくりこない点と助手席の LO加工も含めて作業のご依頼を受けました。

 運転席用の背中ウレタンに関しては、一度加工されているものなので、現状の 不具合点を着座状態から詳細にお聞きしました。A8のバックシェルは腰椎部付近に 3,4,5番腰椎を前側へ押し出す形状になっていますので、ウレタンを少々加工しても 腰部の押し出し感は減少しません。
 この点に関しては一般的な腰痛持ちの方にはベストな形状となりますが、オーナー さまは、猫背気味な体型であるのでこの部分が極端にでますと、肩甲骨付近の密着性 が悪くなります。この状態により体調も不良になりがちですので、最適な施工が必要です。
 お車の装着後、帰宅も含めて4時間程度お乗り頂き問題点を抽出し最適な 表皮加工ならびにウレタン作製の方向性を導き出しました。

 助手席に関しては、オーナーさまがお乗りになることを考慮し、サイドLO加工を実施 致しました。座面センターならびにサイド部分は全て本革で作製し、A8バックシェル部の レザー仕様との統一感を図りました。
 またLO加工することでサイドウレタンの高さがMAX70mm程度低くなり、前倒し角度の 操作域が飛躍的に大きくなりました。このことでバックシェルの前倒し操作を頻繁にされる オーナーさまにとっては好都合となりこちらの点もお喜び頂きました。

 今回の様な特殊な加工は、打合せや作製に大変お時間と労力、コストも掛かります。 その分大変ご満足頂けるオンリーワンのRECAROの作製が可能ですので、各オーナーさまに 措かれましてご希望の内容をお申し付けくださいませ!!  

1

 大阪府在住のオーナーさまからのご依頼です。25年程前に新品で購入され ましたが一旦取り外して倉庫に保管されていました。

 現在他のダイハツのブーンにも同様にSR2+Sモデル(LS-Mタイプ)のインディー カラーを装着され、そのお車に積み込みされてご来店されました。

 今回のレカロはマーチへの装着ご予定であり、運転席で使用するSR2には 乗降車性を利便性を図るために、LSの座面と組み替えて完成させて 欲しいとのご要望です。

 お預かりの2脚は全分解後、クリーニング、ウレタン補修補強、SR2座面右 サイド部分張替、当社オリジナルマット交換等を実施し組み上げました。

 SR2、LS-Lともセンター301表皮の状態が非常に良く、クリーニングに実施により 新品の様に美しくなりました。RECARO製オリジナル301なので生地も非常に 滑らかで着座時の表皮の質感は抜群にいい感じです。トヨタや日産純正品の 301は表面にコーティング処理を実施しているので傷みや擦れに対する耐久性は 高いですが、今回のレカロ製オリジナルの301と比較しすると表皮の滑らかさは スポルトされ少し硬い感じがあります。
 ただコーティング処理されていない301はカビや擦れ等に弱く、永年倉庫等に 保管後や使用年数が長いものを、クリーニングを実施すると虫食いのような穴が 点在して発生します。これは繊維内部で腐食が発生するためですが今回の 表皮はこのような状況には至らず良い状態で組み上げすることができました。

 レカロ製オリジナル301表皮で状態が良いRECAROも本当に少なくなってきました。 301レカロを所有の各オーナーさまは是非当社でメンテナンスを実施して、完璧な 状態でお使いくださいませ!!

1

 東京都在住のオーナーさまからのご依頼です。E36が大変気に入っておられAT→MTへ 変更するなど多岐に渡り拘っていらっしゃいます。

 現在シートはレカロAM19 SP-Jが装着されていますが、純正シート形状のレカロ装着が 最終的なご希望の仕様です。今回ご自身でシートをUSEDでご購入され、メンテナンス+ 全体張替を実施するために遠路ご来店頂きました。
 表皮も拘りで持ち込みされ、海外サイトで購入されたアルピナ風センター生地と1990年代の BMW純正ファブリックに近似したサイド用にて張替のご指定を頂きました。

 装着のレカロは運転席is81CT、助手席はエルゴメドLDとなりますので個々のシートに ついてブログでご紹介します。  

 右装着用CTに関しては、表皮作製は勿論のこと、ヒーター装着、座面関係各金属パーツ ブラック塗装、ウレタン補修補強、ピレリーマット→当社オリジナルマット交換など新品で ご購入頂いた状態とほぼ同じに仕上げましたので完璧です。 今後10年程度は快適にご使用頂けます。

 センター張替表皮に関しては、全て織り込みで作製されていますので品質は最高です。 アルピナ風のブルー+グリーンも非常に鮮やかですし、斜めの織もGOODです。 レカロ製の表皮で例えますと351アルティスタ生地、当社オリジナルですとセンター生地に使用する 高級素材ブラックキャット(カーボン柄生地)に近似となり着座時の質感はかなりいい感じです。 サイド生地に関しても同様で、生地目に方向性もあり高級感があります。
 ただし、表皮の伸びが悪く滑らかさに欠けるので少しゴツゴツ感があります。これは新品の表皮で 裏面に3mm程度の硬質ウレタンが貼り付けされているためだと考えます。この状況に関しては シートとして使用していくと馴染むのでさほど気にならないと思われます。
 センター生地は斜めの柄やアルピナラインがあり、CTがセンターにブロックパターンが多いので 方向性を合わすのに苦労しましたが、仕上がりはバッチリです!!

  今回のように持ち込みの表皮は複雑な形状のレカロシートには不向きな物も多数あります。 表皮を持ち込みされる場合は、事前にお問合せ頂けるとアドバイスさせて頂きます。
 尚、どのような素材でもご希望内容で仕上げますがその分手間が掛りますのでコストUPに なることをご理解くださいませ!!  

 次回のブログはエルゴメドLDの同表皮張替+メンテナスを記載いたします。

1

↑このページのトップヘ