関西在住30代のオーナーさまからレカロ持ち込みでのご依頼です。 お車はBRレガシィでオシャレにカスタマイズされレカロ装着後、長距離ドライブを 含めて10万Km程度走行されたとのことです。長年のご使用でカールコードや背中フレームガタツキも、 表皮の擦れ等も含めてレカロが傷んでるので末永く使用できるように修理したいとの ご要望です

 レカロのモデルはAM19スポーツモデルでファブリックで2009~15年まで発売されたカムイ×シャイニングメッシュ仕様  のSK210HVです。

 メンテナンスに関しては、ウレタン修理、カールコードの交換、部分張替、シェル修理を実施致しました。

 表皮は座面全体および背中右サイドに擦れがありましたので、センター部はベンチレーション機能が 更に威力を発揮する当社オリジナルの黒メッシュにて張替を実施し、その他の部分に関しては 当社オリジナルカムイ生地にて張替を実施しました。

 背中のガタツキは、分解後確認すると内部シェル固定箇所が破断していましたので、こちらに関しては 破断箇所すべて補強による修理を実施致しました。

 AM19のスポーツSPに関しては他のSTやTRよりもバックシェルの左右サイドの張り出しが大きいので ドライバーシートから後部座席の荷物を取るなど、シェル側面部に部分的に圧力が掛かると 内部固定ステーが破断、それが進行するとシェル外側(画像赤〇)にも亀裂が入ります。 今回のような20mm程度の亀裂ですと修理は可能ですが、全体的に広がるとシェルの交換した 対処方法はありません。
 シェルのガタツキが出ると前倒しレバーが外れるので、この症状があるAM19 SP系は注意が必要です。

 今回のレカロもすべて完璧にメンテナンスが完了致しましたので、ご丁重にお使い頂くと 10年10万Kmは快適にお使い頂けます。

 AM19のJCシリーズは電動機能も充実し、メンテナンスもリーズナブルに行えますのでお持ちの各オーナーさまは 是非当社でメンテされて末永くご使用下さいませ!!

1