先日装着した、トムキャットですがスライドレール取付穴が4箇所全て不具合が あり、取付前に修理を実施致しました。 (前2か所は、固定カバーが過度に開き、脱落。後方は1か所ネジ部脱落、1か所ネジ穴破損)

 AM19の電動ハイト機能がないモデルのJ、JJ、JCはネジ穴の奥行きの 規定値があります。

 この規定値を理解して、取付ネジを選定しないとネジ穴に不具合が発生 致します。

 標準ではシート購入時M8×20mmが付属されています。 これに対してレカロ製のレールの場合はミーリングスペーサー(当社表記D型スペーサー) 6mmをシートとレールの間に挟み込んで装着します。

 ワンポジションレール等でスペーサにより高さを上げてたい場合は、そのスペーサ部に 適合したネジを選定する必要があります。

 仮に標準6mm装着時に30mm以上のネジを使用すると確実に4箇所のネジ穴は 破損致します。

 今回のトムキャットも後方は長いネジを無理に締め付けたため、破損したようです。 画像の通り2か所とも背中フレーム接合部にネジがめり込んが形跡があります。

 今回は分解後、ネジ脱落部は内部から溶接で固定し、他のネジ穴潰れはタップ切りにて ネジ穴を修正するとともにネジ部も溶接により固定しました。 ネジ穴が完全に破損した状態ですとM8穴を再生修理するリコイルしか方法はありません。 こちらも当社では作業部材を確保していますので即対応は可能です。

 前側2か所は、固定カバーを標準状態に戻す修正とネジ穴タップ切りにて修理を 実施しました。

 当方に修理に依頼された他のAM19のオーナーさまにも前側のネジ部ナット(インナーナット)が 欠品しているレカロが多数見られます。本パーツは在庫があるのでシートを分解しなくても 交換または取付は可能ですが、後方の2か所はシートを分解しないと修理はできません。

 余談ですがis81,is84,is05のレカロは内部構造に余裕があるので、このようなシビアなネジの 選定の必要はありませんのでご安心ください。

 何れにしてもAM19をご自身またはレカロ取付が不慣れなSHOPさまにご依頼する場合は 注意が必要です。

 ネジは重要なレカロのパーツですので慎重にお選びくださいませ!!

1