5年前に、is84LX-Mでスペシャルオーダーを頂いたオーナーさまからのご依頼です。 本来モーガンには室内のサイズの関係上、レカロは装着できません。

 シート内部のモノコックフレーム本体から大幅に加工(幅を約50mm狭く)して レカロを完成させました。

 完成後、乗り心地が大幅に改善され全くの疲れ知らずとのことで毎週末のドライブを 快適に楽しまれています。

 最近、他のモーガンのシートデザインを見られてお気に入りのもがあったのでヘッドレスト部分のみを カスタマイズしたいとのご要望がありました。

 ご要望のデザイン画像やスケッチをご持参いただき詳細に打ち合わせを実施しました。

 ヘッドレスト本体はis84モジュラーシリーズのスリットタイプを加工して前回装着し、内部フレームの関係上 形状が台形になりした。今回は横方向へ円筒形のデザインをご希望されましたのでウレタンメーカーさまに 依頼して同形状に近似の物をサイズ違いで3パターン作製いて頂きました。

 このウレタンを再度オーナーさまに現物確認頂き、サイズが決定し本格的な作製となりました。

 先ずウレタンを装着するサイズに詳細に加工します。外観はそれほど手間は掛かりませんが 内部に関してはフレームを挿入する必要があるので、内部を加工+カット作業を実施し フレームがベストに装着出来るように作製しました。

 ウレタン完成後は表皮作製に取り掛かります。こちらはウレタン作製の数倍は手間暇が必要となります。

 表皮に関しては、最終的には合皮タンカラーでの作製となりますが全く型紙等が無い状態からの作製なので 仕上がりの状態や改良点を確認するために、一度はファブリックで作製しウレタンとの適合や縫製方法の検証 を実施しました。

 次に黒の合皮を作製し、合皮での作製時のフィッティングを確認後、修正作業を実施し最終的に作製する タンカラー合皮で作製致しました。

 表皮は完成までにファブリック、黒合皮、完成品も含めて8回程度作り直しを実施し最終商品が完成致しました。 完成した商品はオーナーさまのご希望通りに完成しましたので、大変喜んで頂きました。

 スペシャルオーダーは費用と時間が掛かりますが、オンリーワン!!が最高です。 ウレタンや表皮のシート部材、レールやフレームなど金属関係までレカロに関するものはすべて作製可能ですので RECAROのことは当社へお任せくださいませ。

1