5年程前に、ハイエース200系にAM19を装着させて頂いたオーナーさまからの 作業ご依頼です。
 今回キャンピングの200系に乗り換えられましたのでレカロを一旦取外しされました。 以前に比べると、電動操作SW用のカールコードが劣化してコーティングが剥がれた状態になってきましたので こちらをメインに乗り心地に影響する座面関係のメンテナンスを実施致しました。

 座面に関しては10万km程度走行したとのことでしたので、サスペンション関係も 交換し、ウレタンに関しても補修、補強を実施し耐久性の向上と経年劣化の 防止を図りました。

 バネおよびダンパはすべてレカロ製です。画像の通り変則ピッチバネでバネのアタリ面も 水平になるようにカット加工している点がレカロ社の拘りを感じます。

 カールコード関しては、コーティング劣化による電動関係の不具合は発生していないので 今回のように表面が崩れ落ちだしたらすぐに交換された方がベストです。

 ハイエース200系のキャンピング仕様はロングボディーサイズになりますがフロアーの形状は ナローボディーと共通なのでレールは以前のものがご使用頂けます。

 永年ご使用頂くには、レカロも事前メンテナンスを実施すると本当に末永くご使用頂けます。 特に電動系は不具合が発生してからですと高額な費用が掛かることが有りますので 今回のオーナーさまのようにお車乗り換えや他の整備で長く工場に入れる場合などは レカロを一度メンテナンスされることをお勧め致します。

1