当社のオリジナルレールの中で、NO1の人気を誇るサンバーへのレカロ装着です。 オーナーさまは東京都在住の方で、2か月前にご来店頂き張替カラー関係の詳細や レールの構造やポジション関係をご説明させて頂きご注文されました。

 レカロはモジュラーシリーズの3マウンテンを施してスペシャル仕様のLX-Lです。 当社オリジナル黒生地をベースに赤Wステッチ、スリーマウンテン部をSTIブルーにて 作製する拘りのオーダーとなりました。

 is84シート2脚+レール左右+装着でのご注文でしたので作製まで約3ヶ月ほど期間を 頂き、完成後再度装着のためにご来店されました。

 当社のレールの特徴は運転席は物理的限界まで下げていますの厚みのあるレカロシートでも 純正シートとほぼ同等です。室内の干渉もis84:LXですと大きな干渉はありません。 助手席に関しては純正同様に後方へ跳ね上げタイプとなりますので、シート下部の工具や クーラント補充部にもアクセスできます。ポジションは運転席に比べて20mm程度高いですが スライド量は後方へ約50mm程度多いので助手席の足元の空間が広く非常に着座し易いです。 また、後部シートを折り畳んだ場合でも前方のレカロに大きく干渉することなくフラットに 格納できます。

 TV,TTのスバル製サンバーは製造中止から3年程経過しますが、未だに根強い人気があります。 これはドイツ車スポーツカー:ポルシェと同じ後方にエンジンがレイアウトされるRRを採用しているので ドライビングフィーリングが他の軽四バンやトラックとは全く異なり非常にスポーティーなドライビングが 楽しめます。

 このことからシートをレカロに交換される方が非常に多く、兵はピックアップのTTへSP-G等のフルバケを 装着される方もいらっいます。 サンバーはシートをレカロに交換することで他のお車と同様に疲労低減や腰痛対策に多大に貢献してくれます。 チープな純正シートが装着されている軽四輪では絶大なる変化を体感して頂けます。

 今回のオーナーさまも、シート快適性が向上したので当社でのレカロ装着後、四国か北陸方面に足の延ばして サンバーでのレカロを満喫してから関東にお戻りなるとのことでした。

 全国のサンバーオーナーン皆さま!!是非当社のレールでレカロを装着してみてください。 新たなサンバーの魅力に取付けれますこと確実です。

1