大阪の業者さまからのご依頼です。大人気の880コペン限定車に装着されている アルカンターラ仕様のスポーツRECARO座面センター部張替です。

 たばこ穴があったのでシートリペアーにて他の業者さまで修理されたとのことですが 3ヶ月程度で画像の通り、再発+補修部分が円周状に黒ずんで見るも無残な 姿となりました。再度リペアーを依頼したところ対応不可とのことで 当社へ張替で作業ご依頼頂きました。

 今回、同色の生地にて張替を実施致しましたが、10年程度使用されている レカロなので色焼け+汚れが進行しています。

 部分張替後の表皮を張替前の表皮と対峙して記載していますが、グリーン〇の 水色斜線部は、縫込みされていたマチ部なの色焼けや汚れもないので 今回張替した表皮と同じカラーですが、右側は着座していた部分なので 鮮やかなオレンジがブラウン系に変色しています。

 この変色部に張替表皮のカラーを合わせるのは正攻法ではありませんので 色は異なりますが、新車時のカラーで張替ました。

 他のレカロでも同様ですが、濃い目の黒や紺で有れば部分張替も違和感は ほぼありませんが、淡いカラーの赤やグレー、今回のオレンジ系はどうしても 違和感が出る場合もあります。今回は背中部のクリーニングが未実地でした ので一段と新旧でのカラー差が明確になりました。

 ただ、背中と座面部では光の角度により色の見え方も異なるので、あまり 違和感はないと考えます。

 部分張替は、コストパフォーマンスが非常に魅力的なので新旧生地でのカラーの 相違はご理解頂けるレベルです。

 お気に入りのお車のシートにタバコ穴や破れがあるのは本当にいただけませんから・・・。

 最後に参考ですが本コペン880レカロについて解説します。 シートはデザインやフレームのコンパクト設計、シートヒーター等はレカロが関わっている感じですが、 リクライニング機構や内部ウレタン、フレームに関してはレカロテイストは残念ながら見受けられません。 他車に取付する場合も加工等がかなり必要となるので流用はお勧めできません。 レカロ本体がコペン用なのでコンパクトに設計されていおり、室内が極端に狭い車には レールを加工して装着しても良いかもです。

 今回のようにメーカー純正のレカロもメンテナンス実施しますのでお気軽にお問い合わせくださいませ!!

1