マツダ車の最後のローターリー!!(復活の予定がありますが・・・)RX-8への レカロ装着です。

 オーナーさまは20代の方で、ミニバンではなくデザインがスポティーな車が大好きとのことで RX-8をご購入されました。購入後はその性能に見合ったスポーツ走行でワインディングを 楽しんでいらっしゃいましたが、運転席のホールド性に不満を感じられレカロを ご検討されました。

 現状のモデルのスポーツシェルでは,SP-G3、TS-G, RS-Gがありますが、助手席に SR7Fを装着されるとのことでしたので、TSかRSへの選択となりました。

 購入や装着は当社で実施頂けるとのことでシート選定前に全額ご決済頂きました。 お支払が完了しているので当社にある展示品のTS-G,RS-Gのそれぞれを取付用のRX-8の レールで装着し、どちらがオーナーさまにベストなシートであるか確認致しました。

 2脚とも装着後、TS-Gがポジションも下がりベストな位置でセッティグできましたので 後日、ご購入頂くTS-Gを装着することになりました。

 装着当日は、オーナーさまの身体条件(腕の位置、ペダルまでの距離、クラッチおよびアクセル操作時の 腿部のアタリ等)入念にポジション調整を行いベストなポジションに致しました。 このとき、腿裏の調整のためレカロ製LOタイプクッションパット(廃盤品、当社に在庫5個あり)に交換し 最適なペダル操作が図れるように改善致しました。

 取付レールおよびサイドステー関係は左右ともレカロ製を使用しました。運転席に関してはシートが TS-Gなので標準より30mm程度はLOポジになっています。サイドステーの角度調整でもう少し 下げることも可能ですが、今回のオーナーさまではステアリングまでの距離が不足になります。

 参考ですが今回はステアリングもMOMOディープコーンタイプをご使用になっているので本来よりもステアリング位置が 近めになっています。MT車でフルバケを選定する場合は、ステアリング選びも非常に大切になります。 このことから私自身もステアリングは30本所有しています。(勿論レカロフルバケはSP-A,SP-ANも含めて全種類所有しています!!)

 レカロ装着はシート選定、取付も非常に重要です。 RX-8の若きオーナーさま!最高のレカロで最高なドライビングをお楽しみください。

1